1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/29(日) 12:57:11.75 ID:rQ2m8MBS0
俺は別に逆賊だとは思っていないよ。西日本の人が言ってただけだからw
no title

2: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/29(日) 13:07:33.45 ID:WIEGsZEy0
武器密売で政府転覆を狙うテロリストの龍馬が美化されているコトと似ているな

5: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/02/10(金) 20:13:34.04 ID:RIRuB+CP0
近藤勇も土方歳三も武田騎馬隊の末裔

7: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/02/28(火) 15:54:53.66 ID:ZI7ty5Z40
百姓が侍に剣で凌駕したとこに萌えるんだろ。

8: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/02/28(火) 19:17:34.13 ID:jAVM3rdO0
禁門の変で京都一帯が炎上したのは新選組が放火したのが原因の一つらしいな

9: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/02/29(水) 22:50:29.02 ID:lGjgnLA20
今でいうと長州人や勤皇の志士の凶器準備集合罪を摘発する機動隊みたいなものだな。

15: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/03/03(土) 06:07:42.50 ID:BU7A8w9u0
機動隊というか憲兵隊。住民からは当然嫌われる。

10: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/03/01(木) 05:38:04.03 ID:dcseu6Fn0
テロリストから京都市民を守った恩人

11: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/03/01(木) 22:35:44.67 ID:ohYNTAvw0
創作とかで便利に使われてる人たちって感じかな。
あとバカが好きそう。

13: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/03/03(土) 04:12:28.24 ID:Axq2vDn0O
テロリストは維新側だったろ

16: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/03/03(土) 23:40:38.54 ID:RPvx3bCZ0
いちおう勘違いしないようレスすると…
維新側がテロリストとか言ってるガキは、政府が独裁政権の場合も考えろ。
徳川幕府は現代の先進国のような民主主義政権じゃないw
お上への抗議の場など初めから与えられないし、抗議などしたら容赦なく弾圧。
こんな恐怖政治の世に生きていたら、テロった方に拍手を送りたい。

149: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/08/26(日) 01:01:49.83 ID:v3TJR21o0
>>16
なんか勘違いしているっぽいな。確かにいわゆる近代国家のような国ではなかったけれど、箱(目安箱)ってのがあってね、幕府が倒れるまで続いてたんだよ。
身分制度も残ってはいたけど、その内実は欧米各国よりもゆるいものだった。
時くだって敗戦時の頃でも、アメリカ人は士官クラス以下には分盲の人間もいた。

17: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/03/04(日) 05:51:48.34 ID:mpIx+wWZ0
どちらもテロリストだった。

18: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/03/04(日) 16:46:22.30 ID:52YiYjK40
徳川幕府までは北朝鮮でいう金王朝とも言える
ひとつの家系が世襲で権力を握り続けたんだから
反幕府勢力はテロリストというよりは、それに対するクーデターだな

んで、日本が他の国と違って面白いのは
結局は正当性を主張するための天皇の取り合いがそこに入ってくる事かな

19: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/03/05(月) 11:07:25.24 ID:P007kNTE0
>>18 天皇側も長州征伐の勅を出したり、倒幕の勅を出したり右往左往していたな。

21: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/03/18(日) 00:49:05.51 ID:sKIODI5g0
幕府の犬

スポンサーリンク
22: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/03/18(日) 07:51:30.76 ID:Z4/edlsmO
偽勅やら錦旗捏造よりは、マシだと思うが。
新撰組がというのはちと違うんじゃないの。
維新側も幕府軍もお互い正しいと思ってぶつかった。
それだけ。
結局どっちが正しかったなんて維新側しか
残ってないんだから、分からない。

25: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/03/18(日) 10:38:17.21 ID:PfkfPAi1O
>>22
錦旗捏造ってなんだよwww
朝廷が薩長を認めたんだからどんなものでも錦旗だろ

23: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/03/18(日) 08:10:23.32 ID:ZTCK1txk0
勝てば官軍、負ければ賊軍。

37: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/03/20(火) 14:26:34.03 ID:dz4IZMfV0
そういえば新撰組の残党は函館戦争で全滅して大将の榎本武揚だけが明治新政府高官として生き残ったな。

