1: ます 2006/02/19(日) 20:40:30 ID:mKiw6zkb
刀鍛冶になりたいのだが今は弟子になってもお金貰えないんだよね。貰えるなんて贅沢ぬかしてんなと思われても生活できないんでは仕方ないんだよな。でもなりたい。どうしたらいいんですかね?
no title

3: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/02/19(日) 20:55:08 ID:uwaFkTp2
刀鍛冶の箱入り娘にやさしく求婚
結婚して孫見せて義父である刀鍛冶の弟子になる
出来上がった刀は俺にちょうだい

5: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/02/19(日) 21:11:59 ID:rY6DALJ/
刀火事になっても注文ないよ。
なるまでにビンボー師匠に弟子入りし
毎年100マソくらい授業料払って、
5年後に文化庁の刀匠試験に合格して
めでたく刀火事の資格を取れてもさ、
じゃあ仕事場設けるのに数百万、原料購入に何十万、
最近は電気ガス水道代もバカにならんぞ。
で、注文ナシ。
いったいどうやって食ってゆくんすかねえw
名簿をみるとわかるけど、刀匠資格のある鍛冶の80%が
安アパート住まいなんだよ。

7: ます 2006/02/19(日) 21:29:12 ID:mKiw6zkb
やはり厳しいみたいですな 色々なとこ見に行ってんだけど良くて住み込み。借金あるから無理だし。以前君みたいな若い人が受け継いでほしいと言われたけど なかなか現実はね。人間国宝のとこあたってみるかな

9: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/02/19(日) 21:49:47 ID:6SELjB8m
刀匠の現状は予想以上に大変なもので、県の無形文化財クラスの刀匠でも食っていくのが精一杯だそうです。

弟子をとるとなると、更に弟子の食費、練習用の炭・材料費、健康保険料、年金など経費がかなりかかります。

その経費を作刀許可が取れるまで自分で負担出来る位の経済力もしくは親の協力がないと難しい様です。


俺も刀鍛冶になりたかったがやっぱり経済力の点で断念した。

13: 東風麿 2006/02/20(月) 00:32:13 ID:aLL9K4n6
かつて、靖国刀工の時代は徒弟制度無しで給料を支給して促成栽培をした。
野鍛冶の経験を詰んだ者なら、二年で一人前に成ったものも居ると言う。
今思えば夢のようなはなし、少なくとも実家が裕福な者でないと現代刀工は
勤まらない様です。隅谷正峰氏の実家は醸造業であったとか?
まあ何処かの王様がパトロンになってくれれば・・・・

16: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/02/20(月) 02:09:34 ID:E58OqGlt
>>13
てことは現代刀匠やめざしてるヤシは、もともとはそこそこの家のボッチャンなのか?

18: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/02/20(月) 03:44:50 ID:GBoxhy0g
>>16
その通りです。息子か裕福層からの弟子入り。
現在、刀匠になるには金銭的な憂いのない事が第一条件です。
成功も考えるなら、第二は技術の高い人に師事する事。
刀匠資格だけ得られれば後は自分の力で、などと考えて
技術も敷居も低い人に師事しようとする人が実際にいますが、
ちゃんちゃらおかしいです。嘗めすぎです。
現実は師匠の技量と弟子のそれはまず比例してますから。
現代刀匠で若くして無監査を取るような人は大抵技量の高い刀匠の子息か、お弟子さんです。
実の息子という関係を別にすると、大抵は実家が裕福な方です。
過疎地に仕事場を持つにしても諸々一千万程度は必要になりますからね。
自分は弟子として従事していて働く暇など無い中で、五年の内に一千万どう捻出します?
そういうことです。
今はどうなのか知りませんが、例えば劇団四季は芝居に注力させる為にバイトは禁止。
そのため入団面接時に預貯金通帳を提示させる決まりがありました。
刀匠にもこれに近いやり方で障壁を設ける方がいます。勿論その人の為を思っての事です。
人生に於いて五年の時間を取られるということは大変なことですから。
刀匠ニートなんてのを生み出しちゃシャレになりませんしね。

