ちえぶくろ速報

雑学、無駄知識、役立つ小技、くだらなすぎて笑えるネタをお届けするまとめブログです

            アンテナニュース                   今日のニュース

    カテゴリ: オカルト

    ※今回は純粋な怖い話が多めです。意味が分かると怖い話も多少ありますが…
    あと、寺生まれのTさん系は今回除外しましたw ので、本当に怖い話が読みたい方はどうぞ…

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/05/07(土)22:40:35 ID:Za0
    漏れにはちょっと変な趣味があった。
    その趣味って言うのが、夜中になると家の屋上に出てそこから双眼鏡で自分の住んでいる街を観察すること。
    いつもとは違う、静まり返った街を観察するのが楽しい
    no title

    【コピペでいいから怖い話しようぜ【まとめ】】の続きを読む

    1: アイアンクロー(秋田県)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 17:27:45.33 ID:xcc9C98Z0●.net BE:194767121-PLT(13000) ポイント特典
     英国のネッシーが日本でも大きな話題になっていた1970年代、日本でもある未確認生物の存在が話題になっていた。鹿児島県指宿市の池田湖で目撃情報が相次いだ「イッシー」だ。
    91年には本紙も捜索隊を結成。いま現場はどうなっているのか? 取材に行くと、思わぬ情報が浮上した。

     池田湖は火山活動によってできた周囲15キロ、水深233メートルの九州最大の湖。開聞岳を望める景色の良さから観光地になっており、釣り客やバードウオッチングする人たちも訪れる。

     イッシーとはこの湖で目撃された未確認生物のこと。1978年、20人余りの人が「2つの大きなコブを出して泳ぐ生物」を同時に目撃したことから騒動になった。以後、
    同様の目撃証言が相次ぎ、この謎の生物に「池田湖」と「ネッシー」からイッシーという名がつけられた。目撃証言はコブに関するものや、奇妙な波に関するものばかりで、
    全体の目撃証言はない。現在、湖畔には恐竜のような姿をした2種類のイッシー像があるが、これは想像図のようなものである。

     91年1月には動画が撮影されて再び注目を集め、本紙も「イッシー捜索隊」を結成して1週間にわたり現地調査を敢行。長さ15メートルほどの黒い物体が移動する姿を撮影した。
    またあの故勝新太郎さんがそれ以前にイッシー捜索に入れ込んでいたことも本紙の取材で判明していた。しかしこれ以降、イッシーが話題になることはなくなった。イッシーは幻なのか?
     いま現地ではどう語られているのか?
    no title

    【UMA(未確認生物)って信じてる?】の続きを読む

    no title


    1: ファルコンアロー(catv?)@\(^o^)/ 2016/03/11(金) 20:57:11.76 ID:eVYc50+U0.net BE:698254606-PLT(13121) ポイント特典
    思い出を語り合うスレです

    メンバーインタビュー記事は以下

    「MMR マガジンミステリー調査班」(石垣ゆうき)に関わった、タナカ隊員、イケダ隊員、トマル隊員にお話をうかがっています。レジデント・オブ・サン(太陽の住人)やキバヤシ伝説の名ゼリフはいかにして生まれたのか。1999年をMMRメンバーはどんな心境で迎えていたのか。
    そしてインタビューの最後には思いがけない「復活予告」も……。

    長文略
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【伝説の漫画「MMR」の思い出】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/07/02(土)22:12:13 ID:lnv
    ネッシー・ビッグフット・スカイフィッシュ
    おってほしいようなほしくないような

    ちなイギリスの調査団が衛星探査・最新ソナー探査でネス湖に巨大生物は存在しないことを
    10年ぐらい前に発表してたけど、それこそ誰得?って思ったわ。
    そういう幻想的な話があるだけでええやん・・・
    no title

    【UMAとかのオカルトをまったり語るスレ】の続きを読む

    publicdomainq-0013748mug


    1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/27(木)21:37:55 ID:Guy
    no title

    【【閲覧注意】一番嫌いな心霊写真貼って】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/04(水)01:39:02 ID:AGr
    いけるんやろか
    no title

    【宇宙人の数学って人類に理解できるんかね?【頭良い人向け】】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/04/08(火)21:37:47 ID:ZFHpkhzlv
    家賃半額の部屋なんだが、どーやらなんかいるっぽいんで
    対策とかお願いします
    no title

    【事故物件住みだけど、なんかいるっぽいからタスケテ!】の続きを読む

    1: ■忍法帖【Lv=23,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/08/15(水)11:35:59 ID:???
    (*長文の為、リンク先にてご覧下さいませ!!)

