ちえぶくろ速報

雑学、無駄知識、役立つ小技、くだらなすぎて笑えるネタをお届けするまとめブログです

            おすすめサイト様                   今週のニュース

    カテゴリ: 生物

    no title

    1: ひぃぃ ★ 2018/10/14(日) 19:19:20.03 ID:CAP_USER9
     日本の南極観測史上最も有名な実話が「タロとジロの奇跡」。極寒の南極で鎖につながれたまま置き去りにされた日本隊の樺太犬、タロとジロが1年後に発見、保護され「南極物語」として映画化もされた。今年はその生還から60年目となる。現地で2匹と再会を果たした第1次、第3次越冬隊員の北村泰一九州大名誉教授(87)=福岡市東区=が、当時の様子と「第3の生存犬リキ」への思いを語った。

    ■苦楽をともにした15匹、やむなく基地に

     1958年2月、日本の南極観測隊は昭和基地で第1次越冬隊と第2次越冬隊の交代作業を進めていた。ところが、あまりの悪天候のため第2次越冬は急きょ中止となり、関係者全員が南極から脱出した。隊員たちと苦楽を共にし、重いそりを引いて貢献してきた15匹の樺太犬は、救出する余裕がなく、やむなく基地に残された。最後の隊員が離れるとき、不穏な空気を察したのか、犬たちは一斉に「ウオ~ン」とほえたという。

     「『もう犬たちは終わりだ』と絶望的になりました」。第1次隊でオーロラ観測を担う一方、犬係として訓練を担当した北村さんは振り返る。

     その後、北村さんは第3次隊員として再び南極に向かった。「せめて手厚く葬ってあげたい。それだけを願って参加したのです」

    ■タロ、ジロと奇跡の再会「雪上を転げ回った」

     59年1月、基地に到着した隊員たちは驚きの声を上げた。鎖から離れ、極寒の地で2匹が生き延びていたのだ。

     どの犬なのか、北村さんは分からず、残した犬の名を順に呼ぶが反応がない。「私のことを忘れてしまったのか」。1年前はまだ幼かったタロとジロの名が残った。

     「タロ」。そう声を掛けると1匹の尻尾がぴくりと動いた。「タロだったのか」。もう1匹にも呼び掛けた。「おまえはジロか」。すると右の前足を前方に上げた。ジロの癖だった。北村さんは甘える2匹と南極の雪上を転げ回った。

     15匹のうち、ほかの7匹は鎖につながれたまま氷雪に埋もれて死んでいた。あと6匹の姿はなかった。「鎖につながれて息絶えたり、行方不明になったりした犬たちには本当に申し訳なかった」。北村さんには今も自責の念がこみ上げる。

    ■親代わりの「リキ」2匹を守り力尽きた?

     タロとジロの生還から9年後の68年、昭和基地のそばの解けた雪の中から、1匹の樺太犬の死骸が見つかった。北村さんにも連絡があった。タロ、ジロ以外にも鎖から離れ、一時は基地周辺で生きていた「第3の犬」が存在したことになる。

     灰色で短毛。特徴から、行方不明6匹のうち「リキ」と思われた。第1次越冬中、幼かったタロとジロに自分の餌を与え、実の親のように片時も離れず2匹の面倒を見ていた姿が北村さんの脳裏に焼き付いている。

     「リキは鎖から逃れた他の5匹の犬と同様、どこにでも行けた。しかし自力では食料を得られそうにない幼いタロとジロを見捨てて逃げることができず、一緒に基地に残ったのではないか」「若いタロ、ジロと違い7歳の最年長だったリキは徐々に体力を失い、力尽きてしまったのだろう」

     リキの確認からは今年で50年。北村さんは「タロとジロのことは多くの人が知っているが、リキのことを知る人は少ない。リキも同じように極寒の昭和基地近くで必死に頑張って生きようとしたことを、多くの人に知ってほしい」と語った。

    画像
    no title

    no title

    【「南極物語」タロとジロ守った“第3の犬”「リキ」 元越冬隊の北村氏、60年目の証言】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/28(火)13:36:38 ID:G84
    あまり認知されてないのが流行らない理由やないやろか?
    いろんな楽しみ方があって非常に奥深い趣味なんやけどな
    no title

    【アクアリウムってもっと流行ってもいい趣味だと思うんやが】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/04/15(土)23:48:07 ID:CAm
    1番(遊)ピライーバ
    2番(二)メコンオオナマズ
    3番(投)アリゲーターガー
    4番(捕)ヒマンチュラ・チャオプラヤ
    5番(三)ピラルクー
    6番(一)ヨーロッパオオナマズ
    7番(左)ナイルパーチ
    8番(右)オオカミウオ
    9番(中)イトウ