14: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/02/20(月) 01:22:03 ID:BNtqE/4s
俺は田舎に住んでるけど近所に、普段は包丁・剪定鋏・ナタ・鎌・・・なんかを造ってる刀鍛冶がいます。
注文が有れば刀を打ってるそうです。知り合いの若い弟子(3年目)もいますし、給料も貰ってるそうです。
田舎の刀鍛冶って、刀の注文少ないから割りと何でも造る様です。
弟子から刀工になる迄には年月掛かるかも知れませんが、生活はできるみたいですよ。

15: ます 2006/02/20(月) 01:27:48 ID:pOiFlV2G
できたらその場所教えていただければ嬉しいです

17: 2006/02/20(月) 02:22:14 ID:2EYTXACM
迷って相談するくらいの決心なら
諦めるべきではないでしょうか?

19: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/02/20(月) 05:24:40 ID:jhMM0gGI
なんだ。この真面目に語る良スレの予感は・・・

21: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/02/20(月) 07:43:03 ID:9lbKByTa
刀鍛冶になるための専門学校みたいなシステムってないんですかね?
それならば習う側の弟子は学生として授業料を払うのは当然だし、
教える側の刀匠も師匠であり、教師、教授と言うような形で指導できる。
もちろん一定レベルに達しない限り誰でも卒業できるわけではないというふうにするべきでしょうが・・・。

スポンサーリンク
24: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/02/20(月) 15:03:18 ID:mH485XS8
新人が育つのは良い事だと思うが、粗製乱造では意味がないんであって、
ちゃんと切れる刀を作って欲しい。刃物の『アーティスト』にはなってほしくないな。
波紋の大きさ派手さばかりを競う現状はなんとかして欲しい。

26: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/02/20(月) 16:12:43 ID:7Tlc1qdy
自分の仕事を持ちながら気長に刀匠のもとに通って
何年もかけて刀匠資格を取った人もいます。
二足のわらじでそれはそれで大変だと思います。
刀匠資格をもらう年齢もずっと上がります。
しかし本当に好きならそういう道もあると思います。
もっとも始めるならよほど若いときからやらないとね。
あと時間が決まってて休みがきっちり取れる公務員なんか言いカモね。
公務員と出世もなにもあきらめて40才までに刀匠になることを夢見てがんばるんだ。
それから15年か20年腕を鍛えながら金を貯め、年金で鍛冶場をつくるのだ。
はげめ青年!がんばれ>>1

30: ます 2006/02/20(月) 21:57:26 ID:pOiFlV2G
以前刀匠の方に二足のわらじじゃ無理と言われましたよ。でもそうするしかない訳で 頑張ってやってみますかな

32: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/02/20(月) 22:41:34 ID:R4Dt9v2N
才能も大事だが、努力もしなくてはならないと思う。
名人と呼ばれる人たちも底知れぬ努力をして来たはず。

39: 2006/02/21(火) 01:20:17 ID:DkARYG+L
私の現状を踏まえて説明。
私はまだ弟子なので多くは語れませんし、
弟子の身分で、公共の場であるここに内情を書き込む
ご無礼をお許しください。

まず弟子生活の説明ですが、
私の場合は、住み込みでは無く家から通って修行をしています。
住み込みではない理由としては、法律で年間の製作本数が決められているため、
弟子が入って製作本数が増えるわけでも無く、大量生産で儲ける事もできなために
仕事もできない人間を養う余裕が無いことが多いのです。
そして現在の作刀は機械化が進んで、弟子が大槌を振るう事も
殆ど無くなったからです。
人間国宝の方も機械で打ちますし、よくテレビでやってるのはショーです。
そんな理由で、無給なのは当たり前ですし、
鬱陶しいのが一人増える訳ですから、こっちから金を払いたいくらいです。

