1: ちえ速管理人 2016/01/03(日)11:29:05 ID:chiebukuronews
※前編もよろしくお願いします

切ない&泣いちゃうコピペ集 前編
no title

189: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:24:01 ID:aTY
妹の結婚式前日
no title

no title


翌日・・・

no title

↑ほぼ実話

190: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:27:19 ID:aTY

昨晩、電車内で隣に座った母親と娘(中3くらいかな)の会話。

母親:ナンバーズがあと1番違ったら当たってたんだけどねぇ。
あと3500円しかないよ。
明日の競艇負けちゃったら○○ちゃん(娘)にお小遣いあげられないね。
娘:うん・・・(虚ろな目)
母親:今からちょっとだけ新海(パチンコの機種)打ってこうか。
アンタ、500円玉2枚持ってない?
娘:持ってない(虚ろな目)
母親はギャンプル依存みたいな感じでした。
見た目はDQNではなく、小汚い感じ。娘が終始虚ろなのが非常に印象的でした。

191: 1/3 2016/01/03(日)16:30:31 ID:aTY
あれは、私が12歳のときに体験した話。

私はどんな学校に行ってもイジメにあいました。
幼い頃から引越しを繰り返していて、そのたびに学校で親や先生にばれないように
イジメられました。
でも、そんな私にも一人だけ友達(S)ができました。
Sも私みたいに転校ばかりしていたらしく、二人は同じ事(イジメ)をされていて
お互いの事を理解し合えるよき相手となっていました。

転校して2年たった時。私をいじめていた人達が笑いながら私に声をかけてきた。
私をいじめていた事が嘘みたいだったように気軽に話しをかけてくるようになった。
それからも私は普通に、いじめがあったことなんか忘れたかのように新しく
できた友達と毎日のように遊ぶようになった。

でも、それからもSだけはイジメにあっていた。
私はSの唯一の友達なのに、Sに話をしなくなった。
それからSは不登校を繰り返した。

イジメにあっていた私に声をかけてくれたS。私も声をかけようと思った。
けど、S側につくと今度はまた自分がいじめられるんじゃないかって怖かった。。
怖くて声をかけることができなかった。

193: 2/3 2016/01/03(日)16:31:46 ID:aTY
132 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2007/01/11(木) 01:38:59 ID:islBnwPq0
Sはそれからも私の知らないところでも、学校のクラスの人から暴力や暴言をうけ続けた。
そして、そんな暴力的なイジメをうけつづけたSは精神的にも肉体的にもぼろぼろになり入院した。
Sの事が気にかけて、お見舞いに行こうと何度か思った、それに、
見てみないふりをしていた自分をあやまりにいこうとおもった。
けど、私の周りにはもうたくさんのクラスメイトがいて、毎日が楽しく過ぎて
お見舞いのことなんかすっかり忘れてしまった。
Sが入院して3ヶ月がたったときのこと、私が友達と遊んだ帰り、
家でのんびりしていたときのことだった。
突然電話が鳴った。Sのお母さんからだった。
Sの母「ゆかちゃん?Sがね、昨日…亡くなったの」
私「え??」私はなにが起こったかわからなくて、頭の中が真っ白になった。
Sの母「入院中も、ずっとゆかちゃんの事ばかりはなしてたのよ」
「ゆかちゃんは私の唯一の大切な友達なんだって…だから電話したの。」
「本人は、誰にも言わないでねっていってたけど。。。」
「今までSによくしてくれて有り難うね」
……がチャん…
何も見えなくなった。今なにが起こったのか、まったくわからかった。

その日の夜、私は泣いた。めちゃくちゃになるまで泣いた。
枕が涙でぐしゃぐしゃに濡れていた。
Sに、もうしわけがなくて、なくて、謝りたいのに謝れなくて、泣いた…
泣きながら、今までSを無視し続けたこと、お見舞いにも行かなかったこと、
謝らなかったことを後悔した。
でも、いくら泣いてもSにはとどかない、Sの母が行ってた言葉を思い出して…
私はSによくなんかしてなかった。Sは私を助けてくれたのに。
偽善だ…胸が痛くなった。。泣いてもとどかない言葉、後悔でいっぱいだった。

194: 3/3 2016/01/03(日)16:34:53 ID:aTY
次の日の朝、私の目は腫れて前が見えないくらいになっていた。
その日めずらしく一番に学校について、しばらくはボーっとしていた。
荷物をおろそうと自分の机に手を入れた。
そこには、水色の封筒に手紙があった。
私はそれがSからだと名前が書いてない封筒を見て思った。
中には。。。
「今まで有り難うね。無理して話そうとしてくれたの、気づいてたよ。」
「友達がいっぱいできて、うれしそうなゆかちゃんを見てると、いつも元気がでたよ。」
「いじめがあってきつかったけど、もう開放されたよ。」
「私がいなくなっても、自分をせめないで。」
「ゆかちゃんは何も悪くないんだよ。」
「元気でね」
「今まで本当に有り難う。」……Sより
手紙を読んで、また涙が溢れてきた。
その日、私は教室で何時までも泣き続けた。

あれから2年、私はあいかわらずちゃちゃやっています。

とどかないけど…S。貴方のおかげで私は今ここにいられるんだ。
私がんばるよ。
S……

「ありがとう」

スポンサーリンク
196: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:36:04 ID:aTY
609 名前:わんにゃん@名無しさん[sage] 投稿日:2006/12/14(木) 12:49:22 ID:7v449wa8
はなへ
はなは私のお母さんだった。
いつも家にいなくていれば私を殴ってたあの女に噛みついて、私を守ろうとしてくれた。
学校まで、送り迎えもしてくれた。
狩りを教えようと雀を捕まえてきて、私の前で実演して見せてくれた。
親孝行したかった。
やっと自分で生活できるようになったよ。
私が守ってあげられるようになったんだよ。

610 名前:わんにゃん@名無しさん[sage] 投稿日:2006/12/14(木) 13:00:25 ID:7v449wa8
はなへ つづき
教えてくれたのに、狩りできなくてごめん。
でも、今ならおいしいごはん買ってきてあげられるんだよ。
こたつもあるんだよ。
はなに親孝行したかった。
はなと二人で暮らしたかった。
帰ってきてほしいよ、はな。
どうして大人になるまで生きててくれなかったの?
はながいてくれたから、大人になれた。
はな、ありがとう。
今いきてるのは、はなのおかげ。
親孝行したかった。本当に。

197: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:37:07 ID:aTY

以前、近所のマンソンから、ものすごいヒステリックな母親の声が聞こえてて
ウツだった。毎日のように、何かしらのことで怒って、ギャンギャン叫んでる。

子供が悪さ(?)をしてそれを咎めるために叫び、謝れ!と絶叫し、
おそらく謝ったと思われる後に、「聞こえない、もっとハッキリ謝れ」と怒鳴り、
再び謝ったと思われる後は「じゃあ何が悪かったかわかって謝ってるのか」とからみ、
怒りがピークになると、叫びに加えてテーブル(?)をバンバン。
んで、また振り出しに戻る…って感じで、ひどい時は一時間近く絶叫が…。

警察に通報すべきか…でも、うちですらこんなに聞こえるんだから
同じマンソンの人はどうしてるんだろうか…とか一ヶ月近く悩んでた。

そんなある日、その母親の部屋の前を通ったら、いつもは鬼みたいにガナリたててる母親が
すごく優しい顔で子供を抱いてベランダに立ってた
腕の中で寝てる子供に穏やかな笑顔で語りかけてる姿は、とても鬼母には見えなかった
ウッカリその姿に見とれてたら、母親が笑顔で会釈をしてくれて
ちょっとドキドキしてしまった

母親の部屋に警察が来たのは、その翌日だった
虐待の果てに遂に子供をイビリ殺してしまったそうな
しかも、子供を殺したのは俺が通りかかる直前のことだったとか
なんで殺した子供を抱いて、あんな笑顔でいられたのか
そう思うと今でも俺は・・・・・・

198: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:37:53 ID:aTY
548 名前:VIP皇帝[] 投稿日:2006/12/28(木) 00:12:17 ID:jY2AIXaV0
「こうこうせいになったおとうさん」 千葉県 7歳 男性
おかあさんが、こうがんざいというおくすりのせいでかみのけがどんどんぬけてしまいました。
あさ、おかあさんは、まくらについたかみのけを 1 ぽんずつセロハンテープでとっていました。
おとうさんがとこやさんにいきました。かえってきて、びっくりしました。
まるぼうずだったからです。
「おかあさんよりさきに、ぼうずになった。」
おとうさんは、こうこうせいのおにいちゃんみたいで、とてもかっこよかったです。

200: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:41:11 ID:zej
親孝行しよう…

199: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:38:32 ID:aTY
61 名前:渡る世間は名無しばかり[] 投稿日:2006/12/24(日) 18:09:30.18 ID:arZr6HJY
もうすぐピザハット来るから昔ゴミすて場で拾ったミュールを玄関に並べといた(^O^)/

202: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:43:12 ID:aTY
831 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2007/03/20(火) 07:26:53 ID:T0UOhlaa
日曜に、ミスド行った時の話。若いお父さんと3歳くらいの、目がくりくりした可愛い子が席についた。
お父さんと私は背中合わせ。以下、肩越しに聞いた会話(ちょっとうろ覚え)

子「どーなつ、おいしいねぇ」
父「ん、おいしいね」
子「おかーちゃんにも、あげたいねぇ」
父「そだね」
子「おかーちゃん、いつおっき?」
父「んー、お母ちゃんはとっても疲れてるから。いつ起きるか分かんないな」
子「そっかあ」