42: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/04/28(土) 11:50:34.74 ID:3fPlOagE0
鴨の河原に千鳥が騒ぐ またも血の雨涙雨 武士という名に命をかけて 新撰組は今日も行く。

47: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/05/01(火) 22:24:18.65 ID:qrIpVk+p0
>>42
武士じゃなくて、ただの武士に憧れた百姓だろ

424: 名無しさん@お腹いっぱい。 2020/04/09(木) 22:41:35.97 ID:ETF3quvn0
>>47
そうだけど、それだけに純粋だった
というイメージがある

44: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/04/30(月) 10:55:18.69 ID:qWvj9jRL0
テロ対策特殊部隊

45: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/04/30(月) 13:35:08.96 ID:yfuF2B+z0
特高警察

50: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/05/03(木) 10:47:14.39 ID:qru2P/rK0
クズの集まりである東北を更に代表する会津の飼い犬。
ただそれだけ。

51: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/05/03(木) 16:24:42.46 ID:YVnGxVBz0
武士道に殉じた新撰組隊士こそ誠の武士

132: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/07/17(火) 16:02:00.42 ID:ojQrfnYt0
>>51
偽名使って敵方に投降するのは武士道に反しないのか?
金策したり脱走したやつらですら切腹させられてるのに

53: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/05/03(木) 18:41:18.37 ID:lBozlnZ3O
実はどん百姓だったことについては、薩摩士族も変わらない。
当時むしろ高級武士の方が惰弱であった。

槍刀が役に立たなかったことについては、治安警察だった時期には役立っている。
しかし軍隊ではなかった。

近藤勇は幕府要人を自称し、坂本龍馬暗殺の周辺に姿が見えるなど政治陰謀に手を染めたが、
結果は自らが主犯扱いされ首を斬られて、新選組も見付かり次第処刑となった。

58: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/05/10(木) 13:48:15.47 ID:QOF694Ej0
伊東カシタローという時勢を見る目をもって離脱した日和見主義者もいたな。

65: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/05/26(土) 23:13:28.85 ID:eOEmfZ210
勝てば官軍、負ければ賊軍

68: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/12(火) 10:33:32.05 ID:sSwgqxNjO
>>65
そう
つまり京都守護職お預かり云々・警察云々等々…
会津が勝ち組だっただけ
つまり『勝てば官軍』は鳥羽伏見までの新撰組のことです

70: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/14(木) 05:33:19.03 ID:jQIHhoXu0
結局>>1みたいにスレタイのような話にネタであろうと夢中なヤツらってのは
美化じゃなければ逆に誹謗中傷に一生懸命になるだけで同じようにドンドン歴史を歪めていく
そんなもん学問でもなんでもないだろ

71: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/14(木) 11:57:11.08 ID:BDtsJ40W0
と言うよりも、
歴史上の組織、人物、出来事など全ては
後世の時代の価値観に依って捉え方が変わるもの。

例えば逆賊として歴史上から葬り去られた楠木正成は
昭和十九年に回天特攻隊の精神象徴として英雄視されている。
回天の船体に描かれた菊水の紋は、まさに正成の掲げた旗そのものだ。

今後もその時代の価値観に合わせて、歴史の捉え方は常に変わっていく。

73: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/14(木) 12:50:59.69 ID:BiXgGTYw0
>>71
正論ですわ

72: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/14(木) 12:29:56.86 ID:8Er7WHo30
司馬遼太郎の、「燃えよ剣」「新選組血風録」の影響が強いんではないか。
かくいう私も、新撰組についてはこれらの小説でしか知らない。

75: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/14(木) 16:35:23.02 ID:YvQQvaa/0
美化されすぎなのは間違いない。
逆賊云々はどうでもいい。
時勢が変わる前は長州が逆賊だったし。
それに維新後逆賊認定みたいなのは全て許されたんじゃなかったっけ?