ですが裕福な家庭でしか刀匠になれないと言うのも疑問です。
簡単に言えば、大学に入学する事と同じような物ではないでしょうか?
大学四年間と修行5年間。授業料と無給。
大学生でも親の援助を無しで頑張っている人は少数派です。
ここは多少甘えですが、私自身、大学に言ったようなつもりでいます。

しかし、独立資金となると話は別です。
理由は後記しますが、刀匠は一番独立資金がかかります。
それは簡単に用意できる額ではありません。
その事については色々な意見がありますが、
私の場合は貯金のため夜間にバイトをしています。仕事から帰ってきたら
すぐバイトに行き、深夜に帰ってくる。
このレスを書いてるまさに今、私はバイト帰りです。正直眠いです。
バイトについては色々な意見があり、上のほうで言っているような意見も多いです。
それも一理も二理もあるのですが、
ドラマチックなストイックさを求めすぎてる所はあります。私はそんな気がします。
そこら辺は各自、判断してください。
それと、どの師匠もバイトを許すかどうかは分かりません。それこそ人それぞれなので。

私は上で書いたような生活をしていますが、
それはちょっと恵まれた環境だと思います。
私以外の弟子の方の生活は、私は書けませんので色んな文献を参考にしてください。

40: 2006/02/21(火) 01:23:53 ID:DkARYG+L
それと、刀職の弟子は刀だけではありません。
儲かる仕事と言えば研師がありますね。
刀匠が作った刀は刃文も肌も見えない鉄の棒のような刀を
研師の力で、魅力的な「日本刀」の刀身になるわけです。
つまりは刀匠がいるかぎり絶対必要ですし、古い刀の研ぎ直しもあるので
仕事はありますし、刀匠と違って本数制限が無いので仕事しほうだい。
独立資金も刀匠よりはかなり安いですし、その気になれば実家でも
安アパートの一室でも仕事は出来るわけです。
刀匠は土地かた機械から材料まで資金が必要なんです。
その他の職人の話は割愛しますが、どれも刀匠に負けず劣らず、
重要な物です。
刀匠は研師がいないと、刀身の魅力がわからない。
刀身だけでは不便なので様々な外装が付き、
最高の刀を最高の研師が研いでも、外見が糞なら
刀身も糞掻きに見えてくる物です。
刀の歴史を語る上で、どの職人も重要ですし、
なにが良くて何が悪いとも言えない。
むしろ皆が素晴らしいから、刀は素晴らしい物になれる。

どうしても刀匠ばかり目立ちますが、それ以外の職人も魅力的だと思うので、
本気に刀で生きて行きたいなら、それ以外の職人も十分魅力的なので
選択肢として検討なされてはいかがでしょうか?

41: 2006/02/21(火) 01:25:58 ID:DkARYG+L
そして「良い師匠に弟子入りしないといけない」とは、
大方合っていますが、100%正しいとは思いません。
たとえば、人間国宝になりたいとか、
コンクールで上位に行きたいような野心に溢れる人は
是非とも有名刀匠に弟子入りするべきです。
人間国宝などは、実力はもちろんですが
系列も大事になってきます。月山家が良い例です。
それに、「審査で高得点を取れる刀」を作ろうと思ったら、
現在無鑑査と言われているような名人達に主従するべきでしょう。
そのような人に、たとえ一週間でも教えてもらうだけでも
出来がかなり良くなったりするそうです。
 それらの理由で上を目指したい野心のある方は
現在の評価が高い人に弟子入りするべきでしょう。

 しかしそれが全てではありません。
ある人の刀に感銘を受けて、その技術を学びたい。
その人にしかできない技術を受け継ぎたい。
その人の刀を作る姿勢に感動して、人としてその人を尊敬している。
その場所に受け継がれてきた技術を後世に残したい。
そんな思いで弟子入りすることも、
すばらしい選択だと私は思います。
そして、けして名人と呼ばれなくとも、
古式の方法を知り、それを実行して、
見えないところにまで手をかけ、愚直なまでに正直な仕事をする。
そんな師匠に恵まれて、それを受け継げる事は、
とても素晴らしい事だと私は思います。


