ちえぶくろ速報

雑学、無駄知識、役立つ小技、くだらなすぎて笑えるネタをお届けするまとめブログです

            アンテナニュース                   今日のニュース

    カテゴリ: 速報

    1: ガーディス ★ 2019/05/07(火) 20:18:45.73 ID:GySLKJFr9
     広島県警広島中央署で特殊詐欺事件の証拠品8572万円が盗まれた事件は、8日で発覚から2年となる。

     内部犯行も視野に捜査は進んでいるが、容疑者は特定できないまま。厳しい視線が注がれる中、県警は現職幹部らの拠出により、盗難分を全額補塡(ほてん)できる準備が整ったと明らかにした。補塡やむなしとの意見の一方で、一部からは批判の声も上がる。

     「この現金は詐欺事件の被害者の元へ還付される可能性があったものであり、被害回復ができなくなる事態は、被害者や県民からの信頼を大きく損なう」

     県警内部で3月、こんな趣旨の文書が回覧された。発信者は石田勝彦本部長。盗難分について幹部らが補塡するとともに、職員の福利厚生団体である互助会にも協力を依頼することを告知する内容だった。

     盗まれた現金は、身寄りのない高齢者を装ってメールで「生前贈与したい」と持ちかけ、手数料をだましとったとされる詐欺事件の関係先から押収したものだ。県警は2017年2月、詐欺容疑で男性被告(36)らを逮捕し、押収した約9千万円を広島中央署の金庫で保管。ところが同年5月8日、この大半が盗まれていたことが発覚した。

     現場が警察署という異例の事態に、県警は内部犯行も視野に捜査。だが進展がないまま時間が過ぎていく。男性被告らの有罪が確定すれば、証拠品の約9千万円は「被害回復給付金支給制度」に基づき、被害者に給付される。一審判決は秋ごろにも言い渡される見通しで、被害者数は400人規模に上るという。

     被害者救済のため県予算から補塡する方法も取り沙汰されたが、納税者の理解が得られないと断念。窮地に立った県警は1月から、幹部や退職者に拠出を呼びかけた。

     これに応じた元幹部は「盗まれた現金は、使われた可能性が高い。(拠出は)仕方ない」。一方、支払わなかった70代の退職者は「真相究明が最優先で、県警内の関係者がお金を出すのが筋。それができないのにOBにまで求めるのは筋違いだ」と憤る。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16423274/
    no title



    【広島県警の8000万円盗まれた事件解決(?)へ OBらから集めたカネで全額補填します!】の続きを読む

    1: アッキーの猫 ★ 2019/05/06(月) 18:24:26.73 ID:d9N7IHB79
    プロフィール答えたらお断り
     「あなたのような方を紹介することはできません」

     北海道で暮らす男性(47)は5年前、結婚相談所に電話をかけた。名前、居住地域、最終学歴、職業、年収、と矢継ぎ早の質問に淡々と答えていると、突然、そう言われ、電話を一方的に切られた。

     北海道の私立大学に進学し、運送会社に就職。だが、入社後5年ほどで、経営悪化に伴う希望退職制度に応じた。

     「まだ30歳。新しい職は見つかる」と考えていたが、地元銀行の破綻などの影響で景気は低迷。転職先は見つからず、清掃や警備員のアルバイトでしのぐ暮らしが続いた。

     これまで恋人がいたことはない。友人に聞かれれば「昔はいた」と答えた。30代後半になると、親類から「まだ相手がみつからないの?」。肩身が狭くなっていった。

    女性へのアプローチに気後れ
     5年ほど前、アルバイトから契約社員になったのを機に、結婚相談所に電話をかけた。収入はほぼ変わらないが、安定する気がしたからだ。

     だが、冷たくあしらわれ、登録すらできなかった。

     今も飲み会に参加しているが、女性の連絡先は聞きづらい。「大学はいいところを出ていないとね」「公務員と結婚したい」と言った女性がいた。「自分は女性が求めるものを持っていないのかも」と感じ、気後れする。

     昨秋、職場で配置換えがあり、手取り収入が月15万円から10万円に減った。家賃は2万8千円。値引きのシールが貼られるのを待って総菜を買い、冬は室内でも厚着して、「もう我慢できない」と感じるまでストーブをつけない。

