ちえぶくろ速報

雑学、無駄知識、役立つ小技、くだらなすぎて笑えるネタをお届けするまとめブログです

            アンテナニュース                   今日のニュース

    カテゴリ: 速報

    1: 樽悶 ★ 2019/04/25(木) 17:26:00.76 ID:KsrG20xr9
    纒向遺跡から出土したツチガエルの上腕骨。同じ骨を別角度から撮影した。スケールバーは1ミリ(中村泰之琉球大博物館協力研究員提供)
    no title

    纒向遺跡で見つかったオスのツチガエルの腸骨(下のイラストの線が骨についた傷の位置)。スケールバーは1ミリ=琉球大博物館・中村泰之協力研究員提供
    no title

    no title


    邪馬台国の有力な候補地とされる桜井市の纒向(まきむく)遺跡で、祭祀(さいし)に使われたとみられるカエルの骨が見つかり、専門家は、カエルが供えられたことを示す具体的な資料で、当時の祭祀を知るうえで貴重な発見だとしています。

    桜井市の纒向遺跡は、3世紀から4世紀にかけての大規模な集落跡で、女王、卑弥呼が治めた邪馬台国の有力な候補のひとつとされています。

    遺跡では9年前、卑弥呼の宮殿との説もある3世紀前半の大型建物跡のそばに掘られた穴の跡から、古代中国で神聖な果物とされ、当時の祭祀に使われたとされる2000個以上の桃の種と動物の骨が見つかりました。

    この動物の骨を奈良女子大学の宮路淳子教授と琉球大学博物館の中村泰之協力研究員が詳しく調べたところ、魚のほか、カエルの骨が12匹分、含まれていました。

    バラバラに埋められたカエルの骨には無数の傷があり、宮路教授は、「カエルが桃などと一緒に意図的に埋められていて、祭祀に使われた可能性がある」と話しています。

    また、古代の祭祀に詳しい同志社大学の辰巳和弘元教授は、「地面をふんばって跳びはねるカエルは、古代、大地の主とされ古代中国では、霊力のある動物とされている。そのカエルが供えられたことを示す具体的な資料で、当時の祭祀を知るうえで貴重な発見だ」と話しています。

    研究成果は、25日から桜井市立埋蔵文化財センターで展示されています。

    【カエル供える行事が吉野町に】

    カエルを神前に供える伝統行事は、今も吉野町に残っています。

    奈良県の無形民俗文化財で、舞や歌などを奉納する「国栖奏(くずそう)」という吉野町の伝統行事では、神前にカエルが供えられます。

    古くからの習わしで、カエルはなくてはならない供え物だということで、宮路教授は、「時代が違うので直接結びつけることは難しいが、新たな時代の資料が出てくれば、カエルを使った祭りがどのように変わりながら、受け継がれてきたか議論できるかもしれない」と話しています。

    https://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/20190425/2050002234.html
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00000532-san-cul
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00000024-mai-cul

    【【ロマン】邪馬台国ではカエルを食べた? 神へのお供え用?? 遺纒向跡で骨が大量出土】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/04/25(木) 18:13:19.87 ID:35Uw4BS29
     日本スケート連盟の理事会が25日、東京都内であり、フィギュアスケート女子で、2016年世界ジュニア女王の本田真凜(JAL)が今年度の強化選手から外れた。昨年度は強化指定選手でグランプリ(GP)シリーズ2戦に出場。12月の全日本選手権は15位だった。また、4年ぶりに現役復帰し、全日本選手権で2位に入った男子の高橋大輔(関大ク)は最高の特別強化選手になることが承認された。

     本田選手について、連盟の小林芳子フィギュア強化部長はGPシリーズなど国際大会への派遣がなくなったわけではなく、「国際大会派遣の選考会はある」と説明した。また、高橋選手については「今はオフに入っており、(今後の予定は)コーチやトレーナーと連休明けに話をする、と言っていた」と明かした。

     朝日新聞デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00000050-asahi-spo
    no title

    no title

    【【ん?】フィギュア 本田真凜さんが強化指定から外れ、高橋大輔は特別強化指定選手に】の続きを読む

    1: 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ 2019/04/25(木) 19:22:00.83 ID:Vdwkzzsn9
    入社してすぐに妊娠した社員は「ズルイ」のか? スパイス小町