上記の文章は私が勝手に考えた事ですので、
私以外の人間は関係ありません。
それと、意識が朦朧としながら書いていますので
誤字脱字は勿論、まとめきれていない所もあるはずですので、
質問があったら答えられる範囲でお答えします。

あと、多少不適切な部分もあり、真に申し訳ありません。

42: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/02/21(火) 02:12:53 ID:c7hOfMYC
>>40
何か読みようによっては研師に失礼な文にも思えますが。
研師も刀匠と同じく、人によりスタート時から差があるのは変わ
りません。刀匠と同じです。
研師の夢が刀を活かす良い研ぎをすること、名の在る刀を任せら
れることだとすると、後者はスタート時で決まっていると言って
いいわけですから。少なくとも平成の現在まではそうです。
刀匠の夢破れ刀剣研磨師へという流れはナメてるんじゃないでし
ょうか?そんな心根で飛び込んで来られても迷惑だと思います。
「これは本来望んだ道ではない」などと腐ったままやれる仕事で
もなければ、「こっちでもいいか」などと妥協してやってよい仕
事とも思われません。覚悟の無い人に勧めるのはやめて下さい。

48: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/02/21(火) 18:18:55 ID:loSn1Sq/
いつも不思議に思うのだが 刀鍛冶ではなく和式ナイフ鍛冶の方が現実的な
のでは
40センチの剣鉈を脇差しや寸延び短刀を作るつもりでやれば良い
才能があれば現在のダサイ和式ナイフを凌駕するどころか 日本刀も真っ青
の傑作が出来るかも 地沸細かくつき 砂流し金筋盛んにつくおそらく造り
なんてどうよ
コンクールで賞を取れば売れるし 大体にして修業や免許なんて不要なので




51: 東風麿 2006/02/21(火) 21:00:15 ID:foZayCr9
昔は向こう槌が2、3名で大槌を振るい鍛錬したが、今日では公開鍛錬
などのセレモニーでしか行わない。ベルとハンマーかスプリングハンマーが
刀工には自在に操れて操作性が好いし、弱音も吐かないから都合が好いと言う事。

57: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/02/22(水) 22:33:48 ID:JxJjF2Hl
楠くん、スルーすべきだったな。
自分でも気が付いてると思うが、ちょっとマズイこと書いてしまったかもしれん。
やはり自分の立場を考えて書き込むべきだったかもしれんな。
当分、書き込まない方がいいよ。

60: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/02/22(水) 23:12:43 ID:uRw3bgqD
>>57
そうだな。でもあなたもsageておやんなさいよ。

上でも指摘している人が居るが、研師に失礼。
自分の書き込みを読み返せばわかるだろうが、何より師匠に対して失礼だ。
それにSHOWって言いぐさもないだろう。現状を理解している弟子の立場なら尚更だよ。

59: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/02/22(水) 23:08:24 ID:3c4k3GNZ
単発スレでまでマジレス
刃物板クォリティも侮れんなw

65: 2006/02/23(木) 09:35:24 ID:8UMO1Z6j
研師の方を軽んじるとも受け取れる文章を書いた事と、
多くの方が、私の無責任かついい加減な発言で気分を害されたことを
深く謝罪します。

弁解する気は御座いませぬが、
私の考えを言いますと、
研ぎ師と言う刀職は
言うまでも無く、刀鍛冶に負けず劣らず重要な職人だと思っています。
日本刀の発展、刀身の進化は研師と共に歩んできました。
刀身鑑賞の見所である刃文や地金は
高度な研ぎの技術を経て初めて鑑賞でき、
研ぎ師無しでは、
刀鍛冶は実力を発揮できません。
つまり研ぎ師は刀の魅力を決定する職人であり、
刀鍛冶は、研ぎ師が居ないと母親を無くした赤子のように無力な物だと言っても
言い過ぎでは無いと思います。
 故に私は、刀身を作る刀鍛冶も、その刀身を「日本刀」にする研ぎ師も
どちらが上と言う事はなく、どちらも重要であり
お互いを尊重するべきである立場だと
私は思っています。

