ちえぶくろ速報

雑学、無駄知識、役立つ小技、くだらなすぎて笑えるネタをお届けするまとめブログです

            おすすめサイト様                   今週のニュース

    カテゴリ: お金

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/29(木)10:33:43 ID:xoL
    捕まらないで大金ゲットて難しくね?
    no title

    【【妄想実験】デスノートをゲットしたとして、大金を手に入れる方法】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/05/31(火)12:50:37 ID:U3R
    200万円を元手に副収入を得られるようなビジネスをしたいんや
    金額的に無理があるけど例えば家賃収入とか駐車場収入とか、そういった類の
    大阪住みで持ち土地、持ち家はなし
    収入額については元手に毛が生えるくらいでええねんけど、誰か詳しいニキいないンゴ?
    no title

    【【副業アイデア】金儲けに詳しいニキ、良い方法を教えてクレメンス】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/09/09(土)20:02:47 ID:yUD
    両方だろ(´・ω・`)
    no title

    【詐欺は騙すほうが悪いのか それとも騙される方が悪いのか?】の続きを読む

    1: プティフランスパン ★ 2018/12/03(月) 13:58:44.73 ID:CAP_USER9
    no title

    MARYMONDのwebサイト。カラフルな商品が並ぶ。

    TWICEのメンバーがTシャツを着用していたことが話題となった、元慰安婦の女性たちへの支援活動を行っている韓国ブランドが12月8日、ついに日本に上陸する。ブランド名は「MARYMOND(マリーモンド)」。

    政権交代や#MeToo運動の盛り上がりを受け、韓国で急成長を続けるソーシャルベンチャーだ。

    ■ 元慰安婦の女性たちを「花」のモチーフに
    no title

    ソウル市内にあるMARYMOND。花にたとえられた元慰安婦の女性たちの「物語」が店内の至るところに。

    日本では、若者が慰安婦問題を学ぶスタディツアーなどを開催している一般社団法人・希望のたね基金(キボタネ)と提携。「MARYMOND JAPAN(マリーモンドジャパン)」としてウェブサイトを中心に販売するほか、12月8、9日に開催予定のローンチイベントでも購入できる。

    マリーモンドは韓国の若者が立ち上げたライフスタイルブランドで、スマホケースやノートなどの雑貨から男女の洋服まで幅広く展開している。元慰安婦の女性たちをナデシコや桃の「花」にたとえ、商品の多くに花のモチーフがあしらわれているのが特徴だ。

    売り上げの一部は元慰安婦の女性たちや虐待被害に苦しむ子どもたちへの支援に使われており、これまでBTSやWanna One、miss A、SEVENTEENなど多くの韓国の人気アーティストらが同社の商品を身につけていることがメディアやSNSで報告されている。

    ※ 全文は記事でご覧ください
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00010000-binsiderl-soci
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00010000-binsiderl-soci&p=2

    【【悲報?】BTSやTWICEなど、韓国アイドルが着用する慰安婦支援ブランドが日本上陸してしまう】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★ 2018/11/28(水) 11:22:33.19 ID:CAP_USER9
    生活保護費を再引き下げ 県内の受給者ら、171世帯分の審査請求書を県に提出「命を削られる思い」
    2018年11月28日(水)

    10月から実施されている生活保護基準の引き下げを不服として、
    県内の生活保護受給者らが27日、171世帯分の審査請求書を県に提出した。
    弁護士や福祉関係者らでつくる「生活保護基準引下げ反対埼玉連絡会」が呼び掛けた。
    2013年から段階的に行われた引き下げは違法として、さいたま地裁で係争中にもかかわらず
    再度の引き下げが実施されたことに、当事者らは「一方的であり不当」「命を削られる思い」と訴えた。

    生活保護を巡っては、既に13年8月から生活扶助基準が最大で10%程度引き下げられた。
    今回の引き下げは今年10月から3年間で段階的に実施。最大5%程度削減され、約7割の世帯で減額となる。