     例えば、掲示板サイト「発言小町」には「新入社員が妊娠して
    モヤモヤする」という内容の投稿がありました。

     トピ主さん(勤続二十数年、既婚、子供なし)の勤務する会社で、
    アルバイトから正社員に採用された女性が、入社からわずか半年で
    妊娠したそうです。トピ主さんの会社は、最長で子供が3歳になるまで
    育児休暇を取得でき、育休中の手当も手厚いといい、トピ主さんは
    この新入社員に対して「子供産みたいから正社員になったんじゃないの?」
    「まだ仕事も全然覚えてないのに権利だけもらうんだ」などと、
    嫌みなことを考えてしまうのだそうです。

     これに対して、「お気持ち、わかります」と、トピ主に共感するレスが
    たくさん付きました。「以前の職場でも新入社員で妊娠したのが
    4人いました」「中途採用の新入社員が入社数ヶ月で妊娠した際は、
    当時未婚の私でさえトピ主さんと同じ心情になりましたよ。
    そして、多くの社員が同じように思っていました」などと、
    トピ主さんと似たようなエピソードも寄せられています。

     ある投稿者は、トピ主さんの心理について、「あなたのモヤモヤを
    わかりやすく言えば、『ズルイ』ということです。妊娠した新入社員を
    『ズルイ』と思う気持ちがどうしてもぬぐえない」のだと指摘しています。
    さらに、「一方で(トピ主さんには)彼女が得ている権利は必要なもの
    だという理性もある。結局、制度があっても運用する人間の意識の中に
    『ズルイ』という気持ちがあるうちは、制度は十分に機能しないのです」
    とつづっています。

     私は育休を我慢したのに……私は子供を産まなかったのに……ズルイ!
     そう言いたい気持ちはよくわかります。でも、周りから「ズルイ」と
    言われないように、みんなで我慢比べをするような社会のままでいいの
    でしょうか? そんな社会はそろそろ限界ではないかと、私は思うのです。

    (以下、ソース先にてご確認ください)


    大手小町(OTEKOMACHI)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00010000-otekomachi-life
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00010000-otekomachi-life&p=2
    no title

    【【妬み社会】入社してすぐに妊娠した社員は「ズルイ」のか?】の続きを読む

    1: みなみ ★ 2019/04/24(水) 18:30:57.45 ID:StLU7LWY9
    新しい物好きと日本の規格

     現行のトヨタ「アルファード」、「ヴェルファイア」以降、とくにミニバン系では威圧的なフロントデザインといえるオラオラ顔が流行っています。

     その特徴は、大きなフロントグリルと釣り目基調のヘッドライトで、威圧感のあるデザインです。なぜ、迫力のあるフロントデザインは人気なのでしょうか。

     以前から筆者(内田俊一)は、この点については気になっており、折に触れてカーデザイナーたちに聞いていました。
    そこで出てきたのは、「日本人は新しい物好きと」という「隣の家のクルマとは少しでも違うものがいい」、「どうせ買い替えるなら今までとは同じものは嫌」だという考えです。

     もうひとつは、日本独自の重要な要因として、軽自動車や5ナンバーに関するボディサイズの規格が挙げられます。3ナンバーである「アルファード/ヴェルファイア」ではあてはまりませんが、「ノア/ヴォクシー」はここに属します。

     この市場でクルマを開発する際には、規格いっぱいの大きさでクルマを作ることになります。なぜなら室内を広く取りたいからです。その結果、ボディサイドデザインの余裕は限りなく減っていき、面の抑揚などで特徴をつけるのが難しくなっていくのです。

    以下ソースで読んで

    no title

    【トヨタの車って、何でツリ目のオラオラ顔なの?】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/04/23(火) 13:31:32.58 ID:6GfiDhjD9
     東京・渋谷のスクランブル交差点にベッドを置く様子を撮影した動画がユーチューブに公開された問題で、投稿者は2019年4月22日、警察に出頭したと明かした。

     投稿内容をめぐっては、道路交通法の観点から問題視され、警察も捜査に乗り出していた。

    くだらな過ぎる企画内容のため中略

     ジョー氏は4月22日に動画を投稿し、先の件で警察に出頭したと報告した。

     取り調べののち、厳重注意を受けたと明かし、「心配かけて申し訳ありませんでした」とお詫び。知名度が上がったことなどもあり、今後は動画内容に
    気を付けるとしつつ、

      「それでも尖ってぶっ飛んだことをまだまだやっていきたい」
      「物議を醸すような動画は今後も上げていくと思う」

    と宣言した。

     J-CASTニュースは警視庁広報課に23日、本件について取材を申し込むと、「発表事案でないため回答できない」とした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-00000002-jct-ent
    問題の動画(ジョー氏のユーチューブチャンネルより)
    no title