     それでも年金とパートで暮らす70代の両親からの仕送り2万円がないと、生活が立ち行かない。

    ここまで記事のごくわずか

    全文はソースで
    https://withnews.jp/article/f0190425001qq000000000000000W08110101qq000019077A


    no title

    【結婚相談所に「断られた」男性のスペック 47歳独身、手取り10万…… (´;ω;`)ブワッ】の続きを読む

    1: 僕らなら ★ 2019/05/06(月) 21:11:30.75 ID:LGeNv2ri9
     包丁を突き付けて110円のコーラを奪った男を現行犯逮捕です。

     6日午前4時ごろ、札幌市白石区のコンビニ店で、男が刃渡約15センチの包丁を男性店員に突き付けて「強盗だ」と脅し、110円のコーラのペットボトルを奪いました。男はその後も店の中にいて、約10分後、店員の通報で駆け付けた警察官に現行犯逮捕されました。逮捕されたのは札幌市豊平区の無職・武田俊之容疑者(48)で、警察の調べに対して容疑を認めています。警察は動機などを調べています。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16418849/



    【わざとなのか… コンビニで包丁を突きつけてコーラ(110円)を奪った無職男(48) (´;ω;`)ブワッ】の続きを読む

    1: みなみ ★ 2019/05/05(日) 15:25:34.12 ID:s30WkB749
    子どもの頃を振り返ると、周りの大人によく怒られた思い出が浮かぶ人も多いのではないのでしょうか。その一方、最近では「叱らない子育て」を実践しているママも存在しているようです。

    それにより、周囲が迷惑しているケースも少なくありません。一体どのような状況なのか、詳しくみてみましょう。

    迷惑する周りの親と子ども

    「叱らない子育て」自体には意見が分かれているものの、「この育児方針のせいでモヤモヤした」という声も耳にします。実際に「叱らない子育て」をしている親子を目の当たりにした方々から、当時の状況をうかがいました。

    ・「仲よくしているママ友の1人が、叱らない子育てをしています。そのせいか、その子がかなりワガママ放題なんです。周りのおもちゃを独占したり、相手の子を平気で叩いたり。それなのに、ママは『あらあら。
    いい子だから、ごめんなさいしましょうね』とほほ笑むだけ…。こういう場面では、しっかり怒るべきなのでは?」

    ・「子どもが通っている幼稚園に、叱らない育児をしているママがいます。保護者懇談会で『うちの子は、叱ると委縮して傷ついてしまうタイプ。
    先生たちも配慮してください』と言っていました。しかし、その子は暴力的な子で、周りの子をつねったり叩いたりするんです。ほかのママから抗議されても対応せず、ママは涼しい顔をしていますよ…。私はこの光景を見て、叱らない育児反対派になりました」

    以下ソースで読んで
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190505-00010882-toushin-life
    no title

    【【良い議論】「叱らない子育て」が増えている!?  迷惑する周りの親と子ども】の続きを読む

    1: すらいむ ★ 2019/05/05(日) 17:22:39.36 ID:73EEEQPh9
    ミス高知、名前変えて性別不問 「おじいちゃんも」の声

     高知市観光協会は、市の観光PRをする「ミス高知観光キャンペーンレディー」の応募資格から性別や結婚の有無の項目をなくす。

     18歳以上なら誰でも応募できるようになり、協会は新たな名称を募集している。

     ミス高知は約45年前から始まった。
     2年に1度選ばれ、高知市の観光PRイベントに参加したり、式典に出席したりしている。

     今まで、応募資格は18~34歳の未婚の女性に限られていた。
     2017年に第42代目のミス高知を募集した際、「男性でもいいのではないか」「おじいちゃん、おばあちゃんがPRしてもいいのでは」という意見が協会によせられた。

     協会が全国の中核市の観光大使の応募資格を調査すると、半分以上が女性限定で募集していたが、年齢や結婚の有無に制限を設けているものは少なかった。

     協会は今秋に行われる第43代目の募集に向けて、18歳以上であればだれでも応募できるとした。
     合わせて「ミス高知」に代わる新たな名称も募集している。
     協会の橋本充弘事務局次長は「親しみやすく、『よくなったね』と言われるような名前を募集しています」と話す。

     名称の応募は5月15日締め切り。応募の詳細の問い合わせは同協会(電話番号省略、ソースでご確認下さい)へ。

    朝日新聞DIGITAL
    http://news.livedoor.com/article/detail/16414805/



    【ミスコンにおじいちゃんでも応募可能に!! 「ミス高知」が条件&名称改定、迷走へw】の続きを読む

    1: すらいむ ★ 2019/05/05(日) 20:09:08.35 ID:73EEEQPh9
    「三つ目」のニシキヘビ発見、オーストラリア北部の路上で
    no title