66: 2006/02/23(木) 09:40:13 ID:8UMO1Z6j
 私が研ぎ師を例に出しましてた経緯はを説明します。
 日本人の中で、日本刀に興味を持ち、日本刀の愛好家も多いでしょう。
そんな思いを持った人間がそれを受け継ぎたいと思う事もあるはずです。
しかしそんな中にも、金銭面などで躊躇する人間も多いと思います。
 もし日本刀が好きで刀鍛冶を目指している人がいるなら、
道は一つでは無いと言いたかったのです。
前記の通り、研ぎ師は重要な仕事です。
いや、日本刀に携わる全ての職人の技量が高いからこそ、
日本刀は世界に誇れる美術品に足りえると思います。
 そんな中、刀の世界に携わりたい人間が、
存在だけが目立つ刀匠だけを目指し、他の職人を選択肢に入れず、
志半ばで挫折するこは好ましくないと思います。
どうしても刀匠になりたり人は別ですが
「刀に憧れて」刀匠を目指し、挫折する人がいるなら
その志を忘れず、刀匠に負けず劣らずの、
むしろ比較することがナンセンスであるくらい
各々に価値がある
他の刀職に弟子入りし、
そして未来の刀剣会を担う人間になれば、
現在の、そして未来の刀剣会にとって
とても価値のあることだと思います。

そう思い、上のレスをしました。

申し訳ありませんでした。

スポンサーリンク
68: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/02/23(木) 10:08:51 ID:hBJc/BHr
俺からすると貴重な話だけどな。
偉そうに批判する奴も何か。

江戸時代の様に武士が居るわけでもないし、帯刀本分軍人の居た皇軍もないわけだし。
自身の現代刀を打って貰うんなら、その金で古刀なりなんなりを買っちゃうのも多いだろうし。
国が少なからず作刀環境等の援助でもしてくれたら良いんだろうけどね。
刀に限らず日本の伝統工芸なんて多くが同じ危機に直面してるんだし、当たり前だけどどうでもいい事に税金使うぐらいならねえ。


戦時下の古式半鍛錬刀(昭和刀)とあんま変わらない時代か。



73: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/02/23(木) 14:28:50 ID:qxYSz58V
ほんの少しでも刀剣の世界にふれてみると
確かに研師の重要性というか地位がよくわかるね。
刀匠より威張ってる・・実際立場が上の研師は幾らでもいる。
見てて刀匠より研師の方が偉いんじゃないかとさえ思ってしまう。

刀を生かすも殺すも研ぎ次第だから当然と言えば当然だが
研師とか刀剣彫刻の人は知識見識が広く刀をより高いところから見ているような気もする。

しかし実際の研師の仕事は大変だね。とてもじゃないが自分でやってみようとは思わない。
刃の黒幕で肥後の守でも磨いてるのが精一杯だ。

75: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/02/23(木) 17:46:50 ID:FpwTtcrg
>>73
その決め付けはよくない。
威張ってる人は刀匠、研師、彫師、鞘師でもいる。
コレクターにも威張ってる人もいるし、その人の性格によりけり。

81: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/02/23(木) 22:32:52 ID:7Vll9tnN

粗悪乱造させないため、玉鋼の供給量にも限界がある
重要なのは技術、知識の伝承で刀の数を増やす事じゃ無い
どのみち沢山作っても買い手が居ない


と、建前はともかく実際は、刀の価格の値崩れを防ぐためッポイがな
刀の需要そのものが年々減っているので
数が増えれば供給過剰で値は下がる、一部大家は高いままだろうが
その他大勢の刀匠、流通、店等の利益が減るので制限してるんじゃ無いか、と