    謝罪動画(ジョー氏のユーチューブチャンネルより)
    no title

    【ゴミYouTuberはなぜBANされないのか 交差点で「寝てみた」バカ、「物議を醸すような動画は今後も上げていく」キリッ!】の続きを読む

    1: 樽悶 ★ 2019/04/24(水) 19:03:44.98 ID:hr0SGJsB9
    池田氏と立花氏
    no title


    ※省略

    ■「刑罰が無ければ違法行為をしてもいいと思っている」

    ※省略

     この点について立花氏は「はっきり言う。刑罰が無ければ違法行為をしてもいいと思っている。だからこれだけ票が取れた」と断言。

    「もちろん違法行為であるということは我々も理解しているし、罰金とか、懲役刑がある法律を破るのはダメだと思っている。
    ただ、受信料を払わないことで直ちに処罰されるわけではないし、東京都では約半数が受信料を払っていない。それだけ多くの人が違法行為をしている中で、NHKは法律を盾に“金を払え“といじめている。
    そこで“一緒に正義や道徳を貫いていこうよ“、ということで活動をさせて頂いているということだ。

    自転車が歩道を走ったら違法だが、そんなに法律ってガチガチに守らないといけないのか。そもそも受信料の訴訟で訴えられた人はNHKを見ている証拠があるので、それなのに払わないのはけしからん、というのが最高裁の判決で、実はNHK側の主張も一部は棄却されている」と持論を展開した。

    詳細や続きはソース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00010020-abema-soci

    【【NHKから国民を守る党】立花代表が熱弁「受信料未払いが違法なのは分かってる。それでもNHKのやり方は間違っている」】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/04/24(水) 19:21:07.76 ID:M2MaTa359
    メタル雑誌BURRN!(@BURRN_)が、6月号の特集をツイートし話題です。雑誌、「BURRN!」は、ハードロック、ヘヴィメタルの洋楽を中心に紹介する音楽情報月刊誌になります。

    https://twitter.com/i/events/1120965320292782081

    メタル雑誌BURRN!
    @BURRN_

    BURRN!6月号は5月2日(木)発売! 巻頭特集は『SUMMER SONIC 2019』で日本人初のヘッドライナーを務めるB'zが新作「NEW LOVE」を語る個別独占インタビュー! 他にもAEROSMITH、MEGADETH、JUDAS PRIEST等々、盛り沢山!

    https://twitter.com/BURRN_/status/1120897613832704000
    no title


    【【音楽】メタル雑誌の『BURRN!』 6月号の表紙に『B'z』採用で賛否両論】の続きを読む

    1: ひぃぃ ★ 2019/04/24(水) 19:19:19.08 ID:iSsnJIjD9
    「満員電車にテイクアウト用のホットコーヒーを持って乗ってくるヤツ。マジかよ!」

    お笑いタレントのビビる大木さんが2019年4月24日、ツイッターにこんな怒りともあきれとも取れる投稿をした。リプライ(返信)欄には「それは無いですね苦笑」、「おぉ...立ちスペース確保の荒技w」との共感が相次いだ。

    またホットコーヒーの持ち込み以外で、満員電車の中で遭遇したマナー違反の被害報告もいくつか見られる。

     「私は満員電車でスルメイカ食べてる人に遭遇したことがあります」
     「カラムーチョとか肉まんとか食べてたり、チェロとか花束とかホールケーキとか持ち込んだりも、結構見ます」

    ■「駅と電車内の迷惑行為ランキング」1位は

    満員電車でどんなマナー違反事例があるか、J-CASTトレンドではツイッターで調べた。「満員電車にボールバックは詰めねえよ」、「満員電車でのおじ様の口臭が本当に辛い」など、さまざまな意見があるようだ。では、特に多くの人が迷惑だと感じる車内での行為は何か。

    「満員」電車に関する調査ではないが、全国72社の私鉄が加盟する「日本民営鉄道協会」のウェブサイト内の「平成30(2018)年度 駅と電車内の迷惑行為ランキング」に、興味深いデータがあった。18年10月1日~11月30日の期間中、2686人を対象に実施された「駅と電車内のマナーに関するアンケート」の結果だ。

    設問「あなたが電車を利用される場合、迷惑と感じる行為を3つまでお知らせください」で1位となったのは「荷物の持ち方・置き方(37.3%)」。2~5位は「騒々しい会話・はしゃぎまわり(36.9%)」、「座席の座り方(34.5%)」、「乗降時のマナー(34.3%)」、「ヘッドホンからの音もれ(23.2%)」となっている。