子「○○(自分の名前)、ゆーえんち!」
父「ん?」
子「ゆーえんちいって、かんらんしゃ!おかーちゃんいっしょ!」
父「そだね。お母ちゃんと行きたいね、三人で。お母ちゃんがおっきしたら・・・」

子「おとーちゃん?だいじょうぶ?えーんえーん?」
父「大丈夫。えーんえーんしてないよ。お父ちゃんは大丈夫だから」


もう涙堪えるのに必死でした。
この親子になにがあったのかは推し量ることしかできませんが、
やさしいぼくちゃんと、まだ若いお父さんに幸あれ。

203: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:44:32 ID:aTY
61 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2007/02/06(火) 23:25:44 ID:FytGPk2O0
同級性が小学校5年のころテンカンを起こし植物状態になった。
運動神経抜群の人気ものだった。
一緒に田舎のミニバスやってた。

その子が倒れてしっまた「おかげ」というか
俺がスタメンになった。
田舎のせいか中学もミニバスとほぼ同じメンバーがスタメンだった。
ただ中学の一年生で短い生涯を終えた。

「かっちゃん(仮名)が生きてたらどっちがスタメンだったかな?」
なんてよくほかの部活の子や周りはいった。
俺はそれが嫌だった。「俺だよ」なんていいたくないけど俺であって欲しかった。

中学校総体県大会。俺らの目標はベスト4だった。毎年べスト8
ちなみにミニバスのころからベスト8
県大会の前々日バスケ部でかっちゃんに線香をあげた。
しかし、一回戦で俺は足をつった。ちょうど俺の代わりのポジションだけいなかった。
二年生をだしたがあがりきってミスを連発10点差がみるみる縮まり
ついには逆転された。俺は「かっちゃん助けてくれよこんなんじゃ帰れねーよ」
と泣きそうになりながら心で思った。すると、足は痛くなくなった。
試合に出るとめちゃくちゃなフォームでシュートを決めまくった
完全に自分のフォームやリズムじゃなかった。
さらに、俺は点数をとるタイプのガードじゃない。

もちろん俺の活躍で試合には勝てた。
すぐに回復を見せた俺は
「仮病かこの!?」といわれた。
しかし、結局またベスト8だった。

その時は何も言わなかったが県大会の帰りのバスで
「かっちゃんが生きてたらベスト4だったなきっと・・・」
自分から言ってみた。「かっちゃんにベスト4の賞状をあげよう!」
といってたが、あげられるものがないので・・
自分持ちだったかっちゃんがきるはずのユニフォームをあげた。

204: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:47:21 ID:aTY
144 名前:名無しの心子知らず[] 投稿日:2007/01/21(日) 03:45:56 ID:v9tvN7VI
6歳の娘がいます。
昨年の夏に第二子を妊娠しましたが
10月に流産してしまいました。
あまりに突然だった為、手術の日まで実感がなく
夢なんじゃないかと思っていました。
手術が終わって次の日
娘が熱心にお絵かきをしてました。
いつもは飽きてすぐやめてしまうのに。
出来上がると私の所に駆け寄ってきて
「これ!赤ちゃんにかいたよ!」と。
見ると拙い字で
「あかちゃんまたきてね」
言葉が出なかった。
涙が溢れて仕方なかった。
子供の前だというのに大泣きしてました。
この子を産んで本当に良かったと
心から娘に感謝をしながら、抱きしめて泣きました。
本当に嬉しかった。
私の子供になってくれてありがとう。
生まれ変わっても
ママはまたあなたを産みたいと思うよ。

205: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:53:55 ID:aTY
638 ゲーム好き名無しさん 2008/08/25(月) 03:26:55 ID:cHhmCF+S0
お勧めの泣きゲー教えて

640 ゲーム好き名無しさん 2008/08/25(月) 03:27:57 ID:jUXI+QB50
現実

641 ゲーム好き名無しさん 2008/08/25(月) 03:29:26 ID:cHhmCF+S0
やめろ

642 ゲーム好き名無しさん 2008/08/25(月) 03:31:26 ID:vqmRw6yw0
もうやめてる

643 ゲーム好き名無しさん 2008/08/25(月) 03:32:40 ID:TumfJWkp0
泣いた

206: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:55:01 ID:aTY
32 名前: 空気コテ(埼玉県)[] 投稿日:2007/03/23(金) 18:18:16 ID:g5jUJE/90
ニート34年目。
カーチャンに

「あんたはね、ネットだけの知識で頭でっかちになってるよ。
2ちゃんねるで取り入れた知識を偉そうに私やトーチャンに
話してるけど、働いたこともないあんたが言うと滑稽なんだよ。
ニュース番組見てても得意げに2ちゃんねるの受け売りを
披露してるけど、カーチャンとトーチャンだから笑って聞いてあげてたんだ。
頼むから外で働いて、自立して。
カーチャンもトーチャンももう先は長くないだろうし、アンタの
子育ては大学卒業の22歳で終わりなんだよ。
今56歳で、アンタはもうオッチャンなんだから、カーチャンとトーチャンに
すがったって、もう何もしてあげられないんだよ。
この三十四年間、ずっと部屋でパソコンして、にちゃんねる見て、
結局今のアンタはネットの情報だけで頭がいっぱいになってて、
何もいいことなんか無かったんじゃない?
友達と遊んだ?彼女は作れた?いないでしょ。誰も。
トーチャンとカーチャンしかいないでしょ。
だからそんなんじゃ、トーチャンとカーチャンいなくなったら
本当にアンタは独りぼっちになるんだよ。
外出て働いて、友達作って恋人作って、自分のために自立しなきゃ」

って言われてマジで涙出た・・・

208: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:57:16 ID:aTY
49 名前:恋する名無しさん[sage] 投稿日:2007/01/18(木) 03:57:18
私が小学生の頃、初めて人を好きになりました。
上級生だったのですが、誰にでも分け隔てなく優しい人で、誰もが彼を好いていました。
どういうわけか、そんな彼が地味な私を好きになってくれて、子供ながらに本気で愛していました。
その彼とは途中日本とロスという遠距離恋愛もしながらも、お互い気持ちは変わる事はなく、
自分は彼と結婚するのだと信じて疑わなかった。
しかしその彼が事故に遭い、一度は元気になったものの他界…
まるでドラマのような展開でその恋は終わりました。
正確に言えば、私の恋は終わってはいなかったのですが。

彼が私の世界であり、彼こそが私の全てだった。
亡くなってからもずっと彼が忘れられず、やっと好きになれたと思った部活の先輩は
結局は彼の面影を重ねていただけだった事に気がつき、すぐに別れました。
もう好きな人に置いていかれるのは嫌だった。
だから人を好きになって失うのが恐くて、新しい恋愛から自分で自分を遠ざけていた部分も
あったのかもしれない。
もうきっと誰も好きにならない…寧ろずっと彼だけを愛してる。
そう思っていました。
彼が居ない世界で生きていく意味が見つからず、何度も自殺未遂をしたけれど、
結局死ねずに、気がつけば彼を好きになてから10年が経っていました。

大学生になってすぐのある日、高校生の男の子が電車で痴漢にあった私を助けてくれました。
とても気さくで可愛いコで、その日から彼とよく会うようになりました。
不思議と彼と居る時は、心の底から笑う事が出来ました。
自然とお互い惹かれあっていくのが解りました。
でも私は昔の彼の事をどうしても完全に想い出には出来ませんでした。
それだけ彼は私の中で大きな存在でした。
だから目の前の彼に告白された時には、嬉しかったけれどとても困惑しました。
未来が消えてしまった昔の彼を置いて、私だけが幸せになろうとしてもいいのか、と。
私は彼に自分の過去を話しました。
重い女だと思われるかもしれないと覚悟していたのですが、
いつも可笑しな事ばかり言っているような彼が、私の為に泣いてくれたのです。
「辛かったな」と。
「その人の事、忘れなくていい、ゆっくり想い出にしていったらいい。
想い出に出来るまで、傍で待ってるから」と。
「俺は死なないから」と。
とても嬉しかった。

210: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:59:30 ID:aTY
105 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/03/12 02:10

4歳になる娘が、字を教えてほしいといってきたので、
どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。


ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。

「○○ちゃんから、神様に手紙を届けてほしいって言われたんです」 こっそりと中を読んでみたら、
「いいこにするので、ぱぱをかえしてください。おねがいします」
と書いてあったそうだ。
旦那は去年、交通事故で他界した。
字を覚えたかったのは、神様に手紙を書くためだったんだ・・・
受話器を持ったまま、私も先生も泣いてしまった。

「もう少ししたら、パパ戻って来るんだよ~」
最近、娘が明るい声を出す意味がこれでやっとつながった。


娘の心と、写真にしか残っていない旦那を思って涙が止まらない。

スポンサーリンク
211: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:00:08 ID:aTY
590 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/06/11(月) 16:25:44 ID:jgSZ1f1a
同窓会で高校の頃の自分のあだ名が「トラップ」だったと知った
女子の間だけだったらしいが・・・

何でトラップなん?って聞いたら
「1組のTって覚えてる?メチャイケメンだった人
後ろ姿がそっくりだったんだよ。背格好とか、雰囲気とか。
で、『昨日見かけたけどトラップの方だったw』とか言われてたよ」

そんなに似てたかなぁ・・・顔は決定的に違うのに・・・orz

212: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:00:59 ID:aTY
63 名前:('A`)[sage] 投稿日:2007/06/09(土) 23:49:13 0
工房の時の行事でクラス対抗の駅伝大会があった。

