ちえぶくろ速報

雑学、無駄知識、役立つ小技、くだらなすぎて笑えるネタをお届けするまとめブログです

            アンテナニュース                   今日のニュース

    1: 風吹けば名無し 2019/08/01(木) 17:01:05.26 ID:EdoAloJia
    no title

    【ネット民が嫉妬のあまり力説! 1日で年収分稼ぐ「パパ活」の恐怖】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/08/01(木) 17:37:46.03 ID:wwS8+yV50
    付けてない奴アホすぎて草
    no title

    【エアコン一日中付けっぱでも300円程度なのに】の続きを読む

    ※今回は全部、笑えるコピペとブラックジョークです

    301: 名無しさん@おーぷん 19/05/17(金)02:20:59 ID:yQF
    457 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 01:13:29 ID:dykgaKJV
    実家にもかかってきた

    鷺「もしもし俺だけど」
    母「あら●●?(弟の名)」
    鷺「うん。オフクロ、しばらくぶり。俺車で事故っちゃってさ」
    母「誰あんた?」

    弟は36歳にもなって母のことを「ママ」と呼び、実家から通勤し、
    免許も持っていないダメ独男です
    no title

    【【爆笑】秀逸なレジェンドコピペ総集編 その4 ブラックジョーク付】の続きを読む

    1: ファイヤーバードスプラッシュ(庭) [US] 2019/07/30(火) 10:13:20.23 ID:+CrH1USa0● BE:201615239-2BP(2000)
    直径約130メートルの小惑星が25日に地球の近くを通過していたことが29日分かった。

    地球に衝突する恐れがある天体を監視する研究者らの団体、日本スペースガード協会によると、もし地球に衝突していれば東京都と同規模の範囲を壊滅させるほどの大きさ。
    通過前日の24日に初めて見つかり、関係者を驚かせた。

    米紙ワシントン・ポストによると時速8万6千キロで通過するのを、米国とブラジルの天文学者らが発見した。
    国際天文学連合(IAU)によると、「2019OK」と名付けられたこの小惑星は、地球から約7万2千キロ離れた場所を通過。
    月との距離の5分の1ほどで、天文学的にはニアミスだった。

    地球衝突が懸念される天体は「地球近傍天体」と呼ばれ、各国の天文台などが監視している。
    日本スペースガード協会の浅見敦夫副理事長は「直径100メートル程度だとかなり地球に接近しないと見えないことがある」と話す。
    今年に入って地球から同じくらいの距離を通過した小惑星は6個。今回はその中で最も大きかった。通過による地球への影響はないという。

    小惑星は、金星よりも内側や火星よりも遠くを通る大きな楕円を描きながら太陽の周りを回っているとみられる。

    1908年に直径約60メートルの隕石がロシア・シベリアに落下した「ツングースカ大爆発」では東京23区と同じくらいの広さで被害が出た。

    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO47942660Q9A730C1CR0000?s=0
    no title

    【【地球は終わりかけていた】直径約130mの小惑星、地球にニアミス 直前まで気づかず】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/07/29(月) 22:32:42.64 ID:AJ7FdyXL0NIKU
    いらなくない?
    no title

    【結局ジョルノのDIO要素って必要だったの?】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2019/07/30(火) 11:59:24.50 ID:DZbhjXs59
    Auto Messe Web
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190725-00010004-amweb-bus_all

     最近気がつくのが、ハイビームのまま走行しているクルマが増えたということ。対向車線のクルマがハイビームのまま走られるとまぶしいどころではなく、目がくらんでしまう。さらに対向車のヘッドライトの光りで歩行者などが消える“蒸発現象“も発生しやすく、急に前方に人が飛び出てきたという経験をした人もいることだろう。

    信号待ちのライト消灯もルール違反【画像】

     もちろん、かつてもハイビームのままというクルマは存在したが、ごくたまに出会うぐらいだったし、気がつくとロービームに戻してくれた。なぜ、最近、ハイビームのままのクルマが多いのだろうか。

     その多くが、警察が安全のためにハイビームで走ることを推奨したからというのがある。また、少々前のハナシになるが、マスコミのうんちく記事にて「ロービームは法律的にはすれ違い灯と呼ばれ、本則としてはハイビームで走るものである」という紹介がよく見かけられた関係もあるかもしれない。

     事実、これは間違いではない。ロービームは“すれ違い灯“だし、走行中は基本的にハイビームにしておくのが正しいとされている。しかし、法律的にはこれだけではない。もうひとつ、重要なことが道路交通法で定められている。その内容がこちら。

