1: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:10:39 ID:G91
あとは?
no title

2: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:11:06 ID:o1d
他殺と見せかけた自殺

3: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:11:13 ID:EcV
記憶喪失

6: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:12:50 ID:G91
>>3
記憶喪失の主人公が謎を解明する→自分が黒幕でしたが多すぎる

4: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:11:25 ID:CQt
登場人物の名前が多い上に覚えにくい

5: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:12:35 ID:o1d
>>4
西澤保彦は珍名ネーミングが多すぎて
たまに内容が頭に入らないことがある

7: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:13:03 ID:0Ku
皆の善意が被害者を追い詰めてました展開

9: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:16:37 ID:hb6
叙述トリックは九割型萎える
残り一割は最高やけど

11: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:19:33 ID:G91
>>9
シャッターアイランドは騙されたな全員仕掛人とは

10: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:19:03 ID:jox
死体を見ているのに脳が認識していなかった
四肢が既に切断されてて箱に入れて持ち運べた
顔を認識できない障害だった
死者を弔うためにしていたことだった
催眠術で記憶を弄って異能力バトルさせていた

ここらへん

12: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:22:03 ID:odQ
>>10
好きなんだけどね・・・
でも塗仏は流石に便利すぎる

13: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:23:10 ID:o1d
>>10

> 死体を見ているのに脳が認識していなかった

京極夏彦の作品であったなぁ…確かに、なんじゃそりゃってなった

18: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:26:29 ID:e8T
>>10
死というものを理解できていなかった、なんてのもあったな

スポンサーリンク
15: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:25:26 ID:odQ
衝撃のどんでん返し!
とかいう叙述トリックですよというネタバレになりかねない帯

19: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:28:25 ID:enJ
殺人鬼と一緒にいられるか!俺は部屋で寝させて貰う!

24: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:33:06 ID:p7m
わかりにくい文章からの実はもう一人登場人物がいた的なやつ
ロートレック荘お前のことやぞ

25: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:33:42 ID:yPj
魅音が詩音で詩音が魅音

まあこれは納得したけど羽生は
no title

27: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:34:47 ID:738
>>25
ウィルスのがアレやろ

30: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:35:39 ID:L9s
ワイが人を殺せたのは館の力で飛んだり高速移動したからやで
あっ最初のワイの死体は作ったもんやで

31: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:35:43 ID:odQ
叙述トリックは基本卑怯だと思う
でも作中人物が意図的に書いた手記って体裁なら許せる

32: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:38:17 ID:NFE
車にスズメバチ放って殺したろ!

35: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:40:12 ID:p7m
異邦の騎士はびっくりしたわ
no title

37: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:41:31 ID:odQ
葉桜は落ち着いたら
だからなんだよ、きっしょいわとしか思わなくなった

39: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:42:34 ID:hb6
>>37
めっちゃわかる
だからなんやねんみたいな叙述トリックほんま嫌い

41: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:53:37 ID:LJh
だいたいアガサクリスティーのせい定期
読者が犯人然り全員犯人然り

42: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:55:16 ID:gTU
ミステリーものとは違うけど逆転裁判のトリックは無茶苦茶だけどすき

44: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:55:56 ID:6g8
車椅子のやつが歩けた

46: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:56:42 ID:G91
障害者のふりは許せるかな

48: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:57:50 ID:gTU
>>46
DL6号事件を忘れるな

47: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:57:41 ID:JhM
アガサとか言うミステリ作家の未来を奪った畜生

50: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:59:10 ID:Drq
ファイトクラブすき ミステリーとは違うけど
きちんと伏線張ってれば二重人格だろうが双子だろうがええわ

57: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)22:06:21 ID:Nfw
>>50
最後こそめちゃくちゃやけど
途中から「ひょっとしてこういう事やろか……?」って思わせたり思わせなかったりして
タネ明かしのシーンで驚きながらも納得できたな

58: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)22:06:22 ID:G91
トリックやけどインチキ超能力者に混じってガチの超能力者出てくるのすき

59: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)22:08:30 ID:gTU
こういうの見ると、ひねった作品より
少しトリックガバッてても王道をいくコナンってすごい