各クラスから、男8人女8人の長距離速い香具師集めて
午前は女子の部、午後は男子の部で、女子の部男子の部のそれぞれの順位によって
総合優勝を決めるといった具合だ。
野球部で体力に自信があり長距離のタイムもクラスの男子の中で3番目に速かった
俺は男子の話し合いによってアンカーを任せられた・・・。

午前中女子の部で女子が優勝した、優勝は俺たち男子の手にかかっていた。
はっきりいってクラスの女子の俺に対する仕打ちはひどいものだった・・・。
挨拶などされず、無視、誹謗中傷は日常茶飯事・・・。
事務的な用事も男子を通して俺に伝えられる。名前で呼ばれたことは無い・・・。

そんな俺にも、クラスのヒーローになれる舞台が用意された。
1位でゴールすれば優勝が決まる。
アンカーの俺が優勝のゴールテープを切れば、迫害していた女どもも俺を
認めてくれるようになるかもしれない。
あんな女どものいるクラスだが、クラスの名誉の為に必死で走ることを決意した・・・。

レースの内容は省略するが、1位で俺にタスキが回ってきた。
2位もすぐ後から追ってきた、女子の部2位の3組だ・・・。
追い着かれまいと必死に走った、差はひろがっていた。ゴールテープが見えた・・・。
疲れていた俺は周りの声援など聞こえない・・・・・。ゴルテープを切った・・・。
優勝が決まった。

しかし、アンカーの俺に駆け寄るものは誰もいなかった。
ふと見ると俺以外の駅伝メンバーが順番に胴上げされていた。
俺は胴上げされなかった・・・。ゴールテープを切って優勝を決めたアンカーなのに・・・。
まだ呼吸が整わず、ヘたれこんでいる俺にさらに信じられない会話が展開された・・。
この後打ち上げに行こうという内容だった。
俺の親友が「●●(←俺)にも伝えて来るよ」と言ったら打ち上げを企画した女が
「●●君はいいよ、疲れてるみたいだし、それにしてもゴールの瞬間の●●君
不細工だったよね~」

俺は決してヒーローになれないと悟った、その日の帰りに買って飲んだポカリは
何故か塩味が混ざっていた
気がつくと涙が溢れていた・・・

214: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:04:50 ID:aTY
あなたがダイエットをしようと思ったきっかけ

846 :スリムななし(仮)さん [sage]:2006/04/26(水) 16:21:38

仲間ゆきえに憧れて黒髪ロングにし、
シンプルセクシーを目指して黒いパンティーをつけ、
鏡の中に現れたのは、

長州小力だったから。

216: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:06:53 ID:aTY
66 :彼氏いない歴774年:2010/11/17(水) 00:56:24 ID:cBn69G5s
「うおおおおぉぉぉ(ブッブババババ※屁)よっしゃあああぁぁぁぁぁ!!」
って寝起きに階段降りながらやってたら、階段下の玄関に弟の会社の人が立ってた。
一緒に釣りに行くんだって。

218: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:08:09 ID:aTY
582 名前:水先案名無い人[] 投稿日:2007/05/16(水) 01:15:32 ID:SUWoydfN0
幼稚園の頃の話。

俺の家族は借金を背負い、田舎の農家の畑を売り払い
一家4人安定した収入のある街へと出てきた。

当時の生活は苦しく、毎日その日食べるので精一杯な状況。
両親は借金の返済のため、そして何とか俺と弟には栄養のある
ものを食べさせるため、朝から夜まで仕事をする毎日だった。

クリスマスの夜、弟と紙に欲しいオモチャを書いてサンタクロース
が来てくれるのを心待ちにしていたが、その夜は来なかった。
次の日、隣のアパートの友達が新しいオモチャを手にした光景を
弟と羨ましそうに見ていた。
俺たち兄弟は、その日も紙を枕元に置いて眠ったが、結局サンタクロースは来なかった。

次の日の夜、俺はアパートのベランダに出て空を見あげて
サンタクロースに問いかけた。
「サンタクロースのおじいちゃん。どうして僕のところへは
プレゼントを持ってきてくれないの?僕は何も悪いことを
していないのにどうしてなの?隣の○○クンは悪いことしてた
のに、なんできてくれないの?」
そう問いかけた。
そのとき、隣の部屋でシクシクと泣き声が聞こえた。
そっと隣の部屋をのぞくと、父と母が涙を流して抱き合っていた。
あの時はなぜ泣いているかがわからなかったが、
今思うと非常に申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

219: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:09:20 ID:aTY
337 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ[sage] 投稿日:2007/07/14(土) 06:14:39 ID:5dhviB5t0
ちょっと書かせてもらう、

俺の友達でゲームがすげー好きなやつがいたんだよ。
ドラクエとか、誰より一番に解いたり、俺たちにヒントくれたりさ。

中学2年のとき、そいつ事故にあって、右手なくなっちゃったんだ。
やっぱ片手じゃうまくゲーム出来ないみたいで、というか出来なくて、
「俺もうゲームとか卒業したから、子供のあそびじゃん」とか言うわけ。

でもさ、そいつの家に行くと、隠してるつもりなんだろうけど、
ベッドの下にゲーム雑誌とかあるんだよね、普通エロ本だろうにw

でまぁ、そんなこんなで年月はたって、WiIIがでてこのドラクエがでたわけよ、
これならやつでもできるんじゃね?と思って、誕生日ってのもあって、
本体とセットでくれてやったんだ。
そしたら「こんなもんいらねーよー、出来るわけねーだろ、嫌味かよw」
とかいって開けもしなかったんだ。

んで、帰ってしばらくしたら、そいつの親から電話きて、
あの子が泣きながらゲームしてるんです、ほんとにうれしそうに・・・、ありがとうね!って。
深夜何時だよって感じだったんだけどさw、もう俺まで号泣だよw

ごめん、チラ裏でした、寝れなくて、こんな時間だし誰にも言えないし、
ここに書かせてもらいました、すまん。


220: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:10:13 ID:aTY
893 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/07/01(日) 12:07:27
ジーンとはしないけど、昔教育施設でバイトをしたときのこと。
小さな子供たちを自然に親しませようという企画で引率をやった。
水辺の虫とか魚とか見せてやって、みんなはしゃいでて楽しそうだった。
でも一人だけ水辺でじっとしてるのがいて、どうしたのと声をかけたら
コオイムシをじっと見てる。ちょっと前に、これはお父さんが卵を
おんぶしてるんだよ、と教えたばかりだ。そうしたらその子、
「ぼくのお父さんみたいや。お父さんいっつもぼくをおんぶしてくれてたんやで」
とポツリ。
その子のお父さんは病気で亡くなったらしい。
いいお父さんだったんだろうなと思うと同時に、コオイムシを見つめる
その子の気持ちを思うと泣けた…

221: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:13:45 ID:aTY
2012/11/19(月) 15:23:36.72 ID:12JFOHnn0
グーグルで「夫」と「妻」をそれぞれ記入したときの予測ワードと件数

「夫」
夫 死んで欲しい 674,000件
夫 嫌い 2,190,000件
夫 小遣い 平均 703,000件
夫 言葉の暴力 315,000件
夫 小遣い 777,000件
夫 呼び方 452,000件
夫 死亡 手続き 212,000件
夫 うつ 1,800,000件
夫 失業 1,560,000件
夫 死亡 年金 366,000件

「妻」
妻 誕生日プレゼント 670,000件
妻 誕生日プレゼント ランキング 422,000件
妻 プレゼント 3,290,000件
妻 ヒステリー 61,300件
妻 呼び方 371,000件
妻 うつ 815,000件
妻 プレゼント ランキング 1,420,000件
妻 謙譲語 8,920件
妻 未届 1,590,000件
妻 焼酎 518,000 件

222: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:14:37 ID:aTY
212 名前:公共放送名無しさん[] 投稿日:05/03/20 20:43:31 ID:P7vQwJYj
奇数なら内定

250 名前:公共放送名無しさん[] 投稿日:05/03/20 20:44:13 ID:P7vQwJYj
奇数なら内定

311 名前:公共放送名無しさん[] 投稿日:05/03/20 20:46:13 ID:P7vQwJYj
偶数なら内定

223: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:16:34 ID:aTY
62 名前:名無しさん@( ・∀・)つ旦~[] 投稿日:2005/06/14(火) 19:00:03 ID:yFWCV/tJ
高校受験のころ眠気覚ましに勉強中コーヒーをよく飲んでいた。
俺は志望校に受かった。けど、付き合っていた彼女は違う高校に行った。
同じところに行くもんだとばっかり思っていたが、
合格しそうになかったので安全圏を選んだのだそうだ。
すっごい反対したかったけど、その場はカッコつけて、
「ま、なんとか会える距離だし、かまへんよ。」って言った。不安だった。

お互い忙しい高校生活が始まった時、俺は別れ話を切り出した。
遠距離恋愛を続ける自信がゼロだったから。
長い付き合いの彼女は電話の向こうで怒りながら泣いていた。

半年後ぐらいに文化祭で会い、軽く話した。
向こうはうまくやっているとのこと。妙な罪悪感があった。
その日の夜、勉強中に久しぶりにコーヒーを飲んでみた。中3の頃を思い出した。

泣いた。 どうして泣いたのか自分でもよくわからなかった。


大学受かったら、また机で飲んでみよう。また泣くかな。


224: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:17:03 ID:aTY
242 名前:ほんわか名無しさん[sage] 投稿日:2007/07/25(水) 08:37:22 O
全然感動しないと思うけど、投下。
小さい頃、俺はかなり気が弱くてよくいじめられていた。
でも母ちゃんはしつけが厳しくて、いつも
「あんたがしっかりせんと!」
って怒っていた。で、小学3年の時近所のガキ大将に脅されて
泣く泣く自分の宝物だった漫画を数冊貸したんだよ。
二週間、一カ月、三ヶ月…いつまで待っても漫画は返って来ない。
そんなある日、母ちゃんは俺を見て
「何ねあんた、ずっと元気ないね。どうしたん?」
って聞いてきた。

