ちえぶくろ速報

雑学、無駄知識、役立つ小技、くだらなすぎて笑えるネタをお届けするまとめブログです

            アンテナニュース                   今日のニュース

    カテゴリ: 怖い話

    ※閲覧注意とは書きましたが、笑っちゃうエピソードが多い気もしますw

    1: 愛と死の名無しさん 2017/12/04(月) 22:58:29.85 ID:kIy6Fp/w
    好きな人に連絡先を渡せる形式のパーティで7人から連絡先を貰いその中の一人とカップルになった。
    カップルになった人から毎晩電話が来て
    色々話して仲良くなり
    実は連絡先を渡して来た7人は職場の仲間で誰かが私とカップルになったら会う約束を取り付け林間するつもりだったと明かされた。
    危険だから誰にも連絡しないでと言われて
    俺が守るから付き合ってくれと言われたけど、速攻着信拒否した。
    konkatsu_party_omiai

    【【閲覧注意】本当にあった婚活の怖い話・裏話】の続きを読む

    ※少しホラーな画像もあるので苦手な方は閲覧注意かもです

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)21:36:10 ID:hq4
    うみねこについて語ることは許されない
    no title

    【「ひぐらしのなく頃に」の思い出(少し閲覧注意)】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 19/08/15(木)05:09:20 ID:zDO
    だってホラー映画って作りものやん?
    本当になんかわからないものが写りこんでしまったとかならわかるけど
    役者が演じてるの見てもびっくりするけど怖くはないやん?
    ネットのわけわからん動画の方がずっと怖い
    no title

    【ホラー映画が怖い ←これがまったくわからない】の続きを読む

    1: muffin ★ 2019/08/09(金) 12:30:39.39 ID:MlDaOet99
    https://animageplus.jp/articles/detail/27674

    大日本印刷(DNP)が丸善ジュンク堂書店、文教堂及びトゥ・ディファクトと共同で運営するハイブリッド型総合書店honto。hontoサービス実施店の丸善、ジュンク堂書店、文教堂、啓林堂書店とhontoサイトで購入された書籍や電子書籍のデータをもとに集計した『honto史上最強のホラー小説ランキング』が発表された。(集計期間:2012年5月17日~2019年6月30日)

    堂々の第1位は小野 不由美による「残穢」。転居したマンションの一室から始まった怪奇現象は、怨みを伴う死が「穢れ」となり感染するという恐ろしい展開。原因がわかってもどうすることもできず、じわじわと逃げ場がなく追い詰められる恐怖こそ、ホンモノの怖さだと感じる圧巻の一冊。

    2位には人気ミステリー作家 米澤穂信のデビュー作『氷菓』、 3位には猟奇犯罪をテーマにホラーとミステリーを融合させた作風で人気の高い『ON(オン) 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』がランクイン。ホラーとミステリー要素が同時に味わえる作品も人気が高いことが伺える。

    注目は、人間の恐ろしさを描く作品が数多くランクインしていること。7位の貴志 祐介による『黒い家』は、生命保険詐欺をテーマに保険金を狙う猟奇殺人鬼を通して人間の暗部や闇を映し出している作品。8位の五十嵐貴久による『リカ』は、妻子を持つ平凡な会社員が出会い系で知り合った女性に常軌を逸したストーキングをされるという、ネット×ストーカーによる恐怖を描いた小説だが、人間によるストーカーの怖さに加えて、日常が少しのきっかけで平穏な日常が崩れ去ってしてしまうという怖さを突きつけられる。


    ▼1位~10位
    1位:残穢 (新潮文庫) / 小野 不由美 / 新潮社
    2位:氷菓 (角川文庫 <古典部>シリーズ) / 米澤 穂信 / KADOKAWA
    3位:ON (角川ホラー文庫 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子) / 内藤 了 / KADOKAWA
    4位:記憶屋 1 (角川ホラー文庫) / 織守 きょうや / KADOKAWA
    5位:ぼぎわんが、来る (角川ホラー文庫) / 澤村 伊智 / KADOKAWA
    6位:黒い羽 (光文社文庫) / 誉田 哲也 / 光文社
    7位:黒い家 (角川ホラー文庫) / 貴志 祐介 / 角川書店
    8位:リカ (幻冬舎文庫) / 五十嵐 貴久 / 幻冬舎
    9位:夜市 (角川ホラー文庫) / 恒川 光太郎 / KADOKAWA
    10位:ホーンテッド・キャンパス 1 (角川ホラー文庫) / 櫛木 理宇 / KADOKAWA