    審査請求書では、本来なら生活保護を受けられるはずなのに何らかの理由で生活保護を
    受けていない低所得者層に合わせて生活扶助水準を下げるのは「不適正な方法」と指摘。
    13年の引き下げでは物価が下がったことを根拠としていたが、今回は物価動向を考慮していない点について、
    「一貫性を欠く恣意的な基準の改定」と述べている。

    同会は、14年8月にさいたま地裁に提訴された生活保護基準引き下げ違憲訴訟の原告支援団体。
    現在、県内の生活保護受給者ら33人が、憲法で保障される生存権を侵害しているとして、
    県やさいたま市などを相手取り、13年8月から実施された引き下げ処分の取り消しと
    損害賠償を求めて争っている。

    原告らは同日、さいたま市内で記者会見した。10月から生活扶助費が約1300円引き下げられたという、
    さいたま市西区の男性(44)は「命を削られる思い。この引き下げは受給者だけではなく、
    国民全体に影響するもの」と訴える。原告代表の荒川公雄さん(56)=さいたま市岩槻区=は
    「裁判で原告の意見も聞いていない中で、また一方的に引き下げた。なぜそんなことをするのか。
    道義的に問題がある」と語った。

    同会代表で元ケースワーカーの寺久保光良さんは
    「再び引き下げるのは人道に反する許し難い政府の対応」と強く批判。
    弁護団らは係争中の訴訟や審査請求の結果を受けて、
    別の訴訟を提起するなどさらなる対応を考えるとしている。
    no title

    【【ナマポ】生活保護費再引き下げに受給者ら激怒 「命を削られる思い」】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★ 2018/11/27(火) 15:26:56.64 ID:CAP_USER9
    巨額の「ZOZO(ゾゾ)マネー」が、ゴルフ界に波紋を広げている。
    米男子プロゴルフのツアー大会が来年10月、日本で初めて開催される。
    衣料品通販サイト運営会社「ZOZO」がスポンサーとなるが、賞金総額約11億円を巡り、
    共催する日本ゴルフツアー機構(JGTO)が頭を悩ませている。

    「優勝賞金をそのまま加算したら、一発で賞金王になってしまう」

    そう漏らすのはJGTOの宇治重喜理事。
    この大会の賞金総額は国内開催では最高の約11億円(975万ドル)で、
    優勝賞金は約2億円(175万ドル)。
    今季国内ツアーの最高賞金総額2億3千万円、優勝賞金5200万円と比べてケタ違いだ。

    残り1戦となった今季、賞金ランキング1位を走る今平周吾の獲得金額は約1億3千万円。
    年間獲得金額で過去に2億円を超えたのも、尾崎将司(1994、96年度)、
    伊沢利光(2001年度)、松山英樹(13年度)、池田勇太(16年度)の5回だけだ。
    もし、この大会の優勝賞金がそのままの額で加算されると、それだけで賞金王が決まる可能性が高い
    no title

    【【ゴルフ】1勝で賞金王!? ZOZOが巨額マネーを投入した大会、ゴルフ界悩ます…】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/11/18(日) 13:37:39.50 0
    おれはMac mini買う予定だよ
    no title

    【おまえらボーナスでなに買うか決めた?】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/11/20(火) 17:55:00.73 ID:CAP_USER9
    ※やってしまいましたね…

    【【これは終わった…】BTC「ビットコイン」 400,000円台に暴落】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/23(月)11:19:59 ID:aJ7
    依存性は似てるが
    no title

    【ソシャゲ課金厨とパチンカスはお互いのことをどう思ってるの?】の続きを読む

    no title

    1: 名無し募集中。。。 2018/10/14(日) 00:10:07.42 0
    住民税も滞納してるみたいだし総額いったいいくらになってるのか・・・
    no title


    兄貴離婚して元嫁名義のソーラー売電が私と母のマンションの屋根に乗ってる状況なんだけど
    元嫁がそのソーラーの名義をうちの家側に変更してくれと言ってきてる

    明日 母兄私 で会うんだけどもうどうするのがいいのかわからない 
    ※続きです。前回の記事はこちら
    兄貴()が税金滞納して税務署が動き始めたっぽいんだけど…

    【兄貴()が滞納した税金・・・430万円から456万円滞納に増えてる(;´Д`)】の続きを読む

    このページのトップヘ