243 名前:242[sage] 投稿日:2007/07/25(水) 08:48:28 O
続き。
俺は今までの気持ちが一気にこみ上げて来て、
泣きながら母ちゃんに話した。宝物を失った事、自分の情けなさとか全部。
母ちゃんは黙って聞いてくれて、こう言った。
「あんた、あほね。母ちゃんはいつも厳しいけど、あんたの事が心配なんよ。」
「たまには母ちゃんに頼ってもええんよ。よう頑張ったな。後は任して。」
それから母ちゃんはガキ大将の所へ行って、
「お願い、それなおばちゃんの宝物やねん。」
って必死で頼み込んでいた。あの気の強い母ちゃんが…。
返って来た漫画を俺に渡してくれた母ちゃんの笑顔は優しかった。
あれから大分経つけど、漫画は大事に取ってある。気の弱い所も少し治った。
ありがとう、母ちゃん。



でもな、母ちゃん。「魔法陣グルグル」を楽しみにする主婦は早々いないぞ。

スポンサーリンク
225: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:18:27 ID:aTY
3月頃、深夜の帰宅途中に近所のラーメン屋駐車場で
泣きながら店の入り口に貼りつく幼女を見た
気になって観察してたら、どうも車と店先を何度も往復してて
店に入りたいのに入れない様子

嫁が一緒だったんで「どうしたの?ママ中にいるの?」と声かけたら無言でコクリ

見れば春先の花冷え陽気な深夜に女の子は半袖ワンピ一枚で震えてる

とりあえず俺のスカジャン被せて嫁が抱っこして
親が出て来る可能性に賭けて十分だけ待つ事にした
嫁は「保護して警察連れてこうか」っつったけど誘拐と間違われても厄介だし

しばらくしたら男連れの30代くらいの女がバカ笑いしながら出てきて
俺らに気付いた
そしたら女の子が「あっ、ママー」って手を伸ばしたから
嫁が「お母さんですか?この子店の外で泣いてたんで・・」って説明しようとしたら
黙って女の子を引ったくって上着投げ返してよこして
女の子の頭叩いて「あたしらが食べてる間は車で待ってろっつったでしょ!!」と怒鳴りつけた
連れの男(どう見ても父親には見えない20代DQN)は横でヘラヘラ笑ってた

そいつら車で速攻消えたんで、そのあとは知らん
あの子が今も元気ならいいがと思う

226: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:19:20 ID:aTY
136 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2007/12/28(金) 22:02:24
中学時代、体育館で行われる朝礼が終わるとクラスごとに列を作って退場するんだが、
女どもがだべりながら固まって歩くのでどうしても前がふさがれるのな。
だが、おれが女どもに近寄ると奴らは堰を切ったように道を開けるわけよ。俺がキモいから。
おかげで俺は同級生の男子から「モーゼ」と言うあだ名をいただいて、朝礼があるたんびに
皆の役に立っていた。

227: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:19:55 ID:aTY
82 派遣の品格(dion軍) New! 2007/11/22(木) 17:22:48 ID:l5nZtEbJ0
絵本読んだが、アンパンマンとバイキンマンって同時期に生まれるんだよな。
アンパンマンはジャムやバタ子に愛されながら
なごやかに空を飛ぶ練習とかすんの。
その頃バイキンマンは何してるか知ってる?
厳しいトレーニング。
バイキンマンってさ、生まれたその瞬間から
出会ったこともないアンパンマンを倒すために
トレーニングしはじめるんだ。
あの暗いバイキン城で、独りで。
なぜならそれが宿命だから。
そのためだけに生まれてきたから。

228: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:21:01 ID:aTY
293 :Mr.名無しさん:2006/04/20(木) 04:26:11
妹「(俺の友達)くん遊びに来んかな」
俺「(俺の友達)?なんで?」
妹「呼んでくれん?」
俺「うちに?呼んでどーすんの」
妹「ちょっと一緒に写メ撮ってもらいたい」
俺「え、何、好きなん」
妹「いや、私のタイプではないんだけど」
俺「何それ」
妹「あの、真面目な話なんだけど」
俺「え?うん」
妹「ゼミの友達と話しててね」
俺「うん」
妹「うちのお兄ちゃんだってかっこいいよ~とか言っちゃったのね」
俺「ああ」
妹「写メ…」
俺「ごめんな」
妹「ううん」

229: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:22:40 ID:aTY
2010/02/28(日) 23:50:28 ID:EdfAbIt/
私も思い出した小学生のときの話

家で誕生会をやってクラスメイトいっぱい呼んだ
普段みそっかすで浮いてた私が唯一中心になれる日で浮かれてた
ごちそうもいっぱいつくってもらって綺麗なドレスみたいの着て

そしたら食べ始めてまだちょっとしか経ってないのにリア子がかくれんぼしたいって言い出した
さらに主役なんだから私に鬼やれと…
ちょっと変だとは思ったけど浮かれてた私は笑顔で引き受けて目をつぶって大きな声で50数えて
気づいたら誰もいなかった

馬鹿な私は「あれ?みんなもう帰ったの?用事あったのかな」しょぼーんで終わったんだけど
育ってから親がリア子が私だましてみんなつれて帰ったんだって
かわいそうで言えなかったって教えてくれた
しかもリア子うちで出したお菓子とか全部包んで盗んで帰って
どうやら私がもらうはずだったプレゼントも「渡してあげる」って盗んだらしい

こんなヤツでも見かけは清楚でお嬢さん風のモテ子で幸せになってるよ
高校ぐらいまでつきあいがあってあざとい手口何度も見てきたけど
本当に理不尽な世の中だよ

230: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:23:21 ID:aTY
35 名前: プロ棋士(兵庫県)[sage] 投稿日:2008/02/28(木) 22:10:42.69 ID:ZHEG/1mt0
小学生のとき自分のお誕生日会を自分で企画して友達10人くらいに声掛けたけど
誰も来てくれなかったな
母親に「ケーキ10人分だと高くつくからプリンでいいよ!」って
言ってたりしちゃってたりなんかして・・・

231: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:24:11 ID:aTY
167 名前:ほんわか名無しさん[] 投稿日:2008/02/03(日) 01:36:12 0
この間の友人(新郎の方)の結婚披露宴。
もうこの先こんな披露宴は見る事はないだろう。

タイムスケジュールも最後の方、新婦の父親のスピーチ。

「明子。明子が生まれてすぐ、お前のお母さんは病気で亡くなりました。
お前は母の顔は写真でしか知りません。母親の声も知りません。
母の愛情も知りません。
片親でつらい思いもしただろう。
それでも父の私に文句一ついう事も無く、明るくて素直で思いやりのある子に
育ってくれた。
本当に手がかからない子だったし、よく家事もやってくれた。
相手にも恵まれて、幸せになってくれてお母さんも喜んでくれてると思う。

最後にお前に謝ることがある。
明子に25年間隠していたものがある。いつか嫁に行くときに見せてあげようと
思ってずっと取っておいた物だ。」

・・・そして古ぼけたブリキみたいな箱からとりだした1本のビデオテープ。
会場のセットで再生・・会場ザワザワ・・・

そこにはベットの上で笑顔で赤ちゃんを手にする母親の姿。
そう25年前の新婦と母親。
母親の笑顔のなんと神々しい事。まさに聖母の如く・・

はじめて見る母親の姿に新婦どころか全員が嗚咽だったよ。
とくに新婦はもう見ていられなかった。
そしてしてやったりの新婦の父。あの人だけは泣く事もなく、
淡々としてたんだよなあ。そこがまた泣けるんだけど。

233: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:26:03 ID:aTY
810 名前:陽気な名無しさん[sage] 投稿日:2008/01/20(日) 15:56:51 ID:K6dphMCm0
きょうバイトのやつらがぜんぜん出勤してこないで
一人でキレながら仕込みを終わらせて
開店5分前になっても誰も来なくて
いらいらしながらバイトのやつらの携帯に電話したら
みんなに着信拒否されてて
「なんなんだよ???」と思って
とりあえずもう開店時間になったので
看板だそうと思って看板みたら、看板にマジックで
「オーナーまじキモイしウザイ。おまえの料理まじで糞まずい死ね」て書かれてて
なんか泣きそうになったけどここで泣いたら負けだと思って
でも稼ぎどきの12月なのに、お客さん2人しか来なくて売り上げ3000円。
お客さんに冗談めかして
「バイトのやつらに逃げられたんすよ~おれの料理おいしくないて言われました」
ていったら、お客さんが「ああ、ほんとマスターみてるとイライラするわ」て言われて
泣きそうになってしまい、店のテレビで借りてたエ口DVDみてオ〇ニーしてた。
そのあと今日までしか持たない刺身ぜんぶ食った。
おまえらただいま。

234: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:27:06 ID:aTY
126 おさかなくわえた名無しさん sage 2008/12/09(火) 19:43:24 ID:naXzNI4H

前を歩いていた小学生二人が突然片方が立ち止まり、
「あ!おれ、学校に忘れてきた!」
「え?何を?」
「将来の夢!」(たぶん宿題か何かの題名)

と言って戻って行ったのを見て、ちょうどその後ろを歩いていたおじさん二人が

「俺も忘れてきた気がするな~」
「気づいても取りに戻れないだろ~」

とか言ってて吹きそうだった。

235: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:28:54 ID:aTY
108 :名前は誰も知らない :2006/03/14(火) 03:46:59 ID:yqp1UKK20
「あれ、○○も来ちゃったの!!」