    タイムトラベルは空想の産物のように聞こえるかもしれないが、実現可能だと考える科学者もいる。
    BBC番組「ホライズン」は、サイエンスフィクションの定番を現実にするための、特に有望なアイデアをいくつか紹介する。」

    ロン・マレット氏には夢がある。時間を旅行したいという夢だ。
    これは単なるファンタジーではない。マレット氏は米コネチカット大学の尊敬される物理学教授だ。

    マレット教授は自分自身について、「情熱を抱く普通の人間だと思う。タイムトラベルの可能性に、私は情熱を注いでいる」と話した。
    教授はもうずっと長いこと、タイムマシンを作りたいと考えて生きてきた。自分の情熱は幼少時代の悲劇がきっかけだろうと言う。

    ヘビースモーカーだったマレット氏の父は33歳の時、心臓発作で亡くなった。わずか10歳だったマレット氏は打ちのめされ、本の世界に没頭した。

    BBCホライゾンでマレット教授は「それから1年して11歳になった時、人生を変える本に出会った。
    それがH・G・ウェルズの『タイムマシン』だ」と語った。

    H・G・ウェルズ原作の映画「タイムマシン」で、タイムマシンを操縦する俳優のロッド・テイラー
    「まずは表紙が目にとまったが、本を開いて読んだとき、そこには『時間は空間の一種に過ぎないと、
    科学者はよく承知している。空間と同じように時間も前へ進んだり後ろへ戻ったりできる』と書いてあった」
    「それを読んで『素晴らしい!』と思った」

    マレット教授は、「タイムマシンを作れれば過去に戻って父に会うことができるし、もしかしたら父を救って全てを変えられるかもしれない」と話す。

    マレット教授は、早くに亡くなった父ボイド氏から科学と読書への愛情を教わった
    タイムトラベルは非現実的に聞こえるかもしれないが、
    科学者はすでに、マレット教授の夢をかなえるかもしれない様々な自然界の謎を調べている。

    物理学者のアルバート・アインシュタイン氏は、3次元空間は時間とつながり、時間が4時元として機能していると考えた。
    アインシュタインが時空連続体と呼んだこの構造が今日の宇宙のモデルとなった。

    しかし一方でアインシュタインは、この時空連続体を折り曲げることで遠隔の2地点間に近道を作れると考えていた。
    この現象はワームホールと呼ばれ、時空連続体の2カ所に開口部があるトンネルとして描かれる。
    ワームホールは宇宙に自然に存在するかもしれない。実際、ロシアの科学者は電波望遠鏡を使ってワームホールを観測しようとしている。
    しかし、ワームホールをタイムトラベルに使うのは一筋縄ではいかない。
    ワームホールのイメージ図。ワームホールは宇宙の異なる時空連続体をショートカットするトンネルのようなものだと考えられている
    地球に最も近いワームホールでも数光年先にある可能性がある。もしそこまでたどり着き、通り抜けることに成功しても、どこに行き着くかの保証はない。(以下略)

    https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-44844022
    no title

    【タイムマシンは造れるのか? 2018年8月現在バージョン】の続きを読む

    1: nnmm◆cvrNac/JC2 2015/07/11(土)21:05:38 ID:cyG
    週1でタンスの角に足の小指をぶつける
    no title

    【地味に嫌な呪いを考えるスレ】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/01/21(日)02:18:19 ID:36g
    超テクノロジーによりスーパーロングワープ航法を駆使してる宇宙人とか
    no title

    【超科学の宇宙人なら宇宙の端まで行けるのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