76: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/14(木) 17:14:59.77 ID:UMfGt3Zs0
戦前までは映画でも悪役だった>新選組
司馬の作品とかがメジャーになるにつれて扱いが変わった、これは龍馬にも
言えることだけど

79: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/15(金) 04:32:51.87 ID:9LOMaHNR0
新撰組は嫌いじゃないが、インパクトに欠けるよな。
やってきたことが人斬りばかりじゃ、暗い印象しか残らない。

86: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/19(火) 15:56:02.14 ID:9yAcePpGO
結局は誰がつをいか?
新撰組ヲタの脳内はそれだけ

95: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/07/09(月) 16:16:33.45 ID:5t3xRUM30
しかし敗者の美学というものがある。
男なら物理的な観点からの勝利より、心や精神を尊ぶロマンがあっても良いのでは無かろうか。

116: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/07/14(土) 04:10:11.86 ID:W5xgtBFl0
別に維新の立役者だったって坂本みたいに過大評価されてない。
ただ特殊部隊ものに青春要素を盛り込んだ創作なだけ。

123: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/07/15(日) 22:08:22.50 ID:KZFebLTD0
>>116
むしろ新撰組は維新の障害物だろ

118: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/07/14(土) 19:43:39.66 ID:OiioPLtr0
禁門の変の京都どんど焼けの主犯らしいな
「なにが池田屋で京都を火の手から救った」だ
こいつら自身が京都の敵じゃねえか

120: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/07/15(日) 04:36:20.28 ID:4B+/eNSl0
容姿が美化されてる点については誰も否定できんな。

121: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/07/15(日) 06:48:09.64 ID:VyEHps3V0
新選組の何が凄いのか全くわからん…
そろいの特攻服みたいなのも、かっこいいとは思えないし
女性が好む要素があるのはわかるけど

135: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/07/17(火) 19:19:07.63 ID:GJWSU+Yh0
新選組って必ず大勢で一人をボコってたんだよね
まあ、必勝への常套手段だけど
あと、背後から切りつけたり、無抵抗な状態を襲ったりとか

142: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/07/25(水) 01:40:26.93 ID:/ihiBg7v0
>>135
一対一の決闘で勝つことに意義がある=騎士道精神ではあるが
土方の士道とは違うね
家臣が主君に楯つくのは士道不覚語とみなしてはいるけれど

勝たなきゃ意味がない、勝つための合理性を追求する戦術の鬼才は
現代の感覚でいう正々堂々とはまったく違うね

153: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/09/09(日) 15:33:35.23 ID:DH0KlO610
いわゆる判官びいきでしょ。
楠木正成だって今の皇統からみれば逆賊だし。

156: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/26(金) 11:07:21.09 ID:d4ORUb290
結局唯一の功績である池田屋の件も
都合の良いでっち上げで襲撃しただけだからなあ

哀れなゴーストファイターだ

175: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/02/10(日) 12:09:59.68 ID:ZeRyke4P0
新撰組、確かにカッコいいけど

悲しいかな

学がなかった・・・

177: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/04/07(日) 21:46:40.13 ID:Sl81BClNO
以前にも書いたが新撰組の壬生狼と言われた
武勇伝の数々は芹澤局長あってのもの。

その芹澤局長を酔わせたうえに
複数人で襲撃して粛正した手口は
陰湿という他ない。

179: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/11(火) 08:51:33.26 ID:c9EwJRtf0
っていうかあの時代みんな同じような事やってたしな。

180: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN ID:/QljSEGD0
新撰組が命かけて戦いぬいたからこそ、今自分たちが生きていけてるんじゃねぇのか?
無能な君たちは新撰組を叩くしかできねぇのか?
実際君たちだって、アメーバやらニコタで自分を美化したことないって胸はって言えんのかって話だ。
自分だって美化してる割にぁ偉そうなこと言ってんじゃねぇか。
今すぐ新撰組に謝れ。
大体美化した奴が悪いのに、新撰組自体を悪く言う意味がわかんねぇ。
美化されているって話のくせに、ただのスレチじゃねぇか。
日本語わかってねぇくせによくそんな戯れ言言えるんだな。
頭おかしいだろ(笑)

