ちえぶくろ速報

雑学、無駄知識、役立つ小技、くだらなすぎて笑えるネタをお届けするまとめブログです

            おすすめサイト様                   今週のニュース

    カテゴリ: 怖い話

    1: 名無しさん 2014/04/08(火)21:37:47 ID:ZFHpkhzlv
    家賃半額の部屋なんだが、どーやらなんかいるっぽいんで
    対策とかお願いします
    no title

    【事故物件住みだけど、なんかいるっぽいからタスケテ!】の続きを読む

    ※納得のラインナップで笑ってしまいますw ホラーとギャグは紙一重ですね
    こちらはスマホの方のための動画リンク版です。PCの方や回線に自信のある方は視聴に便利な「動画埋め込み版」をどぞ

    1: 湛然 ★ 2018/08/14(火) 22:35:39.81 ID:CAP_USER9
    2018年8月10日 7時30分 gooランキング
    歌詞に女の執念を感じる歌ランキング

    歌の数だけ歌詞がある。今までにリリースされてきた数々の楽曲にはそれぞれさまざまな思いを綴った歌詞が存在します。ときに聞き手の共感を誘い、ときに聞き手に感動を与える歌詞。
    中には“女の執念”のような強い思いが刻まれているものも。そこで今回は、歌詞に女の執念を感じる歌について探ってみました。

    1位 うらみ・ます
    2位 待つわ
    3位 部屋とYシャツと私
    ⇒4位以降のランキング結果はこちら!
    https://ranking.goo.ne.jp/column/5301/ranking/51402/

    1位は『うらみ・ます』!
    ノスタルジックで哀愁が感じられる曲を強く歌い上げることで多くの人を魅了する中島みゆき。彼女が手掛ける歌詞は個性的な言葉を紡ぐことで知られています。
    中でもひときわ異彩を放っているのが1980年にリリースされた『うらみ・ます』。男性に騙されふられた女性の心境を表したこの歌詞には、男性のことを死ぬまで恨むというフレーズが何度も繰り返し使われています。
    オブラートに包まずにダイレクトに恨み節を綴ったことから、女の執念をひしひしと感じた人が多数。1位となりました。

    2位は『待つわ』!
    軽快なリズムと曲調で耳なじみのよいあみんの名曲『待つわ』。誰もが一度は耳にしたことがあるであろう往年の名曲です。この曲の歌詞は一途な女性が、好意を寄せている男性が振り向いてくれるまでいつまでも待つという内容。
    自分のことを卑下しながらそれでもただひたすら待つという歌詞に、恐ろしいほどの執念を感じるという人が多数。曲調が比較的ライトなだけに、重々しい歌詞とのギャップに驚いた人も多く、2位となりました。

    3位は『部屋とYシャツと私』!
    平松愛理の代表曲であるこの曲。柔らかでかわいらしい声で歌われていることから、一見ラブソングだと思われがち。しかし歌詞をよく見ると、静かに夫を束縛する毒妻の行動が見え隠れします。
    そんなしたたかな妻の言葉を歌詞を通じて見ることで、怖いほど妻の執念を感じた人が多数。3位となりました。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)
    no title

    【【スマホ用】歌詞に女の執念を感じる歌ランキング【全曲リンクあり】】の続きを読む

    ※女の執念の名曲たち。そうそうたるラインナップですw
    全曲動画埋め込みなのでPC推奨です。スマホの方はもう片方の「リンク版」をどぞ

    1: 湛然 ★ 2018/08/14(火) 22:35:39.81 ID:CAP_USER9
    2018年8月10日 7時30分 gooランキング
    歌詞に女の執念を感じる歌ランキング

    歌の数だけ歌詞がある。今までにリリースされてきた数々の楽曲にはそれぞれさまざまな思いを綴った歌詞が存在します。ときに聞き手の共感を誘い、ときに聞き手に感動を与える歌詞。
    中には“女の執念”のような強い思いが刻まれているものも。そこで今回は、歌詞に女の執念を感じる歌について探ってみました。

    1位 うらみ・ます
    2位 待つわ
    3位 部屋とYシャツと私
    ⇒4位以降のランキング結果はこちら!
    https://ranking.goo.ne.jp/column/5301/ranking/51402/