    【5月5日 AFP】オーストラリアで、レンジャー隊員らが路上で発見した目が3つあるニシキヘビの写真が公開され、奇妙な野生動物には慣れっこのオーストラリアの人々の間でも話題となっている。

     三つ目のニシキヘビが見つかったのは、豪北部のハンプティードゥー(Humpty Doo)。
     今年3月、ハイウエーを這っているところをレンジャー隊員らが発見。「モンティ・パイソン(Monty Python)」と名付けられた。

     北部特別地域公園・野生生物局(Northern Territory Parks and Wildlife Commission)のフェイスブック(Facebook)投稿によると、X線検査の結果、「モンティ・パイソン」の3つの目は全て正常に機能していることが分かった。
     第3の目は、卵の段階で自然に形成されたものとみられるが、爬虫(はちゅう)類ではこうした奇形は珍しくないという。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    AFPBB NEWS
    https://www.afpbb.com/articles/-/3223656

    【「三つ目」のニシキヘビ、オーストラリアで見つかる】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [CN] 2019/05/04(土) 13:30:03.65 ID:Eq5ikhJd0 BE:837857943-PLT(16930)
    公共のトイレで、用を足しているような気配もなく静かな「開かずの扉」を前に、便意を我慢するはめになった、なんて経験はありませんか? 
    実は、公共の個室トイレでスマートフォンをいじり、トイレに長居する「こもりスマホ」が増えているようなのです。

    ネット上では、

    「トイレくらいしか気分転換できる場所がないから会社のトイレでスマホいじってる……」
    「会社のトイレでスマホいじって飲み会誘われるの回避してる」
    「会社のトイレでスマホしてたら電気消された」

    と、実際にトイレでスマートフォンを利用する人の投稿が多く見られます。

    「こもりスマホ」に怒りの声
    こうした「こもりスマホ」は、もちろんオフィスのトイレだけでなく、駅やデパート、公園などの公衆トイレでもしばしばあるようです。これに対して
    ネット上では、

    「ぜんぜんトイレから人出てこないと思ったらスマホいじりながら出てきてキレそうになった」
    「モバイル通信妨害電波を発するトイレ用照明器具作ったら売れないかな」
    「自分勝手すぎる。少しは待ってるやつのこと考えろよ」
    「家ならまだしも公共のトイレでスマホはやめてくれ」

    などと憤る声が数多くあります。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00011021-toushin-life
    no title
    20190504-00011021-toushin-000-2-view

    【急増中 トイレの「こもりスマホ」が本当に腹立つ】の続きを読む

    1: アッキーの猫 ★ 2019/05/03(金) 10:24:56.96 ID:FpQatEVB9
    「犬は人につき、猫は家につく」という言い習わしがある。これは、犬は飼い主(人)を愛するが、猫は飼い主ではなく家に愛着を持っている、という意味で、猫は人間をそんなに好きなわけではないという考えが、まことしやかに信じられて来た。しかしこの常識が覆される研究結果が発表された。

    食べ物、おもちゃ、におい、人間、どれを選ぶ?
    実験を行ったのはクリスティン・ビターレ・シュリーブ氏率いるオレゴン州立大学の研究チーム。

    研究チームは、猫が実際は人間とさまざまな関わり方を楽しむにもかかわらず、「社交的でもなければしつけしやすいわけでもない」という正しくない通説が通っていると指摘。猫がしつけしにくいとされているのは、しつけの際に何を動機付けとして使うべきかを私たち人間が知らずにしつけしようとしているためと考えた。

    そこで、猫はどんな刺激を一番喜ぶのかを見極めるため、インディペンデントによると55匹の猫(飼い猫23匹と、動物保護施設の保護猫22匹)を対象に、4種類の刺激物(食べ物、おもちゃ、におい、人間との交流)の中から猫が最も好むものを調べた。その結果、猫は人間との交流を一番好むことが分かったという。研究結果は学術誌Behavioural Processesに掲載された。

    続きはWebで
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/04/post-12058_1.php


    no title

    【猫「ホントは、マタタビよりもゴハンよりも人間が好き」】の続きを読む

    1: ヴァイヴァー ★ 2019/05/03(金) 16:06:09.34 ID:S5q5Ow6h9
    NGT山口真帆、有料会員向けメールで秋元康氏が「唯一心配してくれていた」と感謝

     昨年12月に暴行被害に遭い、今月18日にNGT48を卒業する山口真帆(23)が2日、モバイル有料会員向
    けのメールで、AKB48グループ総合プロデューサー、秋元康氏(61)について初めて言及した。