    なおサメニキは除外したンゴ

    【驚くほど巨大な淡水魚たちで打線組んだ。解説&画像つき】の続きを読む

    2000: ちえぶくろ速報 2016/09/26(月)02:03:54
    何度も話題になってますが改めて是非を考えてみたいです
    no title

    【【討論】改めて考える「学校で飼育した豚を出荷→食べさせる」という教育について】の続きを読む

    ※ちょびっとだけ閲覧注意です。序盤は昆虫多めですが中盤からは様々な生物が登場します
    虫が苦手な人は仕方ないですが、別にグロではないです。かなり面白いスレでしたのでおすすめですよ

    publicdomainq-0013748mug


    1: 名無虫さん 2013/06/27(木) 02:56:19.07 ID:keNEqGYl
    教えて下さい

    【世界の不思議な昆虫、生物の画像や生態を総まとめ【ちょっぴり閲覧注意】】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/07/02(水)22:18:59 ID:dLvDwNbUF
    第10位 飼いにくさ ★×4

    ハムスター(ロボロフスキー)

    こいつはまず物凄い人に慣れない
    買った当初はまず二週間は餌、水を与えるだけにしよう

    最悪、手をいれただけで噛み付いてくる時もある

    おまけに脱走すると中々捕まらない

    こいつを飼うならゴキブリホイホイは近づけないように

    飼いやすいハムスターはゴールデン、キンクマ、ジャンガリアンだ

    ちなみにキンクマは寿命も長い上にとっても大人しいのでオススメ
    no title

    【飼いにくい動物ベスト10と、飼いやすい動物ベスト5】の続きを読む

    1: ガーディス ★ 2018/09/18(火) 21:34:02.23 ID:CAP_USER9
    類人猿ボノボ観察中、事故で下半身まひ 元京大院生が損害賠償求め大学提訴 京都地裁

     コンゴ(旧ザイール)の森で類人猿ボノボの行動観察中、ボノボ同士のけんかにより落下した枝にぶつかり下半身まひになったなどとして、京都大の大学院生だった女性(26)と夫が、京都大や担当教授に計約2億7千万円の損害賠償を求め京都地裁に提訴した。
     18日に第1回口頭弁論が開かれ、京大側は請求棄却を求めた。

     訴状によると、女性は京大大学院で生物科学を専攻。
     平成27年7月に野生のボノボの行動を観察していたところ、樹上でけんかが発生。
     落下してきた枝(長さ約90センチ、重さ約11キロ)が頭に直撃して急性硬膜外血腫などの重傷を負い、下半身まひになったとしている。

     原告側は、京大は海外調査の際の事故防止マニュアルを作成すべきで、同行していた担当教授もボノボ調査の経験に基づき安全に配慮すべきだったと主張。
     京大側は、落下のコースが途中で変わり、直撃は避けられなかったなどとしている。
    no title

    【ボノボ観察中、ボノボ同士の喧嘩により落下した枝が頭に直撃して下半身麻痺 元京大院生の女性らが大学提訴】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/08/21(日)21:07:20 ID:V6V
    何買えばいいの?
    no title

    【【初心者必見】魚釣りを趣味にしたいんだが】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/11/26(水)18:36:37 ID:65h
    皆でストレス解消しようぜ

    【可愛い小動物の画像で癒されたい】の続きを読む

    1: rain ★ 2018/07/30(月) 13:04:42.82 ID:CAP_USER9
    出版社・ポプラ社「ありがたい」 重版時の写真差し替え約束

    子ども向け生き物図鑑に掲載されたサメの写真の誤りが昨秋、当時5歳の男児によって発見された。指摘を受けた出版社は「ありがたい」と重版時の差し替えを約束。生き物が大好きで、いろんな図鑑を「ボロボロになるまで読み込んでいる」という男児は「間違いが訂正され、よかった」と喜んでいる。

    誤りを見つけたのは西東京市の市立柳沢小1年、今田(こんた)明生(あきお)さん(6)。

    以下有料

    誤りを見つけたページを広げる今田明生さん。右上の「ホホジロザメ」の写真が誤りだと気付いた=西東京市で2018年7月26日午後6時12分、荒木涼子撮影

    no title

    no title

    https://mainichi.jp/articles/20180730/k00/00e/040/169000c

    【「これはメジロザメ!」5歳男児が図鑑の間違い発見、ポプラ社「ありがたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