    1位は『うらみ・ます』!
    ノスタルジックで哀愁が感じられる曲を強く歌い上げることで多くの人を魅了する中島みゆき。彼女が手掛ける歌詞は個性的な言葉を紡ぐことで知られています。
    中でもひときわ異彩を放っているのが1980年にリリースされた『うらみ・ます』。男性に騙されふられた女性の心境を表したこの歌詞には、男性のことを死ぬまで恨むというフレーズが何度も繰り返し使われています。
    オブラートに包まずにダイレクトに恨み節を綴ったことから、女の執念をひしひしと感じた人が多数。1位となりました。

    2位は『待つわ』!
    軽快なリズムと曲調で耳なじみのよいあみんの名曲『待つわ』。誰もが一度は耳にしたことがあるであろう往年の名曲です。この曲の歌詞は一途な女性が、好意を寄せている男性が振り向いてくれるまでいつまでも待つという内容。
    自分のことを卑下しながらそれでもただひたすら待つという歌詞に、恐ろしいほどの執念を感じるという人が多数。曲調が比較的ライトなだけに、重々しい歌詞とのギャップに驚いた人も多く、2位となりました。

    3位は『部屋とYシャツと私』!
    平松愛理の代表曲であるこの曲。柔らかでかわいらしい声で歌われていることから、一見ラブソングだと思われがち。しかし歌詞をよく見ると、静かに夫を束縛する毒妻の行動が見え隠れします。
    そんなしたたかな妻の言葉を歌詞を通じて見ることで、怖いほど妻の執念を感じた人が多数。3位となりました。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)
    no title

    【【PC用】歌詞に女の執念を感じる歌ランキング 【全曲埋め込み動画あり】】の続きを読む

    ※正直イマイチな話なのと文章が下手なので、まとめるか迷ったのですがせっかくなのでw
    読みにくい文章については管理人が整理しましたが、それでもまだ読みくいかもしれません。すみません

    1: 2015/01/23(金)00:17:38 ID:vXo
    質問とかあるかな?
    no title

    【【あまり面白くないかも】俺がお化け退治の仕事をはじめたきっかけ】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)20:27:40 ID:99z
    有名どころよりマイナーな面白いのが知りたい
    no title

    【【画像もあるよ】皆の知る妖怪、化物、怪異について教えてくれ】の続きを読む

    ※映画のシーンとはいえスプラッタ系もあるので、苦手な方は閲覧注意です

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/19(木)21:14:14 ID:mKU
    ワイは未だにトラウマになったホラー映画に出会ったことがないんや リングも対してトラウマってレベルには達しなかったし
    no title

    【【閲覧注意】ガチでトラウマになったホラー映画って何かある?】の続きを読む

    ※微妙に閲覧注意・・・かもしれません

    1: 既にその名前は使われています 2018/01/16(火) 16:21:26.03 ID:XB3hGT20
    枕返し?だな
    ある日おきたら大人になってるやつ
    no title

    【地獄先生ぬーべーで一番怖かった話】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/11/22(土)17:20:13 ID:Fan
    追加、修正大歓迎
    というか俺のホラー映画に関しての知識が余りにも疎いから是非お願いしたい
    誰か詳しい人お願い

    S:富江
    A:貞子 佐伯伽耶子
    B:フレディ バタリアンゾンビ
    C:ジェイソン 水沼美々子 
    D:貞子(量産型)佐伯俊雄
    E:一般ゾンビ
    no title

    【【暑いので】ホラー映画キャラの強さ議論してランキング作ろうぜ】の続きを読む

    ※一応「閲覧注意」でお願いします
    暑いのでホラーコピペまとめです。いわゆる「八尺様」とか「リアル」みたいな有名どころではないやつをまとめています。色付きレスは、レスが複数に分かれていても同じ話になっています。
    後半はひたすらコピペだけです。色付きと色無しが交互に出てきますが、読みづらい・分かりづらいなどあれば教えていただけると嬉しいです

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/01/11(月)00:12:05 ID:gN6
    おんJでもオカルトな話がしたいやで

    さぁコピペに実体験にどんどん張っていってクレメンス
    no title

    【【オカルト】怖い&不思議なコピペまとめ【ホラー】】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/08/04(火)02:37:48 ID:t8F
    とにかく暇なんだそして暑い
    意味怖とかでもいいから皆で怖い話しようぜ
    no title

    【夏だし暑いし怖い話しようぜ】の続きを読む

    このページのトップヘ