帰り際に「今日みんなで△△に集合して遊ぼうぜ」って
ドアの所から教室に向かって言うから俺も含まれてると思ったんだ。
勘違いしちゃってごめんよ。
でも、集合場所に行くまでワクワクしてすごく楽しかったなぁ…


236: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:30:05 ID:aTY
631 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/05/30(金) 16:10:12 ID:CFR6zk6Z
青年スネ夫「悪いなのび太……この回天は一人乗りなんだ……」

青年のび太「おいスネ夫!死ぬときは一緒だ!って…お前が言い出したんじゃないか…」

青年スネ夫「すまん…だが、お前は生きてしずかちゃんとしずかちゃんの産む子の為にも
        生きなきゃいけないんだ」

ドガッ


スネ「だ、誰だ!?誰かが乗ってるのか!?誰が回天に乗り込んでいるんだッ!」

青年ジャイアン
「悪いなおまえら。お前のものは俺のもの。
俺のものも俺のもの。昔みたいにちょっと貸しといてくれ!
返すときには壊れてるだろうけどなぁッ!いくぜっ、発・進!」

237: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:30:32 ID:aTY
612:東方厨(コネチカット州) :2008/05/21(水) 18:27:48.84 ID:AYI/H9nPO
しかし、なんだな
母ちゃん死んで喪主として淡々と葬儀すまして
涙なんて出ねえもんだなぁと思ってたが
休み貰ってうたた寝してて
夕方頃、家の近くでママチャリが止まる音を聞いてからずっと涙が止まんねえ、
もう、すごい不意打ち

238: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:31:33 ID:aTY
217 名前:大人になった名無しさん[] 投稿日:2008/08/21(木) 05:46:16
一昨年ばあちゃんが死んだ

最後に会ったのは俺が中学生の時だったかな
葬式の為に20年越しでばあちゃんの住んでた田舎に行った

次の日遺品の整理をする為に俺とお袋、それと叔父の三人で
もう誰も帰って来る事の無い家を訪れた

じいちゃんは戦争でとっくに亡くなってたし
ばあちゃんも亡くなる1年前からボケもあって入院してたから
実際には誰も住んでなかったその家の中は埃だらけだった

それなのにまるで昨日までここで生活していたかの様な光景

洗った食器がそのままの台所
新聞が広げられたままの食卓
部屋の隅に畳まれたままの布団

そして小さな冊子が乗ったままの小さなちゃぶ台

叔父がその冊子を手に取って
「こんなものくらいしか楽しみが無かったんだなぁ」
と言って、声を上げるでもなく静かに涙を流してた

近寄って覗いてみると、お袋と叔父の若かった頃の写真、それとまだ子供だった頃の俺の写真だった
写真は指紋だらけで、カラーだったはずの写真は全部色褪せてセピア色になってた

ばあちゃんは足腰が立たなくなってから入院までの間
テレビもラジオも無いこの部屋のこのちゃぶ台で
俺達の昔の写真を手に取って眺めながら一人で何を想ってたんだろう

そう思うと辛かったけど、何とか涙は堪えた

ばあちゃん

ばあちゃんには会いたいけど、もう少しだけ待って欲しい
俺にはまだこの世にやり残してる事があるんだ

俺はお袋が死ぬまで生きなきゃならない
それが親不孝ばかりだった俺にも出来る、唯一の親孝行だからね



スポンサーリンク
239: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:31:58 ID:aTY
母が死んだ。
43歳だった。
10日まで元気だったのに。急に逝ってしまった

11日の朝、いつもみたいに御飯作って母さん起こして「ごはんできたぞ」と
でもいくら呼んでも返事がなかった。いつも文句言いながらも絶対に起きてくるのに
おかしいと思って見に行ったら母さんはもう冷たくなってた

俺がまだ2歳のときに父親が死んで女手一つで俺を育ててくれた母さん。
よく口論もしたし引っ叩かれもした。ほんとよく喧嘩した
会社の帰りに飲みにいって終電なくなると毎回俺が呼び出された
あきる野に住んでるってのに新宿だ、吉祥寺だと。アホかと。

そして金きついのに大学いかせてくれた。
金ないんだから働くよと言ったら、引っ叩いてまで俺を大学に行かせようとした母さん
今年大学をキッチリ卒業して就職してこれからやっと親孝行できる身になったのに
なのに母さんは急に死んでしまった

友達や親族とかにこの顔見せるのはさすがに辛いからここだけで叫ばせてくれ
かなしいかなしいかなしいかなしいかなしいかなしいかなしい
どうしよう。なんかもうなにしていいのかわからない
今年の夏は母さんを旅行に連れてってやろうと思ってて
もう計画だってちゃんと立っててあとは7月待つだけだった
結局俺はなにもしてあげられなかった。
母さんの生命力吸い取るだけ吸い取って。
一人前に俺がなると生命力吸われすぎて交代のように母さんだけ消えてしまった

やっと親戚も全員帰ってくれてこれでやっと一人で泣ける
なんか泣くのガマンしすぎた
これ書きながら涙とまらない
母さん幸せだったのかな。幸せにしてあげたかったな。

240: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:32:55 ID:aTY
阪神・淡路大地震のあと、阪急電車の復旧を沿線の人々は待ち望んでいた。うちもその一軒。
夜を徹して行われる作業、騒音や振動をこらえてくださいと、電鉄会社の人が頭を下げに来た。
「何を言ってるんだ?我慢するに決まってるじゃないか。それよりも一刻も早い復旧を。」
うちも含めて、沿線の人々はみなそう言って、電鉄会社の人を励ました。
阪急は国の補助も受けず、少しづつ復旧・部分開業していった。
そして最後に残された西宮北口~夙川間の高架部分の再開によって、
ついに神戸本線は全通した。
再開の日に、もちろん漏れも乗りに行った。神戸で逝った友のもとへ行くために。
運転台の後ろは人だかりだった。みな静かに鉄道の再開の喜びをかみ締めているようすだった。
夙川を渡るそのとき、川の土手に近所の幼稚園の園児たちが立ち並んでいるのが目に飛び込んできた。
手書きの横断幕を持って・・・。
「あ り が と う  は ん き ゅ う で ん し ゃ」
運転手が普段ならしないはずのそこで敬礼をした。
そして大きく「出発進行!」と声を上げた。
その声は涙声になっていた。漏れも泣けた。
ときよ、上越新幹線よ、もまいを待っている人々がいる。
復興のために、そして人と人をつなぐために、よみがえれ、不死鳥のごとく。

241: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:35:00 ID:aTY
662 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/25(金) 17:19:11.41 ID:gLwDBzEDO
両親が離婚する時
妹と相談していて、妹に「お前、どっちに付いてくの?」と訊いたとき
妹が「お前がいない方ならどっちでもいい」って言われた時。

242: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:35:38 ID:aTY
321 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/07/07(月) 11:26:14
以前、ある地方紙で紹介されていた6歳の女の子の詩。

「おかあさんへ」
げんきになって よかったね
でもほしだから
かおは あわせられないね
わたしまた あなたのかお
みたいな

病気で亡くなった母親に宛てたものらしい。
闘病中とは違う、安らかな顔を見て「げんきになって よかったね」と書いたんだそうだ。

243: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:36:14 ID:aTY
63 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2008/06/15(日) 00:56:08 ID:ofg9sFW1
前、ヤ○ト運輸の仕分けセンターでバイトしてたとき、社員が
「母の日は荷物が爆発的に増えるけど、父の日は普段とほとんど変わらない」
と言っていて、悲しくなった。

244: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:38:22 ID:aTY
487 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2008/10/27(月) 11:50:00 ID:kOPJ5k6C
父親ではなくおじいちゃんなんだけど、母子家庭で祖父母同居だったので…

小学生の時、近所で神憑りに可愛い子犬を拾った
飼いたい旨を先ず母親に嘆願
『おじいちゃんの許しが出れば私は文句ない』
本丸の前に祖母を味方に付けるべく嘆願
『お父さんに聞きなさい』

orzムリニキマッテンジャン

恐る恐るおじいちゃんの元へ
『だめだ!お前に面倒見れるわけない』

母親と祖母になだめられ、泣く泣く退散
とりあえず今晩は家で保護
明日保健所…フラグ

翌日ションボリしながら学校から帰宅すると、何やら庭で日曜大工のおじいちゃん
見ると二畳はあろうかという広さの半分屋根付き扉付きの『檻?』
しかも下半分はブロックをコンクリで固めてある本格派
何をしているのかおじいちゃんに聞くと、

『お前の弟の部屋だ』

俺は一人っ子
涙が出た

245: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:38:32 ID:aTY
338 名前: 美人(dion軍)[] 投稿日:2008/09/30(火) 04:02:15.79 ID:xBhjTV1j0
>>337
友達いない人間と思われることは苦痛だけど

友達いないことは何の苦痛も無いよ


343 名前: 紅茶鑑定士(愛知県)[] 投稿日:2008/09/30(火) 04:18:01.11 ID:RTY1CsLi0
>>338
カーチャンに心配されるとマジ死にたくなるよな。
安心させる為にパソコンから時間指定して空メール送ってカーチャンの目の前で
携帯電話鳴らしてやったぜ。
結局死にたくなったけどな。

247: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:39:46 ID:aTY
83 名前: 1(樺太)[] 投稿日:2008/09/04(木) 23:33:45.38 ID:dcCpXPHcO
昼休みに俺がどこに行くかを賭ける遊びが学年規模で流行ってるのを知ったときは
次の昼休みは天国に行こうと思ったよ