60: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)22:09:57 ID:QLA
>>59
コナンと金田一ってほんまうまいと思うわ
大人になって読むと失笑やけど子供の頃に読むと納得感あって楽しめる絶妙なライン維持してる気がする

62: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)22:11:36 ID:Nfw
>>59
コナンはほんま
ようあのペースで絵も描きながらネタ考えられるわと驚かざるを得ない

65: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)22:12:41 ID:8vH
メメント面白かったけど解説読んだらちょっと萎えたわ

66: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)22:12:44 ID:o1d
コナンはもっとガチなトリックも考えられるけど、
「犯罪者に真似されると怖いから」って理由でわざとガバ目にしているらしいね

69: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)22:14:05 ID:x8a
>>66
ガチなトリックやって警察にお呼ばれした作家おるらしいな

71: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)22:15:27 ID:o1d
>>69
それは初耳…誰なのか分かる?ちょっと気になるわ

74: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)22:16:27 ID:x8a
>>71
すまんトリックそのものはガチってほどでもないけど三億円事件の時
その前に大藪春彦がそっくりなの書いてて警察に参考人として呼ばれたのはガチやで

スポンサーリンク
72: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)22:15:29 ID:6eD
ただの自殺だったときは萎える

78: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)22:19:09 ID:Mf0
何でもかんでも密室なり孤島にするのは萎えるけど、この状況下で推理せんとあかんって必然性ないのも嫌い
今まで苦労して解き明かした事象が、これ普通に警察呼んで科捜研の女が検死すりゃ一発じゃね?って感じの

82: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)22:24:39 ID:Avt
20年以上前に書かれたの読むと「そんなんスマホ(orネットor監視カメラ)使えばすぐ解決やんけ」
みたいなのがよくあって萎えはしないけど純粋に楽しめなかったりする

83: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)22:27:55 ID:Mf0
>>82
また将来に現代のやつ読むと、密室トリックとかも「こんなん光学迷彩着てるだけかもしれんやんアホクサ」ってなったりしてそうやな

86: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)22:34:55 ID:EcV
>>83
SF短編でミステリーやらかした筒井康隆ぐうすこ
まあオチは単純と言えば単純なやつやったけど、よく考えりゃSFとかいうデタラメ世界の話をしとるのに「単純やなあ」と素直に思わせることができるのはすごいわ

84: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)22:28:13 ID:o1d
「犯行時に指紋を残さないように手袋をする」とか
「冷房や暖房で死体の殺害時刻を誤魔化す」とか
「ちょっとした血でもルミノール反応が出る」とか
捜査の定石をミステリ小説や刑事ドラマが流行ったせいで一般人も知ることになり、
それを対策した犯罪者による事件が多くなって捜査が面倒になったって話を
以前、何かの本で読んだが、

逆にミステリ小説のトリックを参考にしたおかげで、
迷宮入りになりそうだった事件が解決できたってこともあるのかねぇ

85: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)22:32:59 ID:QLA
全ての事件の実例のノウハウが全刑事に共有されてるわけでもないやろし
実例の有無にかかわらず小説という媒体を通じて担当刑事に発想を与えてるのは無くはないんちゃうか

87: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)22:36:10 ID:o1d
>>85
事件の解決の参考になったりしたらミステリー作家なんて凄い嬉しいだろうね

88: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)22:46:52 ID:Nfw
熟練ミステリー作家が本気で殺意持ったら
完全犯罪できちゃうんやろかねぇ…

92: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)22:51:02 ID:o1d
>>88
山村美紗はエッセイで
「むかし近所に凄い嫌な住民(中年女性)が居て、毎日嫌がらせをされていた。
完全犯罪のトリックを考え付いたから実行してやろうと思ったけど、
結局自分(山村)が引っ越すことで解決することにした」
みたいなことを半分ジョーク混じりで語っていたわw

94: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)23:14:31 ID:738
慟哭
そして誰もいなくなった
アヒルと鴨のコインロッカー

あたりすこ

93: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)22:52:23 ID:0m5
小説家が冤罪事件を解決した実例はあるわな

引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1518696639/