     今回の騒動をめぐって運営会社のAKSの対応が批判され、秋元氏にも説明責任があるとの声があったが、山口は

    「私も秋元さんがトップだと思ってたし、助けてくださいってsnsで直談判しようと思ってたぐらいなんですが、秋元さんはaksのトップではないから逆らえないし、何も報告されなくなって、何も知らないらしいんだ。びっく
    りだよね…」
    と実態を説明。

    「昔のAKBとは組織も人も違うし、私の経験上納得するところはありました。だからコメントするにもコメントできないらしくて、他のグループのメンバーもみんなそんな感じだと思うので、他のグループの人には何も言ってほしくないし、求めないでほしいし、ご迷惑かけてごめんなさいって私は思っています」 

    と吐露した。

     ほかのメンバーが騒動についてSNSなどでコメントしており、特に矢面に立った元HKT48の指原莉乃(26)については「このことに関してニュースにしてまた指原さんにコメント求めるのは止めてください」と断りを入
    れた上、思いを吐露。「自分のことを知らないメンバーに勝手にこういう人だなんて言われるのは正直驚くこともあるけど、一番コメントを求められる指原さんは私のことを気遣ってくれて、本当に有り難く、そして申し訳なく思っ
    ています」とした。

     また、秋元氏について、「秋元さんも自己保身の為に私のこと都合良く言い回るのかなと思っていたし、あれだけ有名な人だから1番そうすればいい人なんです。だから私もそうされても仕方ないと思っていたし、秋元さんも極悪
    人のように思っていたのですが、私が傷つくようなことは一切しなくて、唯一心配してくれていたと聞いています」
    と報告。「『まほほん騙されているよ!』と、言われるかもしれないのですが、私の判断はれな(長谷川玲奈)とりこ(菅原りこ)にもあって、れなとりこのことを傷つける人は許せないんです。何か2人にされてなかったら、卒業
    します!だけでした」と同時卒業する2人のメンバーの立場を思いやった。

     続けて、「秋元さんはれなとりこのことも心配してくれたから、私は凄く感謝しています。それなのに極悪人だと
    思っていたことをここでお詫び申し上げます…名探偵の方々もそこだけは勘違いされてるかなと思って…」とつづった。
     http://news.livedoor.com/article/detail/16404669/

    卒業発表したNGT48山口真帆
    no title


    秋元康
    no title



    【【NGT48】山口真帆「秋元康さんが唯一心配してくれていた」 真実か打算か圧力か……】の続きを読む

    no title

    1: ごまカンパチ ★ 2019/05/03(金) 19:24:08.39 ID:adFUWswO9
     首の痛みを覚えて伸ばそうとしたら、ポキッという音。次の瞬間、左半身がまひし始めた――。
    米国の男性が取材にそんな経験を振り返った。

    男性はオクラホマ州ガスリーに住むジョシュ・ヘイダーさん(28)。この時は氷枕を取りに台所に向かったが、まっすぐ歩くことができなかった。
    「どうしても左約45度の方向に進んでしまった」と振り返る。

    義父に連れられて緊急救命室に入り、血栓を溶かす薬を投与された。
    その後は規模の大きなマーシー病院に転院し、集中治療室で4日間を過ごした後、さらに入院治療を受けた。

    マーシー病院で治療に当たったバンス・マコロム医師は「音が鳴った際、首の骨につながる動脈が破裂してしまった」と解説。
    首をひねったことで血管が切断されたとの見方を示す。

    同病院に搬送されてきた際、ヘイダーさんはまひや、物が二重に見える複視などの症状を呈していた。
    血管を撮影したところ、動脈に損傷があることが判明したという。

    この出来事が起きたのは3月14日。リハビリを経て、現在は自立した生活を送ることができている。

    「今は車いすや杖(つえ)なしでも歩けるが、前よりずっと疲れやすくなった」とヘイダーさん。
    「体の左側が少し痛むし、以前より重く感じられる。前ほどは自由に動かせない」と語る。

    しゃっくりが止まらなくなるという奇妙な症状にも見舞われた。
    「卒中後2週間しゃっくりが止まらず、しまいには数秒間息をすることも難しくなった。怖かった」

    マコロム医師によると、カイロプラクティックの施術を受けた患者など、この種の卒中は以前にも診たことがある。
    「私は首を鳴らしたい時は左右に動かすだけにする。ひねることはない」と注意を促している。



    【都市伝説は本当だった! 「首ポキ」で脳卒中&左半身まひで男性入院】の続きを読む

    このページのトップヘ