    「車両等が、夜間、他の車両等と行き違う場合又は他の車両等の直後を進行する場合において、他の車両等の交通を妨げるおそれがあるときは、車両等の運転者は、政令で定めるところにより、灯火を消し、灯火の光度を減ずる等灯火を操作しなければならない」というもの。第五十二条に「車両等の灯火」として定められている。

     文頭に“車両等“となっているので、人に関しても当てはまるとされるが、要は人も含めて、対向車や前走車がいるときはロービームにしろということ。すなわち、郊外や通行量の少ない高速道路でハイビームにするぐらいで、市街地ではほぼロービームで走ることになるため、今までと変わらないのだ。実際、警察も推奨しているものの、なにがなんでもハイビームで走れとは言っていない。しかし、“ハイビームが基本“を鵜呑みにしてる人も多く、交通トラブルになるケースが多いのも事実だ。

     また、ヘッドライトを点灯しないクルマも見かけるが、こちらは“自発光式“メーターの普及が要因だろう。インパネ(メーター)まわりが明るいゆえに気がつきにくいわけだ。このような点灯忘れ防止のためにオートライトが新型車両では2020年から。継続車両については2121年から義務化になるが、そうなれば問題は解消できるだろう。

     そもそもトンネル内や暗くなってきた夕方でも、ライトを点けないクルマは多いし、ハイビームのままというのも点けっぱなしなのでは?と思うことも多い。一旦停止しない車両や、横をクルマが通っているのにドアを開ける人が増えているのと関係なくはないだろう。

     技術の進化によって運転のための様々な操作が不要となった現代。単純にクルマにおける行動意識が希薄になっていて、なんとなく運転しているということも多いのではないだろうか。
    no title

    【警察「夜間走行はハイビームにしろ!」→ トラブル増加→警察「そんなこと言ってない。勘違いするな。勉強しろ」】の続きを読む

    ※可哀そうだし、みんな言い過ぎと思わないでもないけど……ガチで閲覧注意です
    subtitle


    1: 風吹けば名無し 2019/07/29(月) 23:20:54.84 ID:Jxykh2/D0NIKU
    はじめまして!
    Phoenix Contest2019 エントリーNo.1
    法律学科4年の河井美紀です☺?
    皆さんに楽しいと思ってもらえるように頑張ります😍💓
    フォローやコメントは100%返せるように努力するので、どうぞ応援宜しくお願いします🙇💦

    #フェニコン #法桜祭 #ミスコン #ミスターコン https://t.co/H8SUR30Xe3


    no title

    no title

    no title
    👀

    【【閲覧注意】日大のミスコンに化け物現る】の続きを読む

    1: 水星虫 ★ 2019/07/29(月) 15:35:55.27 ID:+V38P5B49
    ハチに2度刺され男性死亡 佐渡

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20190729/1030008789.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    28日、佐渡市で、草刈りの作業をしていた50歳の男性が、
    腕と指を相次いでハチに刺され、その後、容体が急変して死亡しました。

    佐渡市によりますと28日午前8時ごろ、佐渡市羽茂大崎で、市が発注した
    高齢化した集落の支援事業で道路の斜面の草刈りをしていた、市内の建設会社に勤める
    50歳の男性が、左腕をハチに刺されたということです。

    男性は、市販の塗り薬を付けてそのまま作業を続けましたが、およそ3時間後の午前11時ごろに、
    今度は右手の指先を刺され、また塗り薬を付けましたが、容体が急変し、
    佐渡市内の病院に救急車で運ばれましたが、死亡しました。
    1回目はハチの種類はわかりませんが、2回目はアシナガバチだったということです。

    市によりますと、作業の前に周囲を確認しましたが、ハチの巣などは見つからなかったということです。
    男性は、長袖、長ズボンの作業着で手袋をはめて作業をしていましたが、
    その上からハチに刺されたということです。

    市は当時の状況について、建設会社から聞き取りをして調べています。
    no title

    【ハチに刺された男性、3時間後に再び刺され死亡 1回目の種類は不明、2回目はアシナガバチ】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/07/28(日) 18:25:47.19 ID:jvNBA9/M0
    no title

    下に爆弾が溜まった模様

    【週刊少年ジャンプの連載陣、ガチでヤバイ】の続きを読む

    1: 名無しさん必死だな 2019/07/27(土) 16:37:09.87 ID:Xg0DRcFMd
    ・Switch通常品
    液晶にある黒い枠淵

    ・今度出る携帯特化品
    変わらずある枠淵

    この無駄なデッドスペースなんやねん

    no title

    【俺がニンテンドーSwitchを買わないたったひとつの理由】の続きを読む

    このページのトップヘ