    ▼11位~20位
    11位:不死症 (実業之日本社文庫) / 周木 律 / 実業之日本社
    12位:私と踊って (新潮文庫) / 恩田 陸 / 新潮社
    13位:悪の教典 上 (文春文庫) / 貴志 祐介 / 文藝春秋
    14位:記憶屋 2 (角川ホラー文庫) / 織守 きょうや / KADOKAWA
    15位:きのうの影踏み (角川文庫) / 辻村 深月 / KADOKAWA
    16位:記憶屋 3 (角川ホラー文庫) / 織守 きょうや / KADOKAWA
    17位:玩具修理者 (角川ホラー文庫) / 小林 泰三 / 角川書店
    18位:風の名前 1 (ハヤカワ文庫 FT キングキラー・クロニクル) / パトリック・ロスファス / 早川書房
    19位:Another 1下 (角川文庫) / 綾辻 行人 / KADOKAWA
    20位:夜葬 (角川ホラー文庫) / 最東 対地 / KADOKAWA

    ▼21位~30位
    21位:殺戮にいたる病 新装版 (講談社文庫) / 我孫子 武丸 / 講談社
    22位:殺戮にいたる病 (講談社文庫) / 我孫子 武丸 / 講談社
    23位:ホーンテッド・キャンパス 4 死者の花嫁 (角川ホラー文庫) / 櫛木 理宇 / KADOKAWA
    24位:狩人の悪夢 (角川文庫 火村シリーズ) / 有栖川 有栖 / KADOKAWA
    25位:血の季節 (宝島社文庫) / 小泉 喜美子 / 宝島社
    26位:かにみそ (角川ホラー文庫) / 倉狩 聡 / KADOKAWA
    27位:ホーンテッド・キャンパス 3 桜の宵の満開の下 (角川ホラー文庫) / 櫛木 理宇 / KADOKAWA
    28位:ふちなしのかがみ (角川文庫) / 辻村 深月 / KADOKAWA
    29位:首無の如き祟るもの (講談社文庫) / 三津田 信三 / 講談社
    30位:昨日の僕が僕を殺す 1 (角川文庫) / 太田 紫織 / KADOKAWA

    続きます

    【【は?】史上最恐『ホラー小説ランキング』 2位に氷菓】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/08/01(木) 17:01:05.26 ID:EdoAloJia
    no title

    【ネット民が嫉妬のあまり力説! 1日で年収分稼ぐ「パパ活」の恐怖】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/03(木)02:34:14 ID:DgM
    東海村が俺的にベスト怖E
    no title

    【【閲覧注意】日本を含む世界的にやばい事件】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/14(土)08:46:56 ID:spP
    怪談、都市伝説、実話、体験談なんでもどうぞ
    no title

    【【閲覧注意】怖い話スレ 夏の風物詩】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/08/22(土)19:51:23 ID:bQj
    人気無いからあんまホラーアニメ無いんだよな?

    【お前らってホラーアニメ嫌いなの?】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/07/17(日)09:32:53 ID:3Ep
    まず俺からな
    「殺戮にいたる病」安孫子武丸
    no title

    【夏に読むべきホラーやミステリー小説あげていこうぜ】の続きを読む

    ※微妙に閲覧注意(ホラー苦手な方)

    101: 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)20:36:33 ID:mXZ
    ■レストストップ(Rest Stop)

    【監督】ジョン・シャイバン
    【ジャンル】笑えるホラー/バイオレンス
    【公開年】2006年
    【シリーズ】
    「レストストップ」「レストストップ2」

    <映画>
    彼氏と車で旅に出たヒロインが道中の休憩所で殺人鬼に遭遇し、恐怖に晒されるさまを描いたパニック・スリラー。
    別名「トイレ映画」といわれるほど、トイレが出てくるシーンが多いのも特徴。
    監督はドラマ「スーパーナチュラル」「ブレイキング・バッド」の脚本を手がけたジョン・シャイバン。
    筆者は続編を観ていないが、1作目よりも仕上がりが良いそうだ。

    <あらすじ>
    ニコールはある日、ボーイフレンドのジェスと一緒にテキサスからハリウッドを目指す旅に出た。
    道中で黄色いトラックと衝突しかけるハプニングにも遭うが、
    やがてニコールのトイレ休憩のため、人気のない休憩所へ立ち寄ることに。
    しかし、彼女がトイレから出てくると、ジェスの姿が見当たらず車も消えていた。

    no title

    【夏なのでオススメのホラー映画を紹介していく[後編]】の続きを読む

    このページのトップヘ