248: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:40:07 ID:aTY
スレタイ「死後の世界はある。それを証明しよう。」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/14(木) 05:17:42.04 ID:Pd1NteSrO
なんにもならないよ
こないだ病気で友達が死んだんだけど
その前日に見舞いに行ったとき
「もし死んだら化けて出てこいよ」って言っといたけど、全然だもの
酒も、あいつが好きだったもの揃えたのに
全然だもの

249: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:44:30 ID:aTY
151 名前:Classical名無しさん[] 投稿日:09/03/10 22:10 ID:s4j22kqo
泣かないで
泣かないでって
言おうとするけど
顔を
舐めようとするけど

動かなくて
飼い主
もう
休んでいいよって
おりこうだったね
お休みって
気づいたら
目が見えなくなってて
声も聞こえなくなってきて
なにも
感じなくなってきて
でも
なんか
ずっと
飼い主の手が
あったかいのだけは
わかる
うれしいなあ
うれしいなあ
お休み
お休みなさい
起きたら
また

250: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:45:03 ID:aTY
50:名前欄にスレ名入力推奨@自治スレにてLR改定議論中 :2009/02/15(日) 06:47:52 ID:jTBLxN9t0
うちのババァが大事にしてる
オレより年下に写ってるジーサンの軍服姿の白黒写真を
ババァが出掛けてる隙に、スキャナーで取り込んで元の場所に戻してから

仕事から帰宅して睡眠時間削りながら
4日間掛けてフルカラーにコラしてヤったwww

んで、写真屋でプリントアウトしてきて
ついでに地味目の写真立てを購入し
白黒写真の隣に飾っておいたら大泣きされ

不覚にもオレ貰い泣き (´;ω;`)ぶわっ

251: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:45:42 ID:aTY
805 名前:名無し物書き@推敲中?[] 投稿日:2009/02/24(火) 14:39:04

いつからか祖父が灯油を買いに行くようになった。

農業に一生を捧げた無口で朴訥とした人間で、体が弱くなってからは
あまり外に出たがらなくなっていたので家族は驚いた。
それまでは母が車でガソリンスタンドへ赴いていたのだが、手間が省けたと昼頃に
ふと思い出したようにポリタンクをキャスターに載せて家を出る祖父を見送った。

しかしそれから暫くして、母が父にぼやくのを聞いた。
「お義父さんいつもお金を多く請求するの。『少しくらいならいいじゃないか』って
うちだって切り詰めてやってるんだから。」
父は苦笑いしていた。

冬も終わろうかという或る日、トイレから戻ると祖父が俺の部屋にいた。
遂にボケたのかと思い、出て行けと強く怒鳴った。
萎縮して小さくなった背中に軽蔑と憎悪の視線を突き刺しながら言った、小汚い守銭奴め。
祖父は一言も口にすることなく部屋を出た。

その日以来、僅かながらも半ば義務的に繋がっていた祖父との関係は断絶した。
そこにいてそこにいない人だった。
いつかの自分を重ねてしまい、誰に対するわけでもない悪態をついた。

5月に祖父が亡くなった。
何事もなく眠り、眠ったまま、眠るように亡くなった。
悲しみは無かった。
そこにいなかった人間がいなくなっただけなのだから、当たり前だ。

祖父の遺品に新品のスーツがあったそうだ。
大切に保管されていたそれは父でもなく祖父でもなく、24歳の俺にピッタリのサイズだった。
いつからだろうか、一切を放棄することで全てを諦め、他人の前に姿を見せなくなり始めたのは。
些細なことがきっかけだった高校時代のイジメが原因かもしれないし、日中から家に居ることを
ただ責めた両親の鈍感が原因かもしれない。

けれど本当はわかっていた。
誰の所為でもないと。
このままではいけないと。
祖父は知っていた。
焦燥を、苛立ちを、無力感を。
シワ一つない真っさらなスーツは、無口で朴訥とした、不器用な祖父なりの精一杯だった。

必死で貯めたお金、訊けなかった寸法、渡せなかった答え。
泣くのは違う気がした。
明日、これを着て一歩踏み出すことにした。

252: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:47:17 ID:aTY
163 名前:名無しさん?[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 06:33:58 ID:???
特別仲が良くも悪くもなかった父親が死んだ。
死んだ時は悲しいというか、少しの喪失感があったくらいだった。
普段はスーツを着ない仕事の父だったのに、好きな食べ物や
趣味をひとつも知らなかったから父の日には毎年ネクタイを贈ってた。
洋服ダンスの中に数着の礼服とコート、そしてタンスの扉にある
ネクタイかけにあげたネクタイがずらりと並んでるの見たら何故だか泣けた。
タンスを見る度なんか泣ける。なんだこれ。

253: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:48:00 ID:aTY
630 名前:ななしのいるせいかつ[sage] 投稿日:2009/04/21(火) 22:02:22
祖父のラブレター

脳梗塞で入退院を繰り返していた祖父
私たち家族は以前からの本人の希望通り、医師から余命があとわずかである
ことを知らされていたが、祖父には告知しないでいた。
「元気になって、またみんなで楽しく暮らそうね」
祖父を見舞った際の合い言葉のようでもあった。

祖父の1周忌が過ぎた頃、父が祖母に1通の手紙を手渡した。
祖母の心の落ち着きを待ってのことだった。
衰弱し、震える手で書かれた文字は書道で師範格であった祖父が書いたとは
思えない程弱々しかったが、文面から感じられる優しさ、慈しみが祖父のそれであった。

「おばあちゃん元気
 ともに過ごした時間は永いようで短い50年でしたね
 また機会があればいっしょに暮らしたいものです」

祖父が書いた最初で最後のラブレターである。

スポンサーリンク
254: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:48:16 ID:aTY
223 名前:ローカルルール変更議論中@VIP+[sage] 投稿日:2009/05/15(金) 21:05:28.86 ID:OfMZHw7h0

私は犬。
名乗るほどの犬ではない。
そこいらにいるただのワン公だ。
小さい頃に里子に出され、今の家に貰われてきた。
他にも兄弟がいたが、もうみんな生きてはいないと思う。
奔放で縛られるのが嫌な性格の私は、飼い主さんにたくさん迷惑をかけた。
そこいらにおしっこを掛けたり、他の家の犬に吠え掛かったり。
その度に飼い主さんに怒られ、時には手を出されたりもした。
だがその後には飼い主さんは必ず優しく撫でてくれた。
私はそんな飼い主さんの手と匂いが大好きだった。
飼い主さんが泣いていた日もあった。
そんな時は、私は黙って飼い主さんの傍に寄り添った。
犬である私に出来ることはそれぐらいしかない。
飼い主さんが遠くに連れて行ってくれたこともあった。
そんな時は、私は思いっきり飼い主さんと遊んだ。
犬である私はそうやって喜びを表現した。
長い年月が経って、私はもう目も耳もだいぶ悪くなった。
なにか病気に掛かっているらしい。立つのもつらくなってきた。
また飼い主さんが泣いている。
また何か悲しいことや辛いことがあったのだろうか?
私はふらつく足で立ち上がり、飼い主さんの傍に寄り添おうとした。
飼い主さんは、立ち上がる私に、震える声で「ダメ!」と声を荒げた。
また私の行動が飼い主さんを怒らせてしまったようだ。
だがその後は、必ず飼い主さんは私を優しく撫でてくれる。
私は目を閉じた。もう目は見えていなかった。だが飼い主さんの手と匂いは感じる。

私は幸せだった。

255: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:50:19 ID:aTY
19 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:02/12/13 12:07 ID:kf9E/pmK
ステキな思い出ではないんだが・・・

俺は3食のうち朝飯をよく食べる奴で
パンとか1日で3つも食べる日とかもあった。
で、ある日母親が10個くらい一気にパンを買ってきて
意味がわからなかったから「こんなに食べれるわけないじゃん」とか言ったら
「○○よくパン食べるから買ってきたんだけど・・」みたいな事言ってて
マァ金ももったいないしって思いながら2日にわけてパン全部食べた。
その4日後に母親が死んだ。
父親に聞いたところ病気で余命宣告されてたらしいのだが俺ら子供には
黙っていたらしい。不器用な母親の最後の心遣いだったのかなあのパンは。

256: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:51:03 ID:aTY
177 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/06/06(土) 17:31:02
10年前のこと

嫁と夜空をみていて、あんまり星がきれいだったので、気の利いた事をいおうとしたが
なかなか出てこない。
嫁はふと心底感心したように
「パイロットってすごいよね~。こんなに星がいっぱいあるのに、ちゃんとよけて
ヒコーキ飛ばすんだもんっ!」

半年後結婚したが、今はもういない。
娘とオレを遺して、お星様になっちゃったさ。
いまごろヒコーキとぶつからなきゃいいけどなあ。


あんな気分にさせてくれたのは嫁だけだった。

258: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:54:20 ID:aTY
931 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2009/08/28(金) 01:30:27 ID:ajlbJQKz

偶然イケメンと会話出来ました

もう運は使い果たしました

260: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:55:34 ID:aTY
245 ノイズs(東京都) 2009/09/22(火) 17:02:46.00 ID:EGCltGCq

マックじゃないけど、中学の時友達がクラスメイト集めてファミレスで俺の誕生日やってやるって
言うから母ちゃんに車で送ってもらって行ったら誰も居なくて、迎えの時間まで駐車場で泣いたなぁ
解散する時にお礼言って配りなさい、って親に渡された貝殻の形の焼き菓子も、余りまくって
しばらくの間毎日家で食ってたなぁ…