181: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN ID:z6soUSCM0
お、おう・・・

182: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN ID:yW1p7bmV0
少なくとも俺が今生きているのは、新撰組のおかげでないことは確実

184: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN ID:wKMSuoS+0
新撰組は認めないが
土方だけは凄いと思う
下手な明治政府の要人より優秀だと思うし
もし明治政府側なら色々変わったと思う

185: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN ID:HklLnCwEO
もし土方の写真が残っていなければここまでの人気はないだろうね

沖田は写真撮らなかったのか 紛失したのか…残念

スポンサーリンク
188: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:oN5HP9OR0
「燃えよ剣」の土方に感情移入してる幕末オタが多すぎて笑える
今の世の中に流布してる土方のイメージは、しょせん司馬の小説が元だからな
新撰組といったら近藤勇なのに、ほとんど話題に上らないw

190: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:G1hHrfxu0
>>188

「竜馬がゆく」の坂本に感情移入している幕末オタはもっと多いが。
あれも司馬の小説だけど・・。

192: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:f5PgpGGJP
>>188
まぁ、土方さんは顔がいいですからね。
良くも悪くも。
沖田もファンの間では美少年になっちゃってるし、
あまりお顔のよろしくない局長は、どうでもいいんでしょう。

217: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/20(木) 12:25:34.48 ID:VkyuCv2PO
商業主義に乗って既にキャラクター商品化してて
もてはやしている奴らも何やったかよく知らないまま
イケメンアイドル集団扱いしてるような状況だからなあ
自分も昔はよく知らずにカッコイイネーとか言ってたけど
歴史の勉強してこいつらの正体がわかってよかった

218: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/20(木) 21:44:56.50 ID:or5LUNzW0
>>217

それは坂本龍馬にも言えることだ。龍馬なんかはよく「純粋に日本の事だけを考えていた正義漢」みたいな感じに言われているけど。
いろは丸事件等かなり悪どい事をしていているし、大政奉還だって龍馬独自の考えみたいな事を言われているが、幕閣の意見を無断拝借しただけの事。

227: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/05/15(木) 23:34:15.46 ID:br+OvQJQ0
新撰組って目指すところがよくわからんのだよな
立身出世はそれなりにできたと思うが、目標が不明確だから裏切りが多かったんだと思う
何よりトップの近藤が途中から勘違いして遊びすぎた
あげく組織経営に行き詰まってリストラしまくってる会社の見本みたいな集団
社員がかわいそうです

254: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/11/17(月) 12:11:00.01 ID:Qe9rXNG20
話が変わるが、近藤一派と芹沢が不仲だったということはないだろうな。

芹沢鴨ほどの男が用心を怠ったところを見ると
むしろ仲は良かったのではないかと思える。

281: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/01/14(水) 01:24:26.32 ID:KXnAUpKq0
司馬遼太郎の小説によって変に美化されてしまってる感は否めないね
フィクションによって完全に神話となってしまった

283: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/01/14(水) 21:09:10.54 ID:hRaXwWJW0
敵を倒した数より味方を多く粛清してる団体だからな

286: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/01/17(土) 19:09:05.80 ID:iV+sbpox0
もともと浪士組のコンセプトは攘夷のための義軍だったのに、
コンセプトから外れて悪目立ちしたから、
捕方役人もどきに成り下がって攘夷派を取り締まるようになったんだろうな

287: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/01/21(水) 05:58:33.71 ID:M/7HKuRB0
>>286
もともとのコンセプトに戻すために、
伊東甲子太郎らをわざわざVIP待遇で入隊させたのに、
だまし討ちで暗殺するんだから、頭わるすぎるだろ

近藤らは組織の動かし方がダメすぎる
結局御陵衛士らに報復されて、
さむらい扱いされず、ぶざまに処刑されてしまってる

290: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/01/21(水) 22:59:56.37 ID:4fejDIQuO
正直 伊東暗殺したのが行けんかったな。

323: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/05/24(日) 23:39:40.33 ID:IFjcYRNg0
みなさんゎ新撰組のだれがすきですかぁあ?
ゎたしゎゃっぱり沖田くんかなぁ

引用元: ・https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history2/1327809431/