83: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/02/23(木) 22:54:10 ID:TzZeimup
>>1
刀よりナイフ職人になった方が金になるよ。

86: ます 2006/02/24(金) 01:20:39 ID:uUEK2qPV
ナイフじゃ駄目っすよ。やはり刀鍛冶です。金の為にしたい訳じゃないし。とわ言ったもののやはり生活がね 

93: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/02/24(金) 12:24:07 ID:Px2fm5nu
まぁ、厳しい世界なんですな

138: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/02/28(火) 22:21:50 ID:8BPPs5dG
で、刀鍛冶は国からの援助は一切ないのか?
いくら先進国とはいえもうちょっと文化を大切にしてもいいと思うのだが。

139: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/02/28(火) 22:33:22 ID:CufV5Kne
まさしく日本の文化であるから、刀鍛冶さんを大事にしてあげてください

140: 東風麿 2006/02/28(火) 22:50:31 ID:kODyzWRu
職人は追い込まれた時のほうが好い仕事をするらしいので、その辺を
狙ってんだろ。
まあ人間国宝になれば、援助してくれます。

142: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/02/28(火) 23:44:41 ID:Wbve7oSs
人間国宝になれば、年間○百万支給だったかな? 
まぁ刀鍛冶(人間国宝以外)は国からの援助はないが、いいスポンサーが付いてくれればいいわけだ。
そうすれば、人脈や政治力も付き人間国宝に辿り着く。
結局、腕だけでなく世渡りが上手くないと出世できないのですよw

148: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/03/01(水) 23:47:24 ID:gBN8Lhfp
>>140>>142
それでも月20万程度ですよ。>国からの援助
一応の名目は「生活の心配をせず、創作に励めるよう」だそうです。
ナメ腐ってま~す。

170: ます 2006/03/17(金) 21:10:59 ID:ZQcZ5JGG
研師の弟子として働けること
になったことをご報告します

172: 剣恒光 ◆yl213OWCWU 2006/03/17(金) 23:52:03 ID:OB6uNSZD BE:184275656-
>>170
おお!おめでとうございます!

174: 2006/03/18(土) 02:10:17 ID:NiMXoTP8
>>170 おめでとうございます。未来の刀剣界のためにお互い頑張りましょう!


この調子なら刃コテだけで拵え付き本身が作れる日も遠くないはず

171: 東風麿 2006/03/17(金) 21:42:54 ID:b/yGyiMw
かくしてまた一人、刀職のコテ誕生。
励まれよ。

コンクール優先で弾かれた、麿の平脇差なんとかしてくれ。
三ヶ月たつが音沙汰無しじゃ?

176: ます 2006/03/20(月) 19:45:19 ID:mm63wtgI
人間的に師匠が尊敬できない
。まずいな。変わってるが、
まさかあんな人間とは思わな
かった。給料が出るけど、あ
の人間性じゃ無理だ。他に、
給料でるとこないのかなあ

190: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/03/22(水) 16:35:10 ID:jvrNVUbX
あこがれて弟子になっても結局コソコソ逃げ出すのが多いんだよな。
だから5年辛抱して刀匠試験受験資格をもらうって結構たいへんなんだね。

ます :2006/03/17(金) 21:10:59 ID:ZQcZ5JGG
研師の弟子として働けること
になったことをご報告します
      ↓
ます :2006/03/20(月) 19:45:19 ID:mm63wtgI
人間的に師匠が尊敬できない
。まずいな。変わってるが、
まさかあんな人間とは思わな
かった。給料が出るけど、あ
の人間性じゃ無理だ。他に、
給料でるとこないのかなあ

・・・3日だもんな・・・


191: 名前なカッター(ノ∀`) 2006/03/23(木) 00:40:15 ID:sKc5tLVn
まさしく三日坊主ww

引用元: ・https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/knife/1140349230/