261: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:59:10 ID:aTY
663 :名無しさん@お腹いっぱい。 :05/02/22 01:15:59 ID:CMvhh0+f

私が1歳の時に母親が急逝してしまったので、
おふくろの味も、母ちゃんのお弁当も、食べたことがありません。

でもある日、大掃除をしていたら古いノートを見つけて、
開いてみると母の字がびっしり。
そこには母が作った料理のレシピがずらりと書いてありました。
結婚してから毎日、日記代わりに書いていたようです。
煮物や炊き込みご飯、スープにケーキ。
そのレシピにそって料理をしてみて
初めておふくろの味、というものを味わいました。
翌日は残った煮物をお弁当に詰めて、母ちゃんのお弁当。
高校最後の年にやっと食べることが出来ました。

24歳で逝ってしまった母。あと数年で私は年上になってしまいます。
今もときどき母の料理を作ってるけど、
本当のおふくろの味とは違うんだろうな(´・ω・`)
このスレを読んでるとちょっと皆さんがうらやましくなります。
お母様を大切になさって下さいヽ(´ー`)ノ

278: 名無しさん@おーぷん 2016/01/04(月)00:03:08 ID:5W8
no title

263: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)18:01:59 ID:aTY
965 名前: 名無したん(;´Д`)ハァハァ [sage] 投稿日: 2009/12/02(水) 00:21:12 ID:alp+kyk6
俺今年で38なんだけど、バイト先で20歳くらい年下の奴に
「おまえなんで生きてんの?」
って、
『この前100円貸しませんでしたっけ?』
ぐらいの自然さで言われた。
とりあえず「またまたそんなこと言って。ブヒッ」と誤魔化して
背を向けて歩き出し、背中に「氏ね」の言葉を浴びせかけられて
帰ってきたわけなんだけどこの気持ちをどうしたらいいんだ?
というわけでお〇ぱい貼れよお前ら。今日は朝までお〇ぱいパーティーだ。

282: 名無しさん@おーぷん 2016/01/04(月)00:25:42 ID:5W8
no title

283: 名無しさん@おーぷん 2016/01/04(月)00:25:58 ID:5W8
no title

284: 名無しさん@おーぷん 2016/01/04(月)00:26:19 ID:5W8
no title

286: 名無しさん@おーぷん 2016/01/04(月)00:30:12 ID:5W8
288:名無しさん@HOME :2010/03/21(日) 01:26:12 0

高校を卒業してから18年勤めた会社を今月辞めた。
18年間で実家に帰ったのは数えられるほどだった。
いや、電話したのだって一年で1,2回だけで、用事があるときにしかかけてなかった。

今日、母が昔から書いている家計簿を発見し、中身を見てみた。
俺が14歳のときに離婚して、女ひとりで兄弟2人を育ててくれた母の家計簿だ。

そこには、自分が知らなかったことがたくさん書いてあった。
毎月の収入、出費・・・生活するのがやっとの金額だった。

そこに小さな字で書いてあった。

○月○日  息子から電話

自分の電話が母にとってそんなにうれしいことだったなんて・・・
涙があふれて止まらないよ、今までごめんよ・・・ 


288: 名無しさん@おーぷん 2016/01/04(月)00:32:23 ID:5W8
おれがいた組織ではな、訓練が始まる前に全員に子犬が配られるんだ
その子犬と寝食を共にし、一緒に訓練課程を消化していく
1日分の食料と水、ペイント弾を装填したMP5を背負って森に放り込まれる
雨の中泥の中に埋もれて1週間の殺し合い演習、ペイント弾を食らえば即、脱落
犬といってもな、辛い地獄のような訓練を共にすれば絶対的な感情が芽生えてくるもんだどんなに辛い環境でも、小さな命が近くにいるというだけで安心できる
相棒のようなもんだったよ本当に

で、訓練最終日、与えられた最後の訓練課程はなんだったと思う?
それまでの地獄のような訓練を生き抜いてきた奴の大半がそこで脱落していった
訓練内容に納得できずに泣き出す者、嗚咽をこらえて動かない者
教官に殴りかかる奴までいたよ

だが俺は食った、無心でな

289: 名無しさん@おーぷん 2016/01/04(月)00:35:10 ID:5W8
293名無したん(;´Д`)ハァハァ2010/05/04(火) 12:09:02 ID:PrfD5y33
よーしパパうける事書いちゃうぞ

もう2日ほど前になる
雨がひどくてさ、困っちゃってさ、
てるてるぼうず作ったんだよね。晴れますようにって

で、吊るしタンよ。リビングの窓枠んとこに。
妹に「お兄ちゃん、ハローワークにも行かないで何してるの」っていうからさ、
「雨すぎて行けないから、てるてる吊るしてんだよっ」って怒鳴っちゃったんだよね
そのまま妹はいなくなったんで、ホッとしてそのまま部屋に戻った。
翌日、晴れた。カンピーだよねまさに。
それでリビングいくとさ、なんかてるてるが2つあるんだよ。2つ。
作った覚えねーぞと思いながら、手に取ると、もう1つは妹が作ったやつだった。
殊勝なやつよと思いながら、ふとてるてるに何か書いてるの見つけたんだよ。
「お兄ちゃんの心も晴れますように」だってさ。

290: 名無しさん@おーぷん 2016/01/04(月)00:35:30 ID:5W8
66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/11(日) 22:57:34.35 ID:k8A0T6W/0
地球が丸いのは、誰かが隅っこで泣かないようにだろ

291: 名無しさん@おーぷん 2016/01/04(月)00:36:10 ID:5W8
1 ゾウ 投稿日:04/08/23 13:47 ID:ceSocDIy
俺動物園。
まじでラッキー。これから遊んで暮らせる。

2 イヌ 投稿日:04/08/23 13:48 ID:ogio0832q
良かったな。俺は介護犬になる。
ヒトのためになるって悪くないぜ。

3 ニワトリ 投稿日:04/08/23 13:48 ID:riKiegGw2
俺も食肉工場勤務が決まってるけど、
実際どんな仕事するのかよくワカンネ。
でも俺たち就職決まって良かったよな、お互い頑張ろうぜ

292: 名無しさん@おーぷん 2016/01/04(月)00:39:32 ID:5W8
37 名前: どうですか解説の名無しさん 投稿日: 2011/01/22(土) 17:53:08.35 ID:WkhOIo9Q
俺のモテ期……

生後すぐ  :俺のベッドの両隣が女の子だったらしい
幼稚園年少:年長クラスに迷い込んではお姉さんに送り返された
中学2年生 :バレンタインチョコ5個もらった、5個とも男からの悪戯だった
        みんな同じネタをやろうとして被ったらしく驚いていた

3つもう来ちゃったな

スポンサーリンク
293: 名無しさん@おーぷん 2016/01/04(月)00:40:29 ID:5W8
859 :かんこな:2011/01/06(木) 23:55:46 ID:CFYV1Thv0
>>858
自分も似たようなことがあった
遠い親類が亡くなったとき、ノートPCの整理とか頼まれてしてたら
自分のURLがお気に入りに入ってた
その人のことは亡くなってから初めて知ったくらい遠い人だった
入院中の雑記ノートに、感想文の下書き(箇条書き)がヨレヨレの字であった
感想文の他に「○○と××が頑張っている姿を描いてください」
何度も書いて何度も二重線で消してあった
日記みたいなメモに「早く治ってA(私)さんの作品の続きを読み続けられますように」
「リクしたら図々しいかな、でもあとどれ位読めるかな、事情メールしたら書いてくれるかな」
「よし、絶対治す!○○と××みたいに頑張らなきゃね!」と読めないくらいの
力のない字で書かれているのが最後だった
最後はPCの光を見るだけでもしんどくてノートが精一杯だったらしい
それ以来ずっとかんこなだけど、なんとなく書き続けている
そんな事情もあるかもしれないよ

295: 名無しさん@おーぷん 2016/01/04(月)00:42:53 ID:5W8
会社が棚卸しで振り替え休日があったので
会社の若い連中、男女3:3で海にドライブに行った
私は途中で腹が減ると思ったので
人数分×3個のおはぎを、前の晩からこしらえた。
「気のきく人」と思われて好感度アップ間違い無しと確信して
寝不足ながらウキウキ気分で出発。
ひそかに思いを寄せるN男さんもお洒落な服で張り切っている。
10時ごろ、ブサイクな同僚♂(29才喪男)が
「ソフトクリームがたべたい」と言い出したので
私は「お、おはぎならありますけど・・」とやや控えめに
18個の色とりどりのおはぎ(あん・青海苔・きなこ)を紙袋からとり出した。
一瞬「しーん」となって、ブサイクな同僚♂が
「喪女さんが握ったの?うわwwおばあちゃんみたいwww」と言った。
他の女が「ちゃんと洗った手で作ったの?今の季節雑菌は危ないよ、ほら、ここやばくない?」と言った。
爆笑が起こった。18個のおはぎは誰の口にも入らなかった。
私はほぼ半泣き状態で、おはぎをしまった。
人づてに聞いた話だけど、N男さんも「ちょっとあれは食べらんないw」と
言っていたらしい。

297: 名無しさん@おーぷん 2016/01/04(月)00:44:36 ID:5W8
君達は夜中の0時に正にこの世に生まれた。この世に生を受けた。
人の寿命を70歳くらいと考えたら、3年を一時間として、
朝6時、もしくは7時。君達はいまやっと朝を迎えたくらいでしかない。
大学をでて、社会にはいってちょっと経ってもまだまだ朝9時でしかないんだ。
社会ではまだまだ青くて到底使える人材でもない。

楽しみに満ちながら君たちの成長をみてきた君たちのお父さんやお母さんは
君たちが自分の時計で朝の2時や3時の頃、もう既に昼の2時や3時になっていたんだ。
今はどうだろう。もう夕方5時、いや6時を過ぎているかもしれない。
今から彼らはやり直しがきくだろうか。あと6時間も無いのだ。人生は6時間も無いのだ。
日は沈んでしまったのだ。

では君達はどうだろう。みんなまだまだ朝6時や7時じゃないか。
やり直しなんていくらでもきく。何回やり直したって、朝8時くらいでしかないじゃない。
一番悲しいことは、ここで自分の時計を無理やり止めてしまうことなんだ。
可能性はまだまだ秘められているのに、まだまだ一日はこれからなのに、
太陽の燦々とあたる昼に向けて準備をする時間でしかないのに、
自分の時計を止めてしまうことなんだ。

親は望んでいるだろうか?友人は望んでいるだろうか?
君たちの輝かしい未来を、本当に今から始まる君たちの未来を、
止めてしまうことを望んでいるだろうか?
君は望んでいるだろうか?