    最多票を集めた「荷物の持ち方・置き方」のうち、最も迷惑に感じる行為についても明らかになっている。圧倒的な回答数で1位になったのは「背中や肩のリュックサック・ショルダーバッグ等」で66.2%にも上り、次点の「座席に置かれた荷物(9.0%)」と大差をつけている。

    2019年4月24日 18時30分 J-CASTトレンド
    http://news.livedoor.com/article/detail/16367087/

    画像
    no title

    【満員電車にホットコーヒー持ち込むバカ ビビる大木も絶句】の続きを読む

    1: どどん ★ 2019/04/24(水) 16:46:11.05 ID:+7n7blUt9
    交際していた3人の男性を殺害したとされる“首都圏連続不審死事件”で、2017年5月に死刑判決が確定した木嶋佳苗死刑囚(44)。昨年1月、木嶋は3度目となる獄中結婚をしたが、
    その相手は「週刊新潮」のデスクだったことが、「週刊文春」の取材で分かった。

    社会部記者が解説する。

    「東京拘置所にいる彼女は2015年3月に60代の不動産会社勤務の支援者男性と最初の結婚。彼女がメディア関係者に送った書簡では『セ〇クスがないからこそ、ある種の緊張感が
    保てていると思う』などとノロケていましたが、翌年に離婚。その後、逮捕前から知り合いだった男性と再婚し、元夫とは養子縁組したことを『週刊新潮』(17年4月20日号)に寄せた
    “遺言手記”のなかで明かしています」

    昨年から司法関係者や彼女を逮捕した埼玉県警の関係者らの間では、再審請求に繋がる動きを警戒し、情報収集するなかで、「週刊新潮」のX氏の存在が浮上していた。

    実は木嶋のブログ「木嶋佳苗の拘置所日記」で、X氏は既婚者の「王子」として度々登場している。

    〈●●●●王子から初めてお手紙を頂戴したのは、5年前の5月のことでした。実は王子の後輩や上司ともお目に掛かったことがありまして、かなりオープンでクリーンな交際を続けてきました。
    ディープな関係になったのは、去年からです〉(2017年5月29日)

    X氏について新潮社の関係者が語る。

    「彼は40代前半で、記事を執筆するデスクのなかでも、編集長の右腕であり、ナンバー2といっていい存在。木嶋氏の“遺言手記”の担当デスクでした」

    「週刊文春」がX氏に取材を申し込むと、新潮社で約1時間にわたって取材に応じ、結婚を認め、その理由について次のように語った。

    「彼女の記事を手がけた後、死刑が確定するという流れがあって、取材者と被取材者の関係を超えて思いが募ったということです。相手をもっと知りたいと思った時に、
    手段として結婚の形をとる方向に傾いていったのです。今も悪くない関係だと思いますし、結婚に後悔はありません」

    4月25日(木)発売の「週刊文春」では、木嶋とX氏の獄中結婚について、X氏のインタビュー、「週刊新潮」編集部のコメントなどとともに報じている。

    (「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年5月2・9日号)

    https://www.excite.co.jp/news/article/Bunshun_11668/
    https://www.excite.co.jp/news/article/Bunshun_11668/?p=2
    no title

    【【読んだら激しく納得】木嶋佳苗死刑囚が獄中結婚 お相手は「週刊新潮」デスク】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/23(火) 16:43:35.73 ID:B+A1MV0i9
    4月21日放送の情報番組「Abema的ニュースショー」(AbemaTV)では、10連休となる今年のゴールデンウイークを控え、レジャー施設やパーキングエリアなどで問題となる“女子トイレの混雑問題”を取り上げた。

    「そもそもなぜ女子トイレは混雑するのか、トイレの中で何をしているのか」

    番組MCのお笑い芸人・千原ジュニアは、そうした疑問を抱いているようだが、ゲストの作家・鈴木涼美さんは「スマートフォンをいじっていたり、座れるという便座の構造上落ち着いてしまってひと息ついちゃう。
    トイレの中で、化粧直しや着替えをしている人も多い」と説明した。

    また、三谷紬アナから「ジュニアさん、わたしたち女子の膀胱を守るためのアイディアを欲しいんですけれども」と問われると、千原は「女子も男子もそうですけど、トイレは全部圏外にすべき。
    これ(WiFi)が普及してから長い長い。何回も惨事に見舞われたことあります」と、実体験を踏まえ持論を展開した。

    さらに、「トイレを使用している人に対して、外で待っている人がいることを知らせる仕組みづくりが必要」と訴えた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16360305/
    no title

    【女子のトイレは長すぎ! 千原ジュニア「中で何してるの?」】の続きを読む

    このページのトップヘ