どうか、一番悲しい選択だけはしないで。
君たちへの最後の言葉です。頑張っておいで。

300: 名無しさん@おーぷん 2016/01/04(月)00:46:46 ID:5W8
28 :名無しさん@HOME : 2011/02/26(土) 22:10:34.51
新婚一年にして、舅が倒れ、舅と旦那の祖母を介護せざるをえない状況になった。
毎日旦那の祖母の体拭いたりおむつかえたり、
舅のトイレや風呂居れるのもずっと体支えてあげたり、
糖尿病の舅、好き嫌い激しい旦那祖母、肉が食べたい旦那の為に食事を三種類作っていた。
肉体的にも精神的にも辛かったが、
介護すると自分で決めたことだから弱音は吐かなかった。
旦那は仕事が忙しくて介護に一切協力してくれなかったが、
老人ホーム捜しと費用の為に頑張ってくれていると信じていた。

ある日旦那がパソコンの前で眠っていた。
タオルケットをかけてあげたら画面が目に入った。

「嫁がブスで辛い」スレ

一瞬体が動かなくなった。

301: 名無しさん@おーぷん 2016/01/04(月)00:51:30 ID:5W8
485 名前:名無しの心子知らず[] 投稿日:2011/06/01(水) 04:07:48.23 ID:mykDFAug
父親は事故で亡くなり今年で七回忌です。
子供の時からうるさくて妙に冷たい感じがして好きではなかった。
進学を機会に家を出て、実家に帰るのは大晦日から元旦まで。
父の晩年は政治経済や国際情勢など話題にしながら少しずつ距離を縮めた。

もう余り思い出さなくなってたが、机の奥から古い写真が出てきた。
二歳くらいの僕をバイクの前に載せて嬉しそうに笑ってる父を見たら
涙が止まらなくなった。愛情は十分に注がれていたのが分かった。
それだけで十分だった。

303: 名無しさん@おーぷん 2016/01/04(月)00:54:43 ID:5W8
947 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2011/12/04(日) 18:05:10.97 ID:4TuXjetb
子供の頃、毎年クリスマスの朝、遠くで働いてる父親とサンタさんからプレゼント、

と母親からの分合わせて3つプレゼントを貰ってた。

サンタさんも父親もいないと知ったのはずっと後だったよ。

304: 名無しさん@おーぷん 2016/01/04(月)00:55:15 ID:5W8
127 名前:名無しさん@涙目です。(神奈川県)[] 投稿日:2011/09/26(月) 22:45:45.50 ID:E93mFhId0
>>80
イヌは本当に馬鹿だ
俺の飼ってたイヌも死ぬ直前意識不明の病床で
「散歩行くぞ」って言ったら
しっぽふって両足動かしやがったんだ
そこまでするんなら生き返れってんだよ
本当にイヌは馬鹿だ

305: 名無しさん@おーぷん 2016/01/04(月)00:57:07 ID:5W8
515 /名無しさん[1-30].jpg sage New! 2012/02/29(水) 16:05:34.14 ID:ZdcGDEHK0
学校の帰り道にババアがカレーパンだけ売ってる店があってな、
どんな味がするのかと思ってたけど貧乏で買えなかったのよ。
揚げてるのを見に行くとババアが「買わないなら帰りな」って、
追い返すんだけど、その日だけ「金なんかねえよバーカ」って
悪態ついて逃げちゃってさ、そしたら翌日、紙袋いっぱいの
カレーパン持ったババアが待ち伏せしてやがってさ
「これ失敗作だからアンタにやるよ」って。
で、さっき、ババアの葬式行ってきた。

308: 名無しさん@おーぷん 2016/01/04(月)01:05:39 ID:5W8
137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/04(土) 18:00:16.00 ID:VWcAyxl30

お前等の好きな女の子が事故で脊椎損傷して首から下全く動かなくなって
何日も悩んだ末に泣きながら殺してくれと頼まれたらお前達うどんとそばどっちが好き?


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/04(土) 18:00:52.95 ID:rjQAJ0ti0

>>137
ずっとそばにいる
もうどんなことがあっても離れない

309: 名無しさん@おーぷん 2016/01/04(月)01:06:19 ID:5W8
「OKINAWAに行かない?」

いきなり母が電話で聞いてきた。 当時、大学三年生で就活で大変な頃だった。
「忙しいから駄目」と言ったのだが母はなかなか諦めない。
「どうしても駄目?」「今大事な時期だから。就職決まったらね」
「そう・・・」母は残念そうに電話を切った。 急になんだろうと思ったが気にしないでおいた。

それから半年後に母が死んだ。癌だった。 医者からは余命半年と言われてたらしい。
医者や親戚には息子が今大事な時期で、心配するから連絡しないでくれと念を押していたらしい。
父母俺と三人家族で中学の頃、父が交通事故で死に、
パートをして大学まで行かせてくれた母。
OKINAWAに行きたいというのは今まで俺のためだけに生きてきた母の最初で最後のワガママだった。

叔母から母が病院で最後まで持っていた小学生の頃の自分の絵日記を渡された。
パラパラとめくると写真が挟んであるページがあった。
絵日記には

「今日はOKINAWAに遊びにきた。海がきれいで雲がきれいですごく楽しい。
ずっと遊んでいたら旅館に帰ってから全身がやけてむちゃくちゃ痛かった。」
・・・というような事が書いてあった。すっかり忘れていた記憶を思い出す事が出来た。

自分は大きくなったらお金を貯めて父母をOKINAWAに連れていってあげる。
というようなことをこの旅行の後、言ったと思う。
母はそれをずっと覚えていたのだ。
そして挟んである写真には自分を真ん中に砂浜での三人が楽しそうに映っていた。

自分は母が電話をしてきた時、どうして母の唯一のワガママを聞いてやれなかったのか。
もう恩返しする事が出来ない・・・ 涙がぶわっと溢れてきて止められなかった。

310: 名無しさん@おーぷん 2016/01/04(月)01:07:00 ID:5W8
両親は、仲が悪いのだと思っていた。
冷たく見えるぐらい素っ気なかったから。

両親の兄弟姉妹などから、幼なじみで大恋愛だったとか、
周りの反対を押しきって結婚したんだとか聞かされても、到底信じられなかった。


母が子宮癌で手術を受けた。
手術の終わる時刻を見計らって病院へ行くと、父が母のベッドの傍に座り、
好きな歴史小説を読んでいた。
麻酔から覚醒したのか、母が痛い痛いと呻きだした。
父は即座に小説を閉じ、母の右手を両手で包み込んだ。
『ユミ、大丈夫だよユミ…』
まだ意識が戻りきっていないながらも、父の声に母が反応して答えた。
「タカちゃん…痛いよ…タカちゃん…」

父と母が名前で呼び合うのを聞いたのは、それが初めてで、最後だった。

母の通夜の後、棺の中の母の頬を何度も何度も父は撫でていた。
黙って撫でていた。

311: 名無しさん@おーぷん 2016/01/04(月)02:54:41 ID:YgA
少し俺の心に良心が芽生えた様な気がした
ありがとう

324: 名無しさん@おーぷん 2016/03/13(日)00:32:16 ID:NgT
こんなコピペを作れる人ってどんな人なのかな

329: 名無しさん@おーぷん 2016/04/29(金)20:58:31 ID:SdS
私は、2歳のとき父を亡くし、以来、私をひとりで育ててくれた母も私が中学二年生の時
突然の心臓病でなくなりました。その日のことです。

近所のスーパーに勤めていた母ですが、学校から帰ると勤めを早退した母は床に臥していました。

「お母さん、どうしたの?」と聞くと「心配しないでもいいよ、ちょっと風邪をこじらせただけだから」とか細い声で答えました。

昨日からなにも食べてない様子だったので「なにか買ってこようか」と聞くと「おまえも今、期末試験中で大変なのに、いいの?」「もしよかったらリンゴが食べたい」「じゃあ、すぐ買ってくる」

リンゴを買って家に着いたとき、母はもう死んでいました。

枕元に、ほんのわずかな時間に、苦しみながら書いた母の言葉の走り書きがありました。

「哲、ひとりになってもお母さんお父さんはいつもおまえを守っているよ ありがとう」
とありました。

私は、それ以来リンゴを見ることもむろん食べることもできなくなりました。あれから九度目の桜を見る季節がもうすぐやってきます。私にとっての桜の季節は、ただリンゴをにぎりしめながら泣きつづけた日々の思い出なのです。

スポンサーリンク
353: 名無しさん@おーぷん 2016/08/24(水)02:34:51 ID:12t
泣きすぎて目が痛くなったw

引用元: